バイナリーオプション入門

バイナリーオプション ローソク足分析法

ローソク足とは…

 

江戸時代に本間宗久により発案され、
現在では世界中の投資家に使われています。

 

ローソク足には主に二種類あり、
それぞれ陰線陽線と呼ばれていて、

 

陽線は始値より終値のほうが高く
陰線は始値のほうが低いローソク足のことを指します。

 

次の図をご覧ください。

バイナリーオプションローソク足分析1

つまり、ローソク足とはある一定期間における値動きを表しています。

 

バイナリーオプションにおいては、
1分もしくは5分の期間が使われています。

 

そして、図に記載している高値、安値というのは、
ある一定期間の最高値、最低値を表しています。

 

バイナリーオプションローソク足の分析方法

ローソク足をしっかりと理解すれば、
ローソク足を分析することで相場の勢いや時間的推移を知ることができます。

 

例えば、皆さんはローソク足のヒゲが長いとき、
なぜヒゲが長いのかと考えたことはありますか?

 

ヒゲが長いというのは、
つまりある一定期間において高値もしくは安値に到達するも、
大衆に意識されていたがために売りもしくは買いが多く入り、反発したと考えられます。

 

具体的には、例として次のように挙げられます。

バイナリーオプションローソク足分析2

したがって、ローソク足の形状によって判断してバイナリーオプションにエントリーすれば勝率が上がると思いませんか?

バイナリーオプションローソク足 実際の過去検証

バイナリーオプションローソク足分析3

このように、上ヒゲの長い陽線の後、上昇傾向が終わっています。

 

上ヒゲが長いということは、一時的な買いが入って上がるが、
これ以上は上がらないと判断されて売りが入っていることがわかります。

 

したがって、
その売りの勢いによって、次も下がるのではないか?と予想されます。

 

また、
ここでは実際に下がっていて仮にLOWエントリーしたのであれば勝てているということがわかります。

 

 

次は実際に取引してみました

バイナリーオプションローソク足分析4

急激に下降したのち、次に下ヒゲの長い陽線が出て買いの勢力が強いと読み取れます。

 

ここで、ただローソク足の形状を見るだけでなく、
しっかり意識された価格帯近傍であることことが重要です。

 

矢印の場所でエントリーしてみました。

バイナリーオプションローソク足分析5

ここで、1000円のポジションを取ってみました

 

 

バイナリーオプションローソク足分析6

ここでの結果は予測的中でした。

 

このように様々なツールに頼るのでなく基本中の基本であるローソク足をしっかり分析することで、
上昇しやすいか下降しやすいかを確認することができます。

 

 

なぜローソク足分析が有用なのか?

 

 

RSIや移動平均線やボリンジャーバンドなどの分析が何から作られているかわかりますか?

 

それはローソク足から形成されています。

 

すべての分析はローソク足を基礎として作られています。

 

したがって、ローソク足から全ての分析が出来ています。

 

したがって、ローソク足分析がオススメなのです。

 

次ページ
ローソク足の設定方法


バイナリーオプション ローソク足分析法記事一覧

はじめに、チャートの設定には3種類あり、以下のような特徴があります。バーチャート・・・4本値(始値、終値、高値、安値)が分かる。ラインチャート・・・終値だけ記録されるので、価格の変化が分かりやすい。ローソク足・・・バーチャートの要素に加え、始値と終値が分かりやすい。欧米では、「バーチャート」が多く使われますが、日本では「ローソク足」が主流です。ローソク足は視覚的に判断しやすいため人気があると言えま...

記事一覧

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

FXbinary情報

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金