バイナリーオプション入門

バイナリーオプションにおける一目均衡表の使い方

一目均衡表とは文字通りひと目でチャートの様々な情報を読み解くことができる分析方法の1つです。
主に一目均衡表からは
「トレンドの方向性」と「価格の転換点」
を知ることができます。

 

バイナリーオプションの分析に限らず、
FXや株式など様々なチャート分析に用いられる一目均衡表ですが、
ここではバイナリーオプション取引において、
どのように一目均衡表を使えば勝てるようになるか?について初心者にもわかりやすくお伝えしようと思います。

 

一目均衡表の見方や使い方が分からない人は是非学んでください。

 

一目均衡表とは?

冒頭でお伝えしたとおり、
一目均衡表とはひと目で「トレンドの方向性」や「価格の転換点」を知ることができる分析方法です。
ただ一見するとローソク足以外に複数のラインが入り混じっているため、
初めて一目均衡表を見た人はその複雑さに挫折してしまうことがあるかもしれません。(下図参照)

BO一目均衡表1

そこでまずは一目均衡表を構成している4つのポイントについて解説します。

 

①基準線
過去26日間のうちで最も高かった価格と最も安かった価格の中心を結んだ線で、
比較的長期的なチャートの方向性を読み取ることができます。(下図青ライン参照)

 

<計算式>
(過去26日間における最高値+過去26日間における最安値)÷2

BO一目均衡表2

②転換線
過去9日間のうちで最も高かった価格と最も安かった価格の中心を結んだ線で、
比較的短期的なチャートの方向性を読み取ることができます。(上図赤ライン参照)

 

<計算式>
(過去9日間における最高値+過去9日間における最安値)÷2

 

③遅行線(遅行スパン)
その日のローソク足の終値を26日前に表示させたものです。
そのためチャート上で遅行スパンを見ると、
ローソク足に比べて遅れてラインが形成されています。(下図緑ライン参照)

BO一目均衡表3

④雲(先行スパン1&2)
基準線と転換線の中心を26日分の未来に表示させてある先行スパン1と、
過去52日間の最高値と最安値の中心を26日分の未来に表示させてある先行スパン2に囲まれた部分が雲です。

 

過去に表示されていた遅行線とは対象に、
現在のローソク足より未来まで表示されているのが特徴です。(上図紫斜線部参照)

 

<計算式>
先行スパン1
{(転換線+基準線)÷2}の値を26日分未来に表示

 

先行スパン2
{(過去52日間における最高値+過去52日間における最安値)÷2}を26日分未来に表示

 

一目均衡表で覚えておくべきこと

さて一目均衡表について説明したわけですが、
上記では特徴の解説にフォーカスしたため計算式まで紹介しましたが、
トレードで一目均衡表を用いる分には計算式まで覚えておく必要はありません。

 

今回の記事で覚えておいて欲しいことは3つです。
1つは転換線と基準線が短期間での価格の動きと長期間での価格の動きを教えてくれるということ、
2つ目は遅行線が現在の価格よりやや遅れてやってくる特徴があるということ、
3つ目は雲が現在の価格より若干未来まで表示されているということです。

 

これら3つを組み合わせてチャートの方向性やトレンドの転換ポイントを読み解き、
エントリーポイントを探ることができるわけですが、
使い方に関しては次ページ以降でお伝えいたします。

 

次ページ
一目均衡表(雲)の特徴

バイナリーオプション一目均衡表の使い方記事一覧

一目均衡表とは、「相場は買い方と売り方の均衡が崩れた時に大きく動くことにより、どちらが優勢かが分かればよく、それを一目で知ることができる」という由来による相場分析手法です。一目山人(細田吾一)氏が開発し、海外でも「ichimoku」と呼ばれ親しまれている、日本生まれのテクニカル分析です。特徴としては、視覚的なので現在の相場の状況は上向きなのか、はたまた下向きなのかの方向感とその強弱を判断し易いとこ...

一目均衡表からトレンドの方向性を知る方法をお伝えします。バイナリーオプションでトレンドフォロー型の手法を考えている人は、ここで説明する手法を覚えておくと取引に役立つと思いますので参考にしてみてください。ポイントは大きく分けて3つあります。①転換線と基準線のクロス1つ目は転換線と基準線のクロスの仕方からトレンドを見極める方法です。転換線は過去9日間のうちで最も高かった価格と最も安かった価格の中心を結...

こちらのページでは実際に一目均衡表を使った取引方法をハイローオーストラリアの取引画面を使いエントリーの瞬間のスクショを用いて解説しようと思います。今回の取引でメインに使ったシグナルは雲(遅行スパン)です。雲とは下図における紫の斜線部分のことで、基本的にローソク足は雲の中に入ることを嫌う傾向があります。またローソク足が雲より上にいるとその後は上昇、ローソク足が雲より下にいるとその後は下降相場になりや...

記事一覧

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金