ハイローオーストラリア攻略法必勝法

ハイローオーストラリア必勝攻略法

「ハイローオーストラリアとはどのようなバイナリーオプションなのか?」を知ること

ハイローオーストラリアを攻略するためにすべきこと、
それは「ハイローオーストラリアとはどのようなバイナリーオプションなのか?」を知ることです。

 

中国春秋時代の武将、孫子の有名な言葉にこんなものがあります。
彼を知り、己を知れば、百戦危うからず。」

 

ポケモンで例えるならば、
相手が炎タイプのポケモンの使い手であることが分かれば、
こちらは水タイプのポケモンを使えばいいのだ、という対策をとるでしょう。

 

そうすることで戦いを有利に進めることができます。

 

ハイローオーストラリア攻略も同じです。
その実体を知ることが攻略の第一歩になります。

 

ではハイローオーストラリアのバイナリーオプションはどのような仕組みなのか?
これをデモトレードでも現金トレードでも触ったことがある方は分かるかもしれませんが、

 

ハイローオーストラリアの特徴は
純粋に
HiGH&LOWを選択するだけのストレートなバイナリーオプション取引

ハイローオーストラリアと国内バイナリーオプション業者の特徴比較

この事こそが、
ハイローオーストラリアが
日本トレーダーから大きく支持をされている要因の一つなのです。

 

ということは純粋にバイナリーオプションで勝てるようになれば、
ハイローオーストラリアを攻略したも同然です。

 

国内バイナリーオプションの場合、
純粋にHiGH&LOWの予測だけでは利益を出す事はできません、

 

国内バイナリーオプションはHiGH&LOWの予測+チケットの値段
この二つを攻略する必要があるのですが、ハイローオーストラリアはHiGH&LOW予測確率を高めるだけで、
利益を出す確率はとても大きくする事が可能なのです。

 

その為、
国内バイナリーオプションでは利益が出せないトレーダーでも、
ハイローオーストラリアでは利益が出せる
このようなトレーダーも大勢存在します。

国内バイナリーオプション業者で利益が出なくてもハイローオーストラリアで利益が出る場合がある

要するに、
ハイローオーストラリアの攻略は純粋にテクニカル分析のコツを覚えれば良い
ここだけなのです

 

当サイトバイナリーオプション入門に書いてあるテクニカル分析手法解説を
きちんと覚えるだけで、ハイローオーストラリアの攻略は可能になります

 

テクニカル分析を勉強した事がない人向けにテクニカル分析を簡単に説明すると、

 

テクニカル分析とは過去の価格の動き方から法則性を見つけ、
その法則を元に未来の価格の動き方を予測することを言います。

 

法則」という言葉を使うと難しそうだと感じてしまうかもしれませんが、実際のところあなたが思っているような複雑なことはしません。

 

例えば以下のような問題があったとします。

 

〔問題〕並んでいる数字の法則を見つけて「ハテナマーク」に入る数字を答えよ。

 

一⇒三⇒五⇒七⇒「ハテナマーク」

 

答えは「九」です。
どうでしょう。

 

答えが分かったあなたは
「一⇒三⇒五⇒七...」という流れから「奇数が順番に並んでいるのではないか」
と推測したのではないかと思います。

 

つまり過去の数字の流れから法則性を見出し、
「はてなマーク」に入る将来の数字が何かを予想したのです。

 

テクニカル分析とはまさにこんな感じです。

 

また「テクニカル分析」を別の言葉で表現をするならば「統計」が近いかもしれません。

 

例えばドル円の相場において過去1年間、
90%の確率で朝の10時から11時にかけて値段が上げ続けるというデータがあったとします。

 

このとき、
仮にあなた自身が相場の値動きに関する知識が乏しかったとしても、
このデータがあれば朝の10時に上がるだろうと予測すると思いませんか?

ハイローオーストラリア攻略基礎知識4

これは統計的に見て、
今までが上がりやすかったから今回も上がるのではないか
という分析をしたわけです。

 

そしてこの上がるか下がるかの
統計を取ったものをグラフで見やすくしたものを指標と言います。

 

この指標の中にはボリンジャーバンドというものが存在し、
私がハイローオーストラリアを攻略するために使っている重要な指標です。

 

ボリンジャーバンドについてザックリ説明すると、
ある価格の範囲があってそれを超えてくると何の確率で戻ってきやすいかを教えてくれるものです。

 

輪ゴムを想像してみてください。

 

輪ゴムは伸ばせば伸ばすほど戻る力が強くなりますよね
ボリンジャーバンドのイメージはそんな感じです。

 

価格がある範囲を超えてくれば超えてくるほど
戻ってくる確率が高まるというわけです。

ハイローオーストラリア攻略基礎知識ボリンジャーバンド5

またボリンジャーバンドには”ある範囲”を超えたとき、
計算上約99%の確率で戻ってくることが分かるものも存在します。

 

ということはその99%の確率で戻ってくるポイントを狙えるようになれば、
バイナリーオプションで勝てる可能性もかなり高くなるでしょう。

 

上記を読んで
テクニカル分析をすることがバイナリーオプションで勝てるようになるためのファクター
になっていることが理解していただけたら幸いです。

 

HiGH&LOWの予測精度を高めるには
ボリンジャーバンドを使ったテクニカル分析だけで、
ハイローオーストラリア攻略に繋がるからです。

 

ここまで読んで
「ハイローオーストラリア攻略に必須な
テクニカル分析』をぜひ勉強したい」と感じた方は、
下記でさらに具体的に何をしたらいいのかについて説明していますのでご覧ください。

 

ハイローオーストラリアで勝率を高めるには

 

ローソク足」と
ボリンジャーバンド」この二つのテクニカル分析手法です。

 

それぞれの見方、また取引をするにあたってそれらをどうやって組み合わせて使っているかの説明なので順番に読んでいってください。


ハイローオーストラリア攻略基礎知識1 ローソク足

ハイローオーストラリア攻略基礎知識1 ローソク足

ローソク足

 

ローソク足とは価格の変動を一つの記号で表したものです。
ローソク足には始値よりも終値が高い価格にある「陽線」と、
始値よりも終値が安い価格にある「陰線」があります。

 

そしてそれぞれの部位に名前があります。
詳しくは上図をご覧ください。

 

安値、高値、始値、終値は読んで字の如くローソク足が形成されていく過程で、
それぞれがどこの価格だったのかを表しています。

 

分かりにくいのは「実体」と「ひげ」ではないでしょうか

 

始値から終値までの範囲が「実体」
終値や始値より一時的に高かったポイントや安かったポイントまでの範囲が「ひげ」となります。

 

言葉での説明では難しいですね。
図を用いて解説しましょう。

 

下図の左側は価格がどのように変動したか、
そして右側はその価格変動の結果ローソク足がどうなったかを表したものです。

ハイローオーストラリア攻略基礎知識1 ローソク足2

陽線Ver.

 

価格のスタート地点が始値、一番下まで下げたポイントが安値、
一番上まで上げたポイントが高値、最後につけた価格が終値ということです。

 

ちなみに右側に示したローソク足は最終的にそうなったもの、
つまりスタートから⑤で示したポイントまでの価格変動により形成されたローソク足です。

 

では、
途中経過でどうなっていたのか
それぞれの地点でのローソク足の形を①⑤まで下に順に出したのでご覧ください。

ハイローオーストラリア攻略基礎知識1 ローソク足3

 

このように価格の変化に応じてローソク足は形を変え、
最終的に⑤になったということになります。

 

このローソク足の変化が
どのくらいの周期で変わるかは時間足によって異なります。

 

例えば15分足であればスタートから終わりまでが15分間かかり、
1時間足であればその期間が1時間、日足であれば24時間ということです。

 

そしてこのローソク足の集合体がチャートです。
下図参照

ハイローオーストラリア攻略基礎知識1 ローソク足4

 

MT4を初めてインストールした段階ではバーチャートといって、
棒線のようなもので表されています。

 

これをローソク足に設定するには
上図の赤丸部分で変更することができます。

 

私がハイローオーストラリアのバイナリーオプション攻略で使う手法では、
バーチャートではなくローソク足を使うので設定するときはここで変更してください。

 

またローソク足がどのように形成されているかも、
しっかりと理解しておきましょう。

 

ローソク足をチャート表示させる方法はここをクリック


ハイローオーストラリア攻略基礎知識2 ボリンジャーバンド

ハイローオーストラリア攻略基礎知識2 ボリンジャーバンド5

ボリンジャーバンド

 

ボリンジャーバンドとは、2本で1組のラインの内側に何%の確率でローソク足が収まるかを表したものです。
言葉上での説明だけでは難しいので、まずは上図をご覧ください。

 

で色分けされている通り2本で1組になっています。
そしてこれらのラインの内側に赤と青のローソク足が収まっています。
ほとんどのローソク足が青いラインの内側に入っていますが、
これは以下で説明する「ラインの内側に収まる確率」が関係しています。

 

 

1σのライン・・・約68.3%
2σのライン・・・約95.5%
3σのライン・・・約99.7%

 

青いライン3σのラインの内側に収まる確率は約99.7%なので、
ほとんどのローソク足はこの3σのライン内にあります。

 

上図のうち、
ひげ”で一時的に3σラインを超えているものもありますが、
最終的には四角い実体部分が収まっているのでボリンジャーバンドの計算通りということになります。

 

このボリンジャーバンドの特性から、
トレードにおいては3σなどのラインを抜けたときに逆の予想をします。

 

例えば、上の3σを超えたらそこから下がると予想する、
下の3σを超えたらそこから上がると予想するといった感じです。

 

ここでσのラインのうち、
1σを参考にすることはほとんどありません。

 

なぜなら上記の確率では約68.3%ですし、
図を見てもほとんど1σで跳ね返っている部分が見当たりません

 

取引に使うのであれば、
やはりそれなりに跳ね返りやすいものを使いたいので3σのラインをメインに使っていきます。

 

ここまで読んだ時点で改めて冒頭の文章と画像を見てください。
そこで理解出来たらボリンジャーバンドの基礎知識に関しては問題ないと言えるでしょう。

 

ボリンジャーバンド設定方法については下記ページで説明しています
ボリンジャーバンド設定方法


ハイローオーストラリア攻略基礎知識3 ローソク足ボリンジャーバンド組み合わせ

【ローソク足とボリンジャーバンドを組み合わせた手法】

 

ここでは
ローソク足の動き方とボリンジャーバンドの仕組みを理解した上で、
ハイローオーストラリア攻略に使うことができる手法をお伝えします。

 

最初にどこでエントリーするのかについてですが、
ローソク足が実体でボリンジャーバンドの3σを超えてきたタイミングです。

 

下図の一番右にあるローソク足をご覧ください。

ハイローオーストラリア攻略基礎知識3 ローソク足ボリンジャーバンド組み合わせ6

※「σ」の読み方は「シグマ

 

赤い2本の線ボリンジャーバンドの3σラインです。
それを黒い陽線のローソク足が上へ大きく抜けています

 

このときがエントリーポイントになります。

 

そこで「HIGH」または「LOW」どちらに入れるのか?

 

上図のように上の3σラインを超えた場合は「LOW」エントリーが正解です。

 

そもそもボリンジャーバンドとは
赤いσのラインなどの内側にどのくらいの確率でローソク足が収まるかを示してくれています。

 

ということは、
そのσのラインをローソク足が超えたら、
そのローソク足が再びσのラインの内側に戻ってくるだろう、
と予想するわけです。

 

下図はハイローオーストラリアで「LOW」エントリーしたときのものです。

ハイローオーストラリア攻略基礎知識3 ローソク足ボリンジャーバンド組み合わせ7

 

逆にローソク足が下の3σラインを
陰線で抜けたときはこのようになります。

ハイローオーストラリア攻略基礎知識3 ローソク足ボリンジャーバンド組み合わせ8

 

こちらは下に抜けているので、
上に戻ってくるだろうと予想して「HIGH」エントリーをします。

ハイローオーストラリア攻略基礎知識3 ローソク足ボリンジャーバンド組み合わせ9

上図で表示しているものはあくまで参考画像なので通貨や時間は別物ですが、
エントリーの仕方はイメージしやすくなったのではないでしょうか。

 

ここからは私が実際にこの手法を用いて取引したものです。

 

通貨ペアそれぞれで
①エントリーポイントのローソク足、
②エントリーの参考にしたローソク足が最終的にどんな形になったか、
③ハイローオーストラリアでの取引結果、
のつに分けてご紹介します。

 

チャートはMT4 ではなく
DMMFXのものですが基本は変わりません。

 

ローソク足は赤い陽線青い陰線から構成されています。

 

 

≪GBP/USD≫
一番外側のσラインを赤い陽線で超えてきたので、
ここでエントリーします。

ハイローオーストラリア攻略基礎知識3 ローソク足ボリンジャーバンド組み合わせ10

 

②さきほど伸びきったところからσラインの内側まで縮んできました

ハイローオーストラリア攻略基礎知識3 ローソク足ボリンジャーバンド組み合わせ11

 

伸びているところでエントリーしていたので全勝です。

ハイローオーストラリア攻略基礎知識3 ローソク足ボリンジャーバンド組み合わせ12

 

 

≪GBP/USD≫
σラインを大きく超えたところで「LOW」エントリーします。

ハイローオーストラリア攻略基礎知識3 ローソク足ボリンジャーバンド組み合わせ13

 

②σラインの内側には収まりきらなかったが、
①と比べると実体部分が縮んでいます。

ハイローオーストラリア攻略基礎知識3 ローソク足ボリンジャーバンド組み合わせ14

 

③ローソク足が伸びきったところでエントリーし、②で縮んできたので全勝です。

ハイローオーストラリア攻略基礎知識3 ローソク足ボリンジャーバンド組み合わせ15

 

≪EUR/AUD≫
上から2本目のσラインをローソク足の実体部分が超えています。
ただ、スクショが遅れたので少しヒゲができてしまっています。

ハイローオーストラリア攻略基礎知識3 ローソク足ボリンジャーバンド組み合わせ16

 

②上から2本目のσラインまでローソク足が縮んでいます。

ハイローオーストラリア攻略基礎知識3 ローソク足ボリンジャーバンド組み合わせ17

 

ローソク足が伸びたところで「LOW」エントリーできたので全勝です。

ハイローオーストラリア攻略基礎知識3 ローソク足ボリンジャーバンド組み合わせ18

ハイローオーストラリア攻略基礎知識3 ローソク足ボリンジャーバンド組み合わせ19

 

重要なことは
ボリンジャーバンド
σラインをローソク足の実態部分が超えたらエントリーする
ということです。

 

それぞれの仕組みが分かっていないと使えない手法ですので、
ローソク足とボリンジャーバンドの構造もしっかり勉強しておきましょう。

 

バイナリーオプションブログでも、ボリンジャーバンドを使った実践攻略方法を解説していますので
より詳しい情報をこちらから勉強してみてください!

 

バイナリーオプションブログ

 

ハイローオーストラリアの詳細についてはこちら
ハイローオーストラリアおすすめの理由

バイナリーオプション攻略の第一歩

↑↑↑口座選定がバイナリーオプション攻略の基礎↑↑↑


MENU

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金

バイナリーオプション攻略ブログ

当サイトについて