投資の基礎知識 量的緩和

量的緩和とは

量的緩和とは、

 

簡単にいえば日銀が世間に出回るお金の量を増やし、その分のお金で企業などに設備投資などを促す金融政策のことです。

 

2001年3月以前には、日銀が金利を上げたり下げたりすることにより、景気のバランスをとっていました。

 

しかしながら、不景気のなかで低金利政策を長期に渡って実施しても、効果が表れなくなってしまったのです。

 

そこで、2001年3月からお金の量を調整することで景気のバランス調整を狙う量的緩和が実施されるようになりました。

 

もともとは量的緩和をのちのちに解除し、低金利政策にもどすことを目的として実施されていますが、現在でも量的緩和は継続して行われています。

 

では、なぜ量的緩和を今やめたら、本当に景気が悪化してしまうでしょうか。

 

それは、誰にもわかりません。

 

しかしながら、ゼロ金利政策を実施していた過去では、ゼロ金利政策を解除するタイミングを誤ってしまい、多くの企業が倒産してしまうという事態を日本は経験しています。

 

そのため、日銀では景気を慎重に見つめながら、量的緩和を継続しているのです。

量的緩和はいつまで続く?

量的緩和がいつまで続くかということは、誰にもわかりません。

 

前述したとおり、量的緩和を今やめてしまえば景気の後退を招く恐れもあると言われています。

 

日銀では、お金の流通量をどの程度まで引き下げるか、いつ頃に量的緩和を解除するかという点について議論されていますが、その結論はまだ出ていないと言ってよいでしょう。

 

リーマンショックにはじまり、ギリシャ問題などさまざまな懸念も継続しています。

 

量的緩和が解除されるのは、それらの金融不安がすべてクリアになってからなのかもしれません。

 

ひとまずは、日銀が量的緩和をどのくらいまで引き下げるのか、もしくは引き上げるのかという点に注目すると良いでしょう。

 

アベノミクスなどと呼ばれた政策も、内容は量的暖和を増やした形になりましたが

 

日銀が市中銀行にお金を発行する事で、紙幣の全体量を増やすことで、

 

円の価値が下がり、円安状態になります

 

円安になると、海外投資家から見た、日本の株価が割安になりますので、
日本の株価が上昇したと言うのが、アベノミクスのカラクリです

 

デフレ状態が解消されない限り、国民の購買意欲は強くなりませんので

 

増やしたお金は、すべて投資世界で吸収してしまうと言う結果が続きます

 

 

要するに、投資をしない限り量的暖和の恩恵に携わる事は難しいと言うのが現状なのです

 

今まで投資をして来なかった人は、

 

バイナリーオプションを通して投資世界に参入する事をお勧めします。

 

REIT

バイナリーオプション攻略の第一歩

↑↑↑口座選定がバイナリーオプション攻略の基礎↑↑↑

関連ページ

消費者物価指数
消費者物価指数について分かりやすく解説しています。消費者物価指数をバイナリーオプションなどの投資に活かす方法も紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。
完全失業率
完全失業率は、景気や個人消費の動向を知る上で非常に重要な指標とされています。ここでは完全失業率について詳しく解説し、投資に活かす方法をレクチャーしていますので、ぜひご参考ください。
ミシガン大学消費者信頼感指数
ミシガン大学消費者信頼感指数は、アメリカのミシガン大学が発表している指標です。消費者が感じている景況感などを知るための重要な指標とされており、ミシガン大学消費者信頼感指数の発表直後には相場が大きく動くこともあります。
規制緩和
規制緩和とは、政府が設けている公的規制を緩和もしくは撤廃することを言います。ここでは規制緩和をすることのメリットやデメリットについて詳しく説明していますので、参考にしていただければ幸いです。
ISM指数
ISM指数には製造業指数と非製造業指数とがありますが、特に注目しなければならないのは製造業指数です。また、ISM指数は相場に大きな影響を与えることが多くなっているため、十分注意しなければなりません。
株価
株価とは、企業が発行している株式の現在価格のことを指します。ここでは株価についての基礎知識をはじめ、株式を売買するうえで大切なことを説明していますので、参考にしていただければ幸いです。
景気動向指数
景気動向指数とは、景気全体の流れを把握するために用いられている指数のことです。ここでは景気動向指数について分かりやすく説明していますので、参考にしていただければと思います。
経済成長率
経済成長率とは、その国の景気が上向いているのか、それとも下向いているのかを表す指標のことです。また、経済成長率は金利の増減を予測するためにも用いられています。
鉱工業生産指数
鉱工業生産指数とは、鉱業と一部の製造業が生産している量を指数化した指標のことをいいます。生産動向を把握するうえで最も重要な指数だとされており、数値によっては相場が大きく変動することもあるでしょう。
国民総生産
国民総生産とは、その国の国籍を有する者が生産した金額のことを言います。ここでは国民総生産の基礎知識や国別ランキングを紹介していますので、ぜひご参考ください。
インフレーション
インフレーションとは、需要が供給を上回り、モノやサービスの価格が上昇し続ける現象のことです。ここではインフレーションの基礎知識や対策などを紹介しています。
スタグフレーション
スタグフレーションとは、景気は停滞しているのにモノやサービスの価格は上昇し続ける状態のことです。ここでは、スタグフレーションをはじめインフレやデフレについても簡単に説明しています。
GDP成長率
GDP成長率は、国の経済的な成長を表す非常に重要な指標とされています。ここではGDP成長率の基礎知識をはじめ、投資の際の考え方についても言及しています。
ナスダック総合指数
ナスダック総合指数は、IT業界やハイテク業界などの動向を知るうえで非常に重要な指数となっています。ここではナスダック総合指数について分かりやすく解説していますので、ぜひご参考ください。
日経平均株価
日経平均株価とは、東証一部に上場している銘柄のなかから日本経済新聞社が225銘柄を選定して算出されるダウ式平均株価のことです。ここでは日経平均株価について分かりやすく説明しています。
BRICs
BRICsとは、経済成長率が著しいブラジル、ロシア、インド、中国の4ヵ国のことです。最近ではこれに南アフリカ共和国が加わり、BRICSと表記されることもあります。
ブローカー
ブローカーとは、買い手と売り手を結びつけ、売買の成立をサポートする機関のことです。ここではブローカーについて分かりやすく説明していますので、ぜひご参考ください。
ヘッジファンド
ヘッジファンドとは、富裕層や機関投資家などから巨額の資金を集め、金融派生商品などに投資をしてリターンを得るファンドのことです。ここではヘッジファンドについて分かりやすく説明しています。
マクロ経済
マクロ経済とは、一国の経済全体をみるために用いられる経済学のことです。ここではマクロ経済について簡単に説明していますので、参考にしていただければと思います。
ミクロ経済
ミクロ経済とは、企業や家計など個別に主眼をおいた経済学のことです。ここではミクロ経済について簡単に説明していますので、参考にしていただければと思います。
有事のドル買い
有事のドル買いとは、戦争や自然災害などが起こった際にドルが買われる現象のことです。ここでは有事のドル買いの原因などについて分かりやすく説明しています。
流動性リスク
流動性リスクとは、市場の取引絶対量が少なく、取引が成立する直前に価格が大きく変動してしまうリスクのことです。ここでは流動性リスクについて例を挙げながら解説しています。
REIT
REITとは、不動産を対象にした投資信託のことです。投資家が直接不動産の運営に関わることはありませんので、安心してチャレンジできるといえるでしょう。
レバレッジ効果
レバレッジ効果とは、少ない資金で大きな利益が期待できる仕組みのことです。ただし、損失リスクが大きくなるというデメリットもあります。ここではレバレッジ効果について詳しく説明していますので、ぜひご参考ください。
IMF
IMFとは、国際通貨基金のことを指します。IMFは経常収支が厳しい加盟国に対して融資をしたり、為替を安定させるためのさまざまな活動を行っています。
JASDAQ
JASDAQとは、株式会社大阪証券取引所が運営している株式市場のことです。東京証券取引所と比較してベンチャー企業や成長企業が多く登録されているという特徴があります。
株式投資とは
株式投資とは、企業が発行している株式を購入する投資のことをいいます。ここでは株式投資によって得られる利益についても詳しく説明していますので、ぜひご参考ください。
FXとは

MENU

バイナリーオプション資金別口座選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

ハイ・ロー オーストラリア情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金

当サイトについて