海外バイナリーオプション信託保全

バイナリーオプションの信託保全

そもそも、

 

信託保全とは?を、説明すると・・・

 

会社の運営資金と、顧客が投資の為に預けた資金を別に管理をして、
会社の経営が傾いて倒産なんて事態になっても、

 

顧客からの預かり投資用資金を返せるようにしておきなさい!
この事を、所属する国が定めた法律にしたがって管理する仕組みの事です。

 

よく、誤解されやすい部分で、日本の証券会社なら1千万までは国が保証している・・・なんて、思っている人も多いのですが

 

この認識は大きな間違いです

 

日本の法律は、

 

分別管理をしなさい

 

ここだけです

 

なので、最近のニュース事例で説明すると、

 

2012年12月にイニシアスター証券と言う日本の証券会社が金融庁から行政処分を受けて
事実上倒産しました

 

日本の証券会社なので、

 

イニシア・スター証券のホームページには、

 

100%信託保全の文字が大きく記載されて
おりましたが、

 

実際に倒産して中身が公になると・・・

 

分別管理の為に信託銀行に預けておいた資産もすでに会社の運営資金として使われてしまっていた

 

これが現実です

 

海外バイナリーオプションの信託保全

 

このような事態になってしまうと、預けておいた資金が戻ってくる事は無いと考えた方が無難でしょう

 

よく、海外の会社は信託保全がどうのこうので
気をつけた方が良いなどと、書いてあるのを目にしますが・・・・

 

いやいや、海外だろうが、日本だろうが、
倒産するような事態になった場合は、変わらないと思っていてください!

海外バイナリーオプションの信託保全

 

要するに、

 

そのような事態になってから、騒いだり悩んだりしても

 

仕方ないって事なのです!

 

投資は自己責任なのです

 

その為にはどのようなリスクヘッジをすれば良いか?

 

こちらの考えの方がより重要と言えます。


実は海外バイナリーオプションの方が充実している信託保全

現在、バイナリーオプションの海外ブローカーは殆ど

 

キプロスの所属になってきたのですが、

 

まあ、これは税金対策がメインだと言われているのですが、

 

実は、

 

キプロスの金融政策は何気にしっかりとしていまして、

 

日本では分別管理が義務付けられているだけなのに、

 

キプロスの法律では

 

分別管理+保証

 

このようになっています

 

キプロス金融庁ホームページ

 

わかりやすく説明すると・・・

 

キプロスに所属しているバイナリーオプション業者が倒産した場合

 

キプロス政府が2万ユーロまで保証してくれます

 

登録業者の取引先銀行が倒産した場合は、10万ユーロまでキプロス政府が保証

 

キプロスはタックスヘイブン政策で、
投資会社が多く登録されているので、

 

国策として、
キプロスの投資会社のイメージを高めているようです。

 

もちろん、

 

政府が保証しているから安全・・・なんて思ってはいけません

 

投資はあくまでも自己責任です

 

しかし、バイナリーオプション投資で、海外バイヤーだから心配・・などと相談を受ける事も多いのも事実です

 

ですが、
安全と思っていた日本の金融保証より

 

実は、キプロスの金融保証の方が充実している

 

これもまた事実なのです。


バイナリーオプション攻略の第一歩

↑↑↑口座選定がバイナリーオプション攻略の基礎↑↑↑


MENU

バイナリーオプション資金別口座選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

ハイ・ロー オーストラリア情報

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金

当サイトについて