バイナリーオプション規制

バイナリーオプション業界自主規制

日本国内におけるバイナリーオプションの業界自主規制が、固まってきましたので、こちらのページで説明します。

 

まず、規制内容を簡単にまとめると、全体的に投機性が強すぎる

この部分が問題とされています。


言い方によってはギャンブル性、ゲーム性が強いなどとも言われています


ようするに・・

 

◯1分などの短時間での決済は投機性が強すぎる

◯ハイ&ロウなどの2択を選ぶ方法はゲーム性が強すぎる

 

 まず、オプション決済時間が短ければ短い程、ポジションを持つ回数が

増えてきますので、それだけ、勝つ人は多く勝ちますし、負ける人は多く負けてしまう事になります。


ハイ&ロウについては、日本ではバイナリーオプション=ハイ&ロウと、

言っても過言ではない状態ですが、

海外のブローカーでは、ハイ&ロウ以外のオプション取引も多種用意されている形なので、当面は、ハイ&ロウは残る形になると予想しますが、

取引の選択肢は、増えて行く形になりそうです。


今回の自主規制については、国内の証券会社各社の政治的な思惑が

とても多く絡んでいると噂されているのですが、


その原因はGMOクリック証券の一人勝ち状態にあると言われています


GMOクリック証券は、

2012年度のFX売上高が世界1位にランクされています。



 上記の表はフォレックスマグネイトからの引用です

引用元記事



GMOクリック証券はFX取引で得た利益をバイナリーオプションの普及に

使っている状況のため


GMOクリック証券のバイナリーオプションでの利益は総取引金額の1.6%程度です

GMOクリック証券のバイナリー口座で運用している人の32.6%が年間でプラス計上

している形になります。


投資において通常、勝ち口座と言うのは、5%~10%程度と言われていますので30%以上のプラス計上口座が存在すると言うのは


ある意味異常とも言えるのです

そのような状況でGMOクリック証券の一人勝ちとなっているので、

他の証券会社は、太刀打ちが出来ない状態であると言っても過言では

ないと言う事ですね。


なので、政治的な動きがあったのでは?と噂される要因になりました。


今回の日本国内自主規制によって、元々バイナリーオプションで

あまり利益を出せていない証券会社においては、


あくまでも当サイトの感想ですが・・・


やる気が無くなった感がいなめません(^^ゞ

そういった中で、GMOクリック証券は


◯最低購入金額の引き上げ100円⇒1,000円

◯最高購入金額の引き下げ50,000円⇒30,000円


この形で継続をして行く様子です。


まあ、当局から売り切れ制度部分などの指導が入られければ

今までに比べて然程影響はないのでは?

と、言った所です。


インパクトとしては、FXのレバレッジ規制の方が大きい感じはしますね(^^ゞ


今回のバイナリーオプション規制のまとめとしましては、

 

◯GMOクリック証券はある程度の資金規模であれば問題なし

 

◯資金規模が膨らんだ場合は海外バイヤーを利用する

 

当サイトでもプッシュしている海外バイヤーですが、

日本人スタッフによって日本語で運営されていますが、

あくまで海外の法律規準で運営されている為、今回の自主規制には

まったく反応していません。



 ただし、イギリスなどは日本より前に規制が入ったりしていますので、

日本以外の法律改正などで規制が入る可能性はあります。


海外バイヤーを利用する注意点としては、


日本の法律に縛られていない為、

倒産時などに保証が得られるか?と言った

部分になります。


もちろん、海外の供託金制度などの保証もありますが、言語の問題などから

どうしても不安も残ってしまう形と言った所でしょうか?(^^ゞ


なので、ある程度の資金量をバイナリーオプション投資で運用する場合は

最大投資金額の高い海外バイヤーを利用する事になるのですが、


リスクヘッジの観点から、


海外バイヤーの口座を分散させる必要がある


 国内のGMOクリック証券+海外バイヤー3社

最低でも4社くらいで分散して投資を行う事をお勧めします。

バイナリーオプション攻略の第一歩

↑↑↑口座選定がバイナリーオプション攻略の基礎↑↑↑


MENU

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

ハイ・ロー オーストラリア情報

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金

バイナリーオプション攻略ブログ

当サイトについて