バイナリーオプション攻略方法 グランビルの法則

グランビルの法則

グランビルの法則

移動平均線をバイナリーオプションに活用するために欠かせないのが、グランビルの法則です。

 

グランビルの法則は移動平均線を用いたエントリーのポイントを示してくれますので、バイナリーオプションで安定的に利益をあげるためには外すことができない法則と言えるでしょう。

 

グランビルの法則には4つの買い場のポイントと4つの売り場のポイントがあると言われています。

 

テクニカル分析をするにあたってこれらのポイントは大きな鍵となりますので、ぜひチャートをチェックしてください。

 

では、以下でグランビルの法則の8つのポイントを説明していきましょう。

 

グランビルの法則における買いのポイント

買いポイント①

グランビルの法則における買いのポイント

グランビルの法則におけるひとつの買いポイントとなるのが、それまで下降していた移動平均線が水平、もしくは上向きに変わり、かつローソク足が移動平均線を下から上に抜けたタイミングです。

 

それまで下降していた移動平均線が水平、もしくは上向きに変わった場合、トレンドが転換する可能性があります。

 

それを示しているのが、上記のテクニカルチャートで矢印で指している場所です。

 

ローソク足が移動平均線を上に抜けてすぐに上昇トレンドが発生する可能性はそれほど高くないのですが、徐々に上昇していく可能性が高いとされていますので、バイナリーオプションで利益をあげるためにはこのポイントで上方向にエントリーすると良いでしょう。

 

買いポイント②

グランビルの法則における買いのポイント

グランビルの法則で買いポイントのひとつとされているのが、上向きの移動平均線をローソク足が上から下に抜けたタイミングです。

 

ローソク足チャートを見てみると、そのまま下落していくのではと思われがちです。

 

しかしながら、それはダマシの一種であり、一度下げてから一気に上げてくる可能性があります。

 

つまり、いわゆる「押し目買い」のポイントになるというわけです。

 

もちろんそのまま下落する可能性も否定できませんが、移動平均線が上向きということは上昇トレンド中であることを示唆していますので、基本は上昇する方向で考えておくべきでしょう。

 

この押し目買いの場合、相場はその後強い上昇トレンドを形成し、大きな利益をあげられる可能性があると言われています。

 

買いポイント③

グランビルの法則における買いのポイント

グランビルの法則で買いポイントのひとつとなるのが、上向きの移動平均線にローソク足が接触したタイミングです。

 

この買いエントリーの押し目買いとされていますが、強い上昇トレンドが発生している際に発生しやすい現象となっていますので、バイナリーオプションにおいては迷わず価格が高くなる方向で予想すると良いでしょう。

 

ただし、上記のテクニカルチャート右端のように、上昇トレンド中の移動平均線をローソク足が下抜けるケースもあります。

 

この場合はグランビルの法則②にあたる押し目買いポイントとなりますが、もし移動平均線が下向き、もしくは水平の状態になり、かつローソク足が移動平均線を上から下に抜けるようであれば、トレンド転換となる可能性がありますので、頭に入れながらバイナリーオプションにチャレンジしてください。

 

買いポイント④

グランビルの法則における買いのポイント

グランビルの法則における買いポイントのひとつとなるのが、下向きの移動平均線とローソク足が極端に剥離しているタイミングです。

 

あまりに大きく下げ過ぎた場合、相場は一時的に価格を戻す動きになることがあります。

 

移動平均線あたりまで価格を戻すケースもありますので、移動平均線とローソク足の距離が極端に剥離している場合、バイナリーオプションでは上方向に予想すると良いでしょう。

 

ただし、これは逆張りの手法とも言えるため、逆にそのまま下落する可能性も否定できません。

 

この手法を用いる際はRSIなどのオシレーター系指標も含めてテクニカル分析することをおすすめします。

 

グランビルの法則における売りのポイント

売りポイント①

グランビルの法則における売りのポイント

グランビルの法則における売りポイントのひとつとなるのが、それまで上向きだったローソク足が水平、もしくは下向きに変わり、かつローソク足が移動平均線を上から下に抜けたタイミングです。

 

移動平均線が水平、もしくは下向きに変わるということは、それまでの上昇トレンドが終了し、トレンドの転換を迎えている可能性が高いとテクニカル分析することができます。

 

そのまま大きく下落していく可能性もありますし、移動平均線まで価格を一度戻し、移動平均線に接触したのちに下落する可能性もありますので、注意しなければなりませんが、バイナリーオプションにおいては下方向で予想するべき局面と言って良いでしょう。

 

売りポイント②

グランビルの法則における売りのポイント

グランビルの法則における売りポイントのひとつとなるのが、下向きの移動平均線をローソク足が下から上に抜けたタイミングです。

 

いわゆる「戻り売り」と呼ばれている手法になります。

 

移動平均線をローソク足が下から上に抜けたことにより、上昇方向で考えてしまわれがちですが、移動平均線は下向きを保っていることから、下落方向でトレードするのが基本です。

 

また、このケースでは大きな下落につながる可能性があるため、利益をあげるまたとないチャンスともなるでしょう。

 

ただし、損切りは必ず設定しておかなければなりません。

 

売りポイント③

グランビルの法則における売りのポイント

グランビルの法則における売りポイントのひとつとなるのが、下向きの移動平均線にローソク足が接近、もしくは接触し、再び下落したタイミングです。

 

こちらも戻り売りと呼ばれる手法になります。

 

移動平均線をローソク足が上回らないということは、それだけ強い下落トレンドが発生しているということを示唆していますので、大きな下落につながる可能性大です。

 

また、バイナリーオプションにおいては、移動平均線にローソク足が接近、もしくは接触後、下落の傾向が見えた後に価格が下がる方向でエントリーすると良いでしょう。

 

ただし、大きく下落した後に急激に価格がもとに戻ろうとする場合もありますので、注意しなければなりません。

 

売りポイント④

グランビルの法則における売りのポイント

グランビルの法則における売りポイントのひとつとなるのが、下向きの移動平均線をローソク足が下から上に抜け、かつ移動平均線との距離が極端に離れたタイミングです。

 

この場合、相場は移動平均線あたりまで価格を戻す可能性が高いと言われています。

 

ただし、ローソク足がそのまま上昇を続けるケースもありますので、バイナリーオプションにおいてはリスクが高い手法と言えるかもしれません。

 

一方で、もしローソク足が下向きの移動平均線を再び上から下に抜けた場合、その後に大きく下落する可能性が高いとされています。

 

損失リスクを抑えたいのであれば、ローソク足が移動平均線の下に再び入った時点でトレードすると良いでしょう。

 

次ページ
移動平均線 ゴールデンクロス・デッドクロス


バイナリーオプション攻略の第一歩

↑↑↑口座選定がバイナリーオプション攻略の基礎↑↑↑


MENU

バイナリーオプション資金別口座選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

ハイ・ロー オーストラリア情報

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金

バイナリーオプション攻略ブログ

当サイトについて