バイナリーオプションは攻略基礎手法を覚えるだけで9割成功出来る!

最近の記事を読んでいる方ならわかるかもしれませんが、
ここしばらくは少し難易度高めの話が続いていました。

内容は主に16時以降のトレンドを形成したやすい相場や、
チャートの形を意識した取引の仕方などです。

そこで久しぶりに私が紹介している手法が本来どういうものなのかをご紹介したいと思います。

この部分が本当のバイナリーオプション攻略おすすめ手法になるので
しっかりと理解するようにしましょう!

つまるところ手法の基礎です。
これが理解できていないと上記のような応用的な相場での取引はもちろん、
勝てる相場ですら勝つことは困難でしょう。

私はこの手法を使って普段トレードをしているわけですが、
取引の9割以上は手法の基礎だけで利益を得ることができています。

もちろん全てがうまくいくわけではないので、
多少相場に応じた考え方を使うこともあります。

しかし相場に応じた考え方を使う場合であっても、
取引の主軸にあるのは基礎です。

私はバスケットボールの試合を見ることが好きなのですが、
たまに炸裂する選手たちのスーパープレーには魅了されます。

ただそういったスーパープレーは普通のシュートを普通に決めたり、
基礎的なドリブルやパスができているからこそ生まれるものだと思っています。

その上、仮にスーパープレーができたとしても、
決めれるシュートを外しまくっていては結局試合に勝つことはできません。

勝負で勝つためには決めるべきポイントでコツコツ決めて、
難しい状況が来たら自分の経験を活かして判断し行動することが重要でしょう。

話が反れましたね、戻しましょう。
要は手法の基礎は最優先で覚えてほしいということです。

それでは解説していきましょう。

まず私が紹介している手法は
逆張りといって跳ね返るポイントを予測する取引です。

上昇中の相場であればどのポイントで下降に転じるか、
下降中の相場であればどのポイントで上昇に転じるかを予測します。

そして反発するポイントを予測する上で
重要な役割を果たすものがボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンドは
移動平均線と「σ(=シグマ)」と呼ばれるラインから成り立っています。

そしてボリンジャーバンドはσのラインまでローソク足が伸びてくると、
そこからどのくらいの確率で反発するかを計算して出したものをラインで可視化してくれています。

σのラインは数種類ありますが、
私が紹介している手法で使うのは「3σ」のラインです。

これはσのラインからローソク足が反発する確率が計算上約99%であることを示してくれています。

ということは
ローソク足が3σのラインまで伸びたときに逆張りをすれば、
勝率が理論上99%になるということです。

もしあなたがここまでを理解できたのであればおめでとうございます、
もう手法は理解できたも同然です。あとは取引を繰り返す中で経験を積んでいくのみです。

「難しくて何言ってるかよくわからない!」という方は、
過去の記事でも何度か手法に関する話をしていますのでご覧ください。

さて、
文章が長すぎても疲れてしまうので
実際のチャートを見てイメージを膨らませましょう。

こちらをご覧ください。

バイナリーオプションは攻略基礎手法を覚えるだけで9割成功出来る!
USD/CADの15分足

一番右側の赤いローソク足がかかっている外側から2本目のラインが3σのラインです。

このようにローソク足が上昇してきて3σのラインまで掛かってきたタイミングで逆張り、
つまりLOWのエントリーをするということです。

バイナリーオプションの画面ですとこんな感じになります。

バイナリーオプションは攻略基礎手法を覚えるだけで9割成功出来る!

一目瞭然ですね。
3σに掛かるまでは上昇だったものが、
私がエントリーしたポイントで跳ね返されて下降に転じました。

ちなみに終了時点でのローソク足はこちら。

USD/CADの15分足
USD/CADの15分足

ヒゲだけを残して実体は3σのラインの内側に収まりました。
これが私の手法の基礎です。

3σを目安に反発されそうなポイントを探して見つけたら逆張りエントリーをする、
それだけです。

おそらくボリンジャーバンドとローソク足の仕組みさえ分かっていれば、
さほど難しい話ではないと思います。

いかがでしょうか?
私が普段やっていることは主にこれだけですが、
手法の基礎となるとても重要なことです。

これからバイナリーオプションを勉強される方は、
前回のような難しい話は置いておいて

まずは「3σ超えたらエントリーする。」ということを継続していきましょう。

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩