時間帯による相場の変化を予測する方法

取引の時間による相場の動きの違いを今回はお伝えしようかと思います。

前回は(欧州勢が市場参入するタイミングでのトレンドフォロー型の通貨選び方)
触りの部分だけは説明しましたが、その全容には触れていません。

あの時間に相場が動くのは偶然ではなく、ちゃんとした理由が存在します。

実は私はそれらの特徴を知っているため、
自分が取引において苦手な時間帯や得意な時間帯を見分けることができます。

さらに言えば、
自分がバイナリーオプション取引でどの通貨ペアにエントリーするか考えるときに、
チャートの形や通貨選びの他にも、この時間帯による相場の違いも参考にすることができます。

今回は文章多めで読んでいくのが大変かもしれませんが、
時間帯による相場の変化を捉えるためにも、しっかりと勉強してください。

《実際のチャートで勉強》
16時が近くなって大きく下げ始めた相場

時間帯による相場の変化を予測する方法

最初に質問なのですが、あなたは世界の三大市場がどこか知っていますか?

世界の市場の中で、比較的取引量が多いとされる市場を三大市場と言います。

答えは
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場です。

ただ、これはあくまで一般論です。

最近では中国など経済的に大きく成長してきた国が多くなってきたため、
一概に「上記3つが三大市場である」とも言えなくなってきたのですが、

ここでは分かりやすくするため東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場を三大市場とさせていただきます。

ここで重要なことは、
これら三大市場がどこかではなく(日本時間で)何時に開くかということです。

市場が開く時間、つまり取引が活発になりだす時間です。

順番に行きます。東京市場が開くのは9時頃、
ロンドン市場が開くのは16時頃、ニューヨーク市場が開くのは23時頃です。
(今回サマータイムによる時間の差異は省かせていただきます。)

《実際のチャートで勉強2》
16時を過ぎて3σのラインに連続で触れているチャート

16時を過ぎて3σのラインに連続で触れているチャート

察しの良い方は、
前回の記事でなぜ16時付近のチャートを選んで紹介したかが分かったのではないでしょうか。なぜ16時に相場は活発に動き出すのか?

そうです、
三大市場のうちの一つであるロンドン市場が開き、取引が活発になり始めるためです。

ただ、ここで疑問が出てきませんか?

市場が開きだしたときに相場が活発に動き出すなら、
なぜ東京市場が開く9時は大きく動かないのか?

正確に言うと、大きく動かないわけではありません。
やはり市場が開けば相場は動きます。

しかし9時と16時を比べると、16時のほうが動く幅が大きくなりやすいのはなぜか?

それは地図が関係しています。

世界地図を思い浮かべてください。
日本の周りにある国はどのくらいありますか?

さらに、その中でハイローオーストラリアで扱われている通貨はいくつありますか?
おそらくJPYとAUDとNZDくらいだと思います。

対してロンドン周辺の国はどうでしょう?

ユーロと一括りにしてはいますが、
ユーロにはたくさんの国が含まれています。

すると、市場に参加する数が東京が開くときと比べて多いので、
取引もその分活発化して相場が動きやすくなるというわけです。

加えて、欧州の投資家は「トレンドフォロー型」といって、
相場の流れに沿った取引をすることを好む人が多いそうです。

すると、
相場に上昇あるいは下降の大きな流れが生まれます。

これも相場が活発化しやすい原因の一つと言えるでしょう。

《実際のチャートで勉強3》
実体で3σを大きく超えたローソク足の様子

実体で3σを大きく超えたローソク足の様子

今後、チャートを見て勉強するときは16時になったあとに相場に注目してみましょう。

ここで紹介しているバイナリーオプションの手法はボリンジャーバンドを使いますが、
この時間付近になると3σに近づいてくる回数がグッと増えてくることに気づくと思います。

しかし、
ここで勘違いしないでほしいのですが、
3σに近づく回数が増えるからと言ってこの手法で勝ちやすくなるということではありません

逆に回数が増える分、
実体で3σを超えて終わる回数も増えるため手法通りにやっていても勝ちにくくなることもあるくらいです。

とは言っても、
もしあなたがデモトレードでここで紹介している手法の練習をするのであれば、
あえてこの時間に取引するのも練習回数がこなせるのでアリだと思います。

トレンドが発生しやすいので現金運用するときは注意が必要です

現金運用ならば相場が活発になる前、
つまり16時前までに取引するのが練習としては良いかもしれません。

ここでお伝えした時間帯の特徴は取引には直接的には影響するわけではありませんが、
知っておくと参考資料が増えるのでより細かい調整ができるようになるでしょう。

特に16時のチャートは露骨なほど動くので、
ぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩