トレードすべき時間帯の見つけ方 実践編

前回のブログから引き続き、
ここ最近は相場の時間の特徴についてお伝えしてきました。

今回も引き続き、
相場の時間の特徴を説明していこうかと思います。

ただ、今回は特徴だけを淡々と述べていくのではなく、
その特徴を踏まえた上でどうやって取引をすればいいかをお教えしたいと思います。

その前に少しだけ復習しておきましょう。
まず一般的に世界の三大市場と言われているのが「東京市場」「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」です。

そして、
この中でロンドン市場が開き出す16時頃(日本時間)に相場が活発に動きやすいということでしたね。

理由も覚えていますか?
ロンドン市場はイギリスにあります。

そしてそのイギリス周辺にはユーロ加盟国が多数存在するため市場に入ってくる投資家の数が多く、
さらに彼らは「トレンドフォロー型」という投資スタイルを好む傾向にあります。

とはいってもこれはあくまで推測です。
絶対こうなる!というわけではありませんが、
現に相場はそれに準じた動きをしているので、参考にする分には悪くないと思います。

《チャートで勉強》
16時が近くなってから3σを実体で超えだすEUR/GBP15分足の様子

トレードすべき時間帯の見つけ方 実践編

さて、前回の復習をしたところでここからが新しい勉強範囲です。

16時から相場が活発化しやすいということは、逆に言えば16時までは全体的におとなしいということです。

しかし、
そのおとなしい中でも比較的動きやすい通貨があります、どこでしょう?

それは東京市場が開いている時間に同じく市場が開いている国の通貨、

つまり
「AUD(=オーストラリア)」「NZD(=ニュージーランド)」「JPY(=日本)」ということです。

やはり、
市場が開いていると株価が変動するため、
それに反応して通貨の価格も多少なりとも反応しやすいのです。

ややこしいですね。

ザックリ説明すると、

 『①国の市場が開く→②市場が開いたことで株の取引が始まる→③株の取引がされると株価が動き出す→④株価の動きに反応して国の通貨の価値も変動する』ということです。 

この理由の他にも、上記②の段階で投資家が市場に参加してきますよね。

市場に投資家が参加してくるということは、
もちろんFXの取引をする投資家も現れるということです。

そうなれば東京市場が空いてる時間が比較的おとなしい時間帯とはいえ、
それなりに相場が動くことは自明でしょう。

これと同じことがオーストラリアやニュージーランドでも言えます。

そして、ここで「AUD」「NZD」「JPY」を挙げたのは、
これらの通貨が私が使っているハイローオストラリアで取引できる通貨ペアに含まれているからです。

日本に近い国で言えば、
韓国や中国もありますがハイローにはそれら国の通貨は含まれていません。

《チャートで勉強》
午前中なのに3σを実体で超えるAUD/JPYの1時間足の様子

午前中なのに3σを実体で超えるAUD/JPYの1時間足の様子

では、
「AUD」「NZD」「JPY」がおとなしい時間帯でも比較的活発だということが分かったところでどう取引するのか?

それは
これら通貨が含まれるペアを、
16時までの取引であえて選ばないようにするのです。

例えば「AUD/NZD」「AUD/JPY」「NZD/JPY」などは、
この時間互いに活発化しやすいため3σをローソク足が実体で超えて終わる可能性が出てきます。

それならば、
市場が閉まっている国の通貨ペア「EUR/GBP」「USD/CHF」などを選ぶほうが、
動きもおとなしいため3σを超えたとしてもヒゲをつけると思いませんか?

 市場が開いている時間を知っているだけでも、
通貨選びの段階でここまで考えることができます。

ただ、これは今まで紹介した基本ができていることが前提なので、
初心者向けではありません。

チャートの形によっては
「AUD/JPY」を選ぶことももちろんあります。

私はこれまでに紹介したエントリー条件を用いても選ぶ通貨を絞り切れないときに、
上記のような予備知識を用いて取引通貨を選択します。

繰り返しになりますが、
これは基本的なエントリー条件を満たしていることが前提です。

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩