バイナリーオプション入門

平均足と移動平均線

前項では平均足をMT4(メタトレーダー4)に設定する方法をお伝えしましたが、
ここでは平均足と移動平均線について説明していきたいと思います。

 

まずはMT4に移動平均線を表示させましょう。

 

MT4に移動平均線を表示させる方法

1. ナビゲーターの「Moving Average」をチャート内にドラッグ

平均足と移動平均線1

 

2. 期間等を設定する

平均足と移動平均線2

ここでは期間を「9」に設定します。

 

移動平均線の色と線の太さはお好みで設定してください。
下記のように表示されたら、移動平均線の設定は完了です。

 

100期間移動平均線や
200期間移動平均線など他の期間の移動平均線を表示させたい場合は、
上記の作業を繰り返します。

 

平均足と移動平均線3

 

バイナリーオプションでエントリーしたいポイント

平均足と移動平均線を使用した際、
バイナリーオプションではエントリーしたいポイントが2つあります。

 

・平均足が移動平均線に接触する
・平均足の実体の半分が移動平均線を上抜け・下抜ける

 

上記のポイントが、
バイナリーオプションでエントリーしたいポイントです。

 

平均足が移動平均線に接触する

平均足と移動平均線4

上記のテクニカルチャート内を見ると、赤丸でくくった部分が移動平均線に接触したタイミングになります。

 

上記ではハイでエントリーすることになります。

 

これについてはローソク足とほぼ同じ考え方です。

 

なお、
移動平均線の期間が長期であるほど強いレジスタンス、
もしくはサポートとなりますので、信頼性が高くなると言われています。

 

平均足の実体の半分が移動平均線を上抜け・下抜ける

平均足と移動平均線5

前回(バイナリーオプションに平均足を取り入れよう)お伝えしたように、

 

平均足は実体部分の真ん中が始値になります。

 

この点がローソク足とは大きく異なりますので、しっかり理解しておきましょう。

 

上のテクニカルチャートを見ると、
平均足の実体部分の真ん中が移動平均線を下に抜けたため、ローでエントリーします。

 

平均足の実体部分が長いほど勢いが強いことを示唆していますので、
実体部分の長さも参考にしつつエントリーするのがおすすめです。

 

ちなみに、
平均足は同じ色が続きやすいという特徴があるため、
FXトレーダーの中には平均足の色が変わった時にエントリーする人もいると言われています。

 

平均足と移動平均線を用いたバイナリーオプションにつきましては別のページで検証していきたいと思います。

 

次ページ
平均足とボリンジャーバンド

バイナリーオプション攻略の第一歩

自分に合うバイナリーオプション口座の作り方

ボタンをタップで詳細ページ





バイナリーオプション無料LINEセミナー
記事一覧

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金