相場の時間の特徴

トレードすべき時間帯の見つけ方 実践編

前回のブログから引き続き、
ここ最近は相場の時間の特徴についてお伝えしてきました。

 

今回も引き続き、
相場の時間の特徴を説明していこうかと思います。

 

ただ、今回は特徴だけを淡々と述べていくのではなく、
その特徴を踏まえた上でどうやって取引をすればいいかをお教えしたいと思います。

 

その前に少しだけ復習しておきましょう。
まず一般的に世界の三大市場と言われているのが「東京市場」「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」です。

 

そして、
この中でロンドン市場が開き出す16時頃(日本時間)に相場が活発に動きやすいということでしたね。

 

理由も覚えていますか?
ロンドン市場はイギリスにあります。

 

そしてそのイギリス周辺にはユーロ加盟国が多数存在するため市場に入ってくる投資家の数が多く、
さらに彼らは「トレンドフォロー型」という投資スタイルを好む傾向にあります。

 

とはいってもこれはあくまで推測です。
絶対こうなる!というわけではありませんが、
現に相場はそれに準じた動きをしているので、参考にする分には悪くないと思います。

 

《チャートで勉強》
16時が近くなってから3σを実体で超えだすEUR/GBP15分足の様子

16時が近くなってから3σを実体で超えだすEUR/GBP15分足の様子1

 

 

さて、前回の復習をしたところでここからが新しい勉強範囲です。

 

16時から相場が活発化しやすいということは、逆に言えば16時までは全体的におとなしいということです。

 

しかし、
そのおとなしい中でも比較的動きやすい通貨があります、どこでしょう?

 

それは東京市場が開いている時間に同じく市場が開いている国の通貨、

 

つまり
「AUD(=オーストラリア)」「NZD(=ニュージーランド)」「JPY(=日本)」ということです。

 

やはり、
市場が開いていると株価が変動するため、
それに反応して通貨の価格も多少なりとも反応しやすいのです。

 

ややこしいですね。

 

ザックリ説明すると、

『①国の市場が開く→②市場が開いたことで株の取引が始まる→③株の取引がされると株価が動き出す→④株価の動きに反応して国の通貨の価値も変動する』ということです。

 

この理由の他にも、上記②の段階で投資家が市場に参加してきますよね。

 

市場に投資家が参加してくるということは、
もちろんFXの取引をする投資家も現れるということです。

 

そうなれば東京市場が空いてる時間が比較的おとなしい時間帯とはいえ、
それなりに相場が動くことは自明でしょう。

 

これと同じことがオーストラリアやニュージーランドでも言えます。

 

そして、ここで「AUD」「NZD」「JPY」を挙げたのは、
これらの通貨が私が使っているハイローオストラリアで取引できる通貨ペアに含まれているからです。

 

日本に近い国で言えば、
韓国や中国もありますがハイローにはそれら国の通貨は含まれていません。

 

《チャートで勉強》
午前中なのに3σを実体で超えるAUD/JPYの1時間足の様子

午前中なのに3σを実体で超えるAUD/JPYの1時間足の様子

 

では、
「AUD」「NZD」「JPY」がおとなしい時間帯でも比較的活発だということが分かったところでどう取引するのか?

 

それは
これら通貨が含まれるペアを、
16時までの取引であえて選ばないようにするのです。

 

例えば「AUD/NZD」「AUD/JPY」「NZD/JPY」などは、
この時間互いに活発化しやすいため3σをローソク足が実体で超えて終わる可能性が出てきます。

 

それならば、
市場が閉まっている国の通貨ペア「EUR/GBP」「USD/CHF」などを選ぶほうが、
動きもおとなしいため3σを超えたとしてもヒゲをつけると思いませんか?

 

市場が開いている時間を知っているだけでも、
通貨選びの段階でここまで考えることができます。

 

ただ、これは今まで紹介した基本ができていることが前提なので、
初心者向けではありません。

 

チャートの形によっては
「AUD/JPY」を選ぶことももちろんあります。

 

私はこれまでに紹介したエントリー条件を用いても選ぶ通貨を絞り切れないときに、
上記のような予備知識を用いて取引通貨を選択します。

 

繰り返しになりますが、
これは基本的なエントリー条件を満たしていることが前提です。

 

その基本が不安な方は以前の記事を振り返ってみてください。

 

参考にすべき記事

 

時間帯による相場の変化を予測する方法
欧州勢が市場参入するタイミングでのトレンドフォロー型の通貨選び方

 

 

 

 

バイナリーオプション攻略の第一歩

↑↑↑口座選定がバイナリーオプション攻略の基礎↑↑↑

関連ページ

バイナリーオプションテクニカル攻略手法の復習
基本的なバイナリーオプション攻略手法の使い方を復習!
EUR関連の通貨ペアとGBP関連の通貨ペア
エントリー条件は満たしているがエントリー出来ないパターンとは?
指標発表がある時のバイナリーオプション取引(続編)
指標発表がある時間帯でのバイナリーオプション取引
相場が荒れている時のBOトレード
ハイロー攻略手法の実践
バイナリーオプション取引で参考にする時間足とは
バイナリーオプション初心者がまず覚えて欲しいテクニカル手法の基礎
指標発表での値動きを解説!
取引する通貨ペアを決める方法
通貨の価値に変化があるときの相場の見方
複数通貨ペア価格変動時のバイナリーオプション取引
バイナリーオプション逆張りエントリーのタイミング
バイナリーオプションで儲けようと思い闇雲にポジションを作っていませんか? バイナリーオプションは勝率を高める事が一番の攻略法ですそして、勝率を高める為には、「負けを減らす」この部分を理解して実行する事がとても重要なのです!
バイナリーオプションは攻略基礎手法を覚えるだけで9割成功出来る!
バイナリー攻略基本手法「3σを超えたタイミングで逆張り」
バイナリーオプション取引ボリンジャーバンド基礎講座
オーストラリアAUD通貨を攻略!
質問|ハイローオーストラリア攻略方法を教えてください!
エントリーのし始めが大事
政策金利発表分析トレード実践編
政策金利などの指標発表を分析実践方法
欧州相場を攻略する実践方法
欧州勢が市場参入するタイミングでのトレンドフォロー型の通貨選び方
時間帯による相場の変化を予測する方法
通貨選びのポイント実践応用
通貨ペアをどのように判別(選択)するかを実践で解説!
エントリー出来る複数の通貨ペアを実践解説
バイナリーオプションで安定して勝てるパターン
勝率を重視したエントリーポイントの説明
エントリーするに値するチャート(ローソク足)の形はどれか?
予測が外れたけど、後から軌道修正できたパターン
指標があるときは相場が動きやすいのでエントリーチャンスは多め
100期間移動平均線越えに成功したドル円について
バイナリーオプション強気のエントリー
バイナリーオプションでは通貨ペアもポイント
バイナリーオプションでは「負け方」も重要
バイナリーでは基本逆張りでエントリー
トランプ大統領とロシアの関係疑惑によるドル売りと朝鮮半島の地政学リスクで円高ドル安へ
6月の追加利上げ観測でドル売りへ
雇用統計悪化でドルが売られる
バイナリーオプショントレードは指標発表をチェックする必要がある
アメリカの利上げ織り込み済み利上げの有無に注目
6月第3週ドル円のポイント
6月第4週ファンダメンタルズ分析
6月5週|ドル円は次の材料待ち
7月1週目市場予測 米雇用統計の結果に注目
7月2週目市場展望|ドル円の上値は限定的?
ロシアゲート疑惑再浮上などでドル円は下げる
指標発表があるとき相場がどうなってしまうのか?
指標発表時のバイナリーオプション取引事例
8月1週目市場展望|ミサイル発射で円高加速
欧州勢が市場参入する時の通貨選び
8月第2週市場展望|強い雇用統計でトレンド転換なるか?
北朝鮮とアメリカのミサイル発射懸念で強い円高
8月最終週市場展望|地政学リスクとトランプ政権リスクの中で雇用統計に注目
9月第1週市場展望

MENU

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金

バイナリーオプション攻略ブログ

当サイトについて