バイナリーオプション仕組み

バイナリーオプションの仕組み

このページでは、

 

金融工学的なバイナリーオプションの仕組みを解説説明しています

バイナリーオプションの仕組み

バイナリーオプションの投資トレード方法などの
仕組み解説は、
別のページで解説をしていますので、
下記リンクを参照してください

 

バイナリーオプションとは

 

 

バイナリーオプションと言う投資の仕組みを説明するには、

 

オプションと言う金融商品

 

そして、
デリバティブと言う金融商品の説明をする必要があります

 

実は、バイナリーオプションは、金融商品のオプションの一部であり
オプションはデリバティブの一部であるのです

 

バイナリーオプションの仕組みを説明する為には、
デリバティブの仕組みも理解しないといけないと言う事になります。

 

順を追って解説して行きますが、
このページに書かれているバイナリーオプションの仕組みを完全に理解する必要はありません

 

ここに書かれているオプションの仕組みと言うのは、
バンカーや証券マン、保険会社の社員などの金融のプロが勉強する内容になっています

 

オプションやデリバティブの知識に精通しているから、バイナリーオプションの利益に繋がると言う訳でもありませんので
気楽に勉強して貰えれば良いと思います。

 

バイナリーオプションの仕組みとは?

 

バイナリー=0または1(2進法)

バイナリーオプションの仕組み

 

オプション=選択する(選択権)

 

要するに
バイナリーオプションの仕組みとは、2択の権利を購入するオプション商品
このようになるのです

 

では、オプション商品とは?オプション投資の歴史を踏まえて下記で解説していきます。

オプションの歴史

オプション投資、オプション取り引きなんて言うと、

 

最新の金融商品を思い浮かべてしまう人も多いと思いますが

 

実は、オプションの歴史はかなり古くから利用されている金融商品なのです。

 

日本では、江戸時代の米相場で利用された仕組み

 

海外では、紀元前625年頃のギリシャの人物 タレスが発祥と言われています
(ソクラテスは紀元前469年なので、ソクラテス以前、因みにピタゴラスは紀元前582年)

 

バイナリーオプションの仕組み

タレスは、ソクラテスより古いギリシャの哲学者で、後にプラトンが唱えたギリシャの賢人七人衆と言われています

 

中学校の時に教科書に載っていた

 

ターレスの法則で有名ですが、

 

実は、タレスは、哲学者としての評価は高かったのですが、
貧乏生活をしていたらしいのですね

 

それで、

 

哲学など詳しくてもなんの役には立たないではないか?

 

そう貶されてしまいました

バイナリーオプションの仕組み

そこで、タレスは、得意の天文学を駆使して
翌年の天候を予測した結果
翌年のオリーブの収穫は豊作を迎えると予測しました

 

冬の間に、
タレスはオリーブを収穫する際に
必要なオリーブ圧搾機械を借りしめて翌年のオリーブ収穫シーズンを待ちました

 

 

翌年、オリーブはタレスの予測通りに、大豊作を迎えます

 

そこでオリーブ農家の人達がこぞってタレスの元に、
オリーブ圧縮機械を高値で借りる事になったと言うわけなのです

 

タレスは、来年のオリーブ収穫量は豊作だと予測して
オリーブ圧縮機械を借りる権利を購入した

 

これが、オプションの始まりと言われているのです

オプションとは

タレスの事例から、なんとなくオプションの概念が理解出来たかと思います

バイナリーオプションの仕組み

タレスの場合、
オリーブ圧縮機械を
借りる権利を購入したと言う形になります。

 

要するに、

 

オプションとは、権利を購入する金融商品だと理解してください

 

バイナリーオプションのトレーダーは、オプションを投資や投機として扱います。

 

もう一方で、
メーカーなどの企業は、
オプションをリスクヘッジ(損失を回避する手法)として考えています

 

バイナリーオプションの仕組み

 

オプションと言うと、為替をイメージする人が多いと思いますが
タレスの様に、現在も天候などの予測をして、
リスクヘッジの為にオプションを利用する企業も増えています

 

例えば、
ビールメーカー
エアコンメーカー
アイスクリームメーカーなどは、

 

猛暑になれば、売上は高まりますが
冷夏になった場合、売上は見込めません

 

しかし!現在のグローバル資本主義は株主が主役です

 

半年、一年毎の利益のみを評価するシステムになっています。

 

要するに、今年は冷夏だったので、計画の半分しか売上は上がりませんでした
利益は、計画の25%でした・・・・

 

このような言い訳は通用しません

 

株主からすると、冷夏になった場合の対策をしていないだけなので
経営怠慢だと評価される仕組みになっています。

 

良いとか悪いとか、正解とか間違っているとかでなく、
このような仕組みなのです!

 

企業経営計画は、経営陣が株主に対して行うコミットメント(約束)なのです。

バイナリーオプションの仕組み

天気が悪かったのでダメでした・・・
では、経営を放棄しているとなってしまいます。

 

そこで、登場するのが、

 

オプションです

 

オプションのスキームが組める金融機関は、
天気で売上が変わってしまう可能性がある企業に対して、
その対象となる期間の平均気温が30度以下なら1度温度が下がる事に
決められた金額を支払うなどのオプションを販売します

 

要するに、
このようなオプション(天候デリバティブ)を購入する事で、
売上がダウンしてしまっても、利益を確保出来る形になります。

 

冷夏だったので利益が出せませんでした・・・もうこのような言い訳は通用しない時代になっていると言う事です。

 

ちなみに、天候デリバティブは大企業でなくても購入する事は可能です

 

例えば、
東京海上日動さんが販売している天候デリバティブは、天候の影響を受ける確率がある法人であれば購入が可能となっています
東京海上日動 天候デリバティブ(参考リンク)

 

エアコン販売会社からゴルフ場、スタッドレスタイヤ販売を行っている法人などを対象に
天候デリバティブを販売してくれます

オプション(デリバティブ)と保険の違い

ここまで読んでデリバティブ(オプション)と保険ってどう違うの??
と、思っている人も多いと思います

 

参考リンクも損害保険会社ですし・・・

 

しかし、保険とデリバティブ(オプション)の違いはとても明白なのです

バイナリーオプションの仕組み

保険は損害部分が
保証される商品です

 

例えれば、自分の自動車に保険をかけたとします
電柱に衝突してしまい

 

車の修理代金 50万円
電柱の修理代金 50万円
合計100万円の損失が発生した場合

 

保険の種類にもよりますが、
自分の自動車の修理代金は100万円
他人の財産を弁済する保険は2千万円
これを保証する保険に入っていた場合

 

保険自体は2100万円まで保証をしてくれていますが
実際に、保証された金額は、

 

100万円になります

 

100万円しか損失が発生していないのに、
2100万円を保険会社に請求すると保険金詐欺になってしまいますよねw

 

ところが、
デリバティブ(オプション)の場合は損失額は関係ありません

 

例えてみると

 

エアコン取り付け会社が
7月8月の中で27度以下の気温が20日以上ある場合は
300万円保証されるオプションを購入(プレミア)したとします

 

8月は冷夏になり涼しい毎日で、27度以下の日が21日あったとします
しかし、7月は猛暑日和だった為、
エアコン取り付け会社は、例年に近い売上を計上する事が出来て
予定売上より、10万円のマイナスで乗り切る事が出来ました

バイナリーオプションの仕組み

この場合、
保険であれば、損失額の10万円が保証されると言う形になるのですが
デリバティブ(オプション)の場合は、

 

27度以下の日数が20日あった時点で権利を行使する事が可能になります

 

この例えのエアコン取り付け会社は
損失額は10万円だったのですが、
オプションを行使出来たため、

 

300万円の権利が発生した事になり
予測売上額が想定よりも、290万円多く計上出来た形になります。

 

デリバティブで巨額損失が発生してファンドが倒産した!
なんてニュースを聞いた事があるかと思いますが
これは、デリバティブ(オプション)をリスクヘッジではなく、投機として運用していたと言う事なのです。

バイナリーオプションはオプションの派生商品

ここまでの説明でなんとなく感じたかも知れませんが
オプションには色々な種類が存在します。

 

有名なオプションとして、

 

日経225取り引きオプションなどもあります
(俗に言う日経225です)

 

日経225は、ヨーロピアンタイプのプレーンオプションと言います

 

オプションには伝統的なプレーンオプション

 

それと
プレーンオプションにひねりを加えたような仕組みの

 

エキゾチックオプションと種類を分けることが出来ます

 

バイナリーオプションは、エキゾチックオプションの代表選手と言うポジションだと思って問題ありません。

 

バイナリーオプションの仕組み

 

オプション(デリバティブ)は、

 

リスクヘッジの金融商品

 

投資や投機としての金融商品

 

この二面性を持っています
その違いは、オプションを購入する人の目的だけです

 

バイナリーオプションで資産運用を目論む場合、この二面性をしっかりと理解してトレードする必要があるのです

 

以上の解説から
バイナリーオプションが如何に正統的な投資なのかを理解出来たかと思います。

 

バイナリーオプションもデリバティブの一部なのです

 

裏付けのあるテクニックを学び、自らが定めたルールを守り
リスクヘッジを意識したトレードをしない限り、

 

バイナリーオプションで利益を継続して計上する事は不可能なのです!

 

また、
バイナリーオプションの実需的なトレード方法の仕組みなどはこちらを参照してください
バイナリーオプションとは

バイナリーオプション攻略の第一歩

↑↑↑口座選定がバイナリーオプション攻略の基礎↑↑↑

関連ページ

バイナリーオプションは相対取引
武井壮さんがバイナリーオプションで失敗した理由
TV番組で放送された、武井壮さんがバイナリーオプションにチャレンジして失敗した理由を解説しています。
バイナリーオプションでマーチンゲール投資方は可能か?
バイナリーオプション ポジションとは
バイナリーオプション用語のポジションについて、投資初心者向けに説明してみました!
バイナリーオプションの通貨おすすめは?
通貨ペア取引のトレンドを知る方法
バイナリーオプションを攻略する上で大事な要素の一つは、トレンドを知る事です このページでは、通貨取引トレンドの調べ方と、テクニカル分析を学べる書籍を紹介しています

MENU

バイナリーオプション資金別口座選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

ハイ・ロー オーストラリア情報

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金

当サイトについて