通貨の価値に変化があるときの相場の見方

あなたは「円安」や「円高」のように通貨の価値に変化が起きているとき、
相場がどう動くのか分かりますか?

例えば円高状態のとき、
USD/JPYのチャートは上昇方向なのか?下降方向なのか?

上記のような仕組みを理解すればバイナリーオプションの取引が凄く上手になる!
というわけではありませんが、理解していると相場観が身に付きやすくなると思います。

つまりバイナリーオプションの取引をやっていく中での相場観が、
より身に付けやすくなるということです。

結局のところ私がここでいくら手法の話をしたところで、
手法の勉強をしているあなた自身の経験値が上がらなければ取引できるようにはなりません。

経験値は現金運用もそうですが、
お金のかからないデモトレードでもある程度は身に付けることができます。

ただその経験値も、
相場が何を理由にどうやって動いているのかを考えながら練習をすることで得るスピードが変わってくると思います。

これまでも何度か応用的な内容で
相場観の身に付け方をお伝えしてきました。

今回はそれらとはまた異なった相場観、
通貨の価値に変化があるときの相場の見方を説明しましょう。

まず冒頭の問いの答えですが、

円高のときはUSD/JPYのチャートは下降します。

下図をご覧ください。

通貨の価値に変化があるときの相場の見方

この時間帯でUSD/JPYが下降方向に動いています。

ただこのチャートからわかることはドル安円高だけです。

ここでUSD関連の他の通貨ぺアも見てみましょう。

USD/JPY
USD/CAD

こちらはUSD/CADの15分足です。
こちらの相場もUSD/JPY同様に下降方向に動いています。

ここでようやく「USDの価値が下がっている(=ドル安)のではないか?」と考え始めます。

さらにもう一つチャートを見て、
疑問を確信に近づけます。

通貨の価値に変化があるときの相場の見方

上図を見てみるとローソク足が上昇しているからドル安ではない!
と思うかもしれません。

しかしこのチャートはドル安を表しています。

ローソク足が上昇しているのになぜドル安なのか?
確かにローソク足は上昇していますが、
通貨ペアをご覧ください。

今までの2つは「USD/JPY」「USD/CAD」のようにUSDが先頭にありました。

対して「GBP/USD」はUSDが後ろにあります。

この通貨ぺアの文字の並び順によって、
相場がどっち向きでどちらの通貨の価値が変動しているのかが分かります。

難しいのでコツだけ教えましょう。

まずそれぞれのチャートは通貨ペアの先頭にある通貨が基準となっています。

上図USD/JPYのチャートを例に挙げて説明しましょう。

通貨ペアは「USD/JPY」なのでUSDが先頭にあります。

ということは「USD/JPY」のチャートはドルが基準になっています。

ドルが基準になっているチャートが下がっているということは、
ドルの価値が下がっている、つまりドル安ということです。

同じく「USD/CAD」はUSDが先頭にあるので基準はドルです。

そしてチャートは下方向です。
基準であるドルのチャートで下方向、つまりこのチャートからもドルの価値が下がっている、
つまりドル安ということが分かります。

問題の「GBP/USD」のチャートですが、
先頭にあるのはGBPなので基準はドルではなくポンドです。

そしてチャートは上方向です。
ということはポンドの価値が上がっている、
つまりポンド高ということになります。

そしてポンド高ということは相対的にドルの価値が下がっているということですので、
ドル安であることが分かります。

いかがでしたか?
今回の内容はかなり難しかったかもしれません。

なので私が紹介している手法の基礎が理解できて、
ある程度取引に慣れてきたからは参考にしてみてください。

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩