国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションの比較

国内vs海外バイナリーオプション比較

国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションの比較

国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションの比較

日本国内と海外のバイナリーオプションにおいて、主に以下のような違いがあります。

国内バイナリーオプション海外バイナリーオプション
ポジション金額上限 1注文あたり200枚
(単価100円から1000円)
10万ドル
(日本円の場合1千万円)
一日の取引回数 10回 無制限
入金ボーナス 無し 入金額の10%から100%
ペイアウト率 高め 低め

つまり、

  • 国内バイナリーオプションは投資上限金額が設定されている!
  • 海外バイナリーオプションには入金ボーナスがある!
  • 国内バイナリーオプションはペイアウト率が高め!

ということです。

投資ルールが違うという事は、

投資戦略も変えなくてはいけません

スポーツの世界では、ルール変更で戦略を変えるのは当然ですが、投資に関しても同じです。

投資ルールが違えば、投資戦略を変えて挑まないと利益を出すのは難しくなります。

具体的には、

  • 国内バイナリーオプションの戦略としてペイアウト率の高さを考慮すると、 原資が少なく短期、中期では運用しやすい!
  • 海外バイナリーオプションの戦略としては、入金ボーナス、ポジション限度額が高いと言う事を考慮して 、 大きい資金をそのまま運用出来るので長期運用に適している!

投資期待値だけを考慮した場合は、海外バイナリーオプションで、入金ボーナスを手に入れ、年度ごとの投資計画を立てるのが最も手堅いと言えます。

バイナリーオプション投資は、FXのように、一度のポジションで大きく利益を狙う投資ではありません。

100回のトレードで、60回予測を的中させて、原資の10%前後の利益を狙う

バイナリーオプションの専業トレーダーを目指したいなら長期計画を立てる必要がありますので、海外バイナリーオプションの方が運用しやすいでしょう。