投資メンタルコントロール基礎

バイナリーオプション取引の考え方とメンタルコントロール

バイナリーオプション取引の考え方とメンタルコントロール

新年あけましておめでとうございます。
今年も皆さんのハイローオーストラリアのバイナリーオプション取引に役立つ情報を発信していきますのでどうぞよろしくお願いします。

 

さて新年最初の投稿はどんな内容にしようか考えてみたのですが、
手法の話はこれまでにも何度もしましたし、
今後も私自身の取引を参考にして頂きながらお伝えしていこうと思っております。

 

ただ取引に対する考え方やメンタルコントロールと言った内容に関しては、あまり多く投稿してこなかったので、
今回は節目ということもあってその辺に関する情報をお伝えしようと思います。

 

おそらく読者の方々の中には
取引心理の話は面白くない
心理より手法のほうが大事でしょ」と思う方もいるかもしれません。

 

実は私自身もそうでした。
私がバイナリーオプションを始めたのは数年ほど前の話ですが、
取引の勉強をしていた当時は取引心理に関する話よりも、
どうやって取引すれば勝てるのかといった手法にしか興味はありませんでした。

 

いつどのような場面でエントリーすれば勝てるのか?
負けを取り返すためにはどうすればいいのか?
など手法を模索しているほうが話が実践的で身になる気がしたのです。

 

もちろん当時勉強していた内容は間違いではありませんでした。

 

今行っている取引でも勉強していたものを用いているため身にはなっています。

 

ただ今振り返ってみて思うことは、
バイナリーオプションのことをよく知らずに手法だけ勉強しても意味がないということです。

 

バイナリーオプションを始めたばかりの私はとにかく勝つことのみを考えていました。
そのため、より勝ちやすいポイントはどこか?
勝率が最も高くなる方法はあるのか?などばかり気にしていました。

 

しかし未来予知ができない以上取引で全戦全勝なんてことはあり得ません。

 

必ずどこかで負けてしまいます。
そして手法ばかり勉強していると「これだけ勉強しているのになぜ負けるのか?」と悪いことばかり考え、
最終的には「自分には向いていない」と取引を諦めてしまうこともあるでしょう。

 

バイナリーオプションの取引をする際は
そもそもバイナリーオプションは負ける事も有るもの』と思うことが重要です。

 

これまでの記事を読んできた方であれば
私のエントリーするポイントをご存知かと思いますが、
私は逆張り手法を用いています。(手法の参照はこちら バイナリーハイロー攻略

 

具体的にはボリンジャーバンドに反発しそうなタイミングを狙ってエントリーするわけですが、
場合によってはボリンジャーバンドに反発することなくローソク足が伸びきってしまうことも多々あります。

 

このとき負けたことを悔いるのではなく、負けたときにいかに損失を小さくできるかを考えます。

 

今回は手法の話がメインではないので詳しいことはこれまでの記事やこれからの記事で学んでいってほしいのですが、
私がバイナリーオプションの取引で気を付けていることは取引に使えるお金をゼロにしないことです。

 

例えば1日2万円を取引に使う資金とします。

 

ローソク足がボリンジャーバンドに反発しそうなポイントを見つけたらエントリーするわけですが、
2万円分をローソク足1本に投資するようなことはしません。

 

先ほどもお伝えした通りローソク足がボリンジャーバンドに跳ね返ることなく伸びきることは多々あります。

 

そのため1日に使える額は2万円ですが、
ローソク足1本分に投資する金額は5000円と決めておきます。

 

すると4本分のローソク足にエントリーすることができ、
仮にどこかでローソク足が伸びきってしまったとしても他のローソク足で挽回することができるため、
自分の資産がゼロになる確率を小さくすることができます

 

私が取引するときは手法をしっかり守ることももちろん意識していますが、
それ以上に資産をゼロにしないことを目指しています

 

皆さんもいきなりバイナリーオプションでガッツリ稼いでやろうと考えるのではなく、
まずは取引資金を減らさないことを目標に取り組んでみてください。


バイナリーオプション攻略の第一歩

↑↑↑口座選定がバイナリーオプション攻略の基礎↑↑↑


MENU

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金