バイナリーオプションシグナル配信デメリット

オプションビット シグナル配信デメリット

シグナル配信 デメリット

 

オプションビットのシグナル配信「アルゴビット」には、シグナル配信メリットでお伝えしたようにいろんなメリットがあります。

 

ですが、オプションビットのシグナル配信を上手に活用するためにも、デメリットについても把握しておいたほうが良いでしょう。

 

以下でオプションビットのシグナル配信におけるデメリットをお伝えしますので、頭に入れたうえでバイナリーオプションにチャレンジしていただければと思います。

 

短期取引ではトレンド相場に弱い

多くの方は1分や5分などの短期取引でバイナリーオプションにチャレンジしているのではないでしょうか。

 

短期取引であればそれだけトレード回数が増え、利益拡大のチャンスも増えることにつながります。

 

ただ、オプションビットのシグナル配信を利用して短期取引する場合、レンジ相場であることを確認したほうが良いかもしれません。

 

なぜなら、オプションビットの15分以下の短期取引においては逆張りでシグナルが出るシステムとなっているためです。

 

これはオプションビットのシグナル配信「アルゴビット」のマニュアルにも記載されていますので、トレンドが出ている時は利用しないほうが良いかもしれません。

経済指標発表時の信頼性は落ちる

オプションビットのシグナル配信に限ったことではありませんが、経済指標発表のタイミングでシグナルが出た場合、これは見合わせるべきでしょう。

 

経済発表直後はテクニカルチャートに沿っていない動きをすることがありますので、損失を出してしまう恐れがあります。

 

一定時間操作しないと自動ログアウトする

オプションビットのシグナル配信「アルゴビット」は、一定時間操作しないと自動でログアウトしてしまいます。

 

そのため、シグナルが鳴っていざトレードしようとすると、再度ログインしなければならず、トレードチャンスを逃してしまうこともあるでしょう。

 

この点については今後改善してもらいたいところではあります。

 

 

オプションビット公式サイト

 

オプションビット詳細解説

バイナリーオプション攻略の第一歩

↑↑↑口座選定がバイナリーオプション攻略の基礎↑↑↑


MENU

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金