バイナリーオプションテクニカル攻略手法の復習

前回(基本的なバイナリーオプション攻略手法の使い方を復習!)は
私の手法を勉強する上で心がけておいて欲しいことについてお伝えしました。

その代償として手法に関するお話ができなかったので、
今回はそれを紹介したいと思います。

 まず私のバイナリーオプション攻略手法で使うものは
ボリンジャーバンド』と
ローソク足』です。

またボリンジャーバンドの中でも使うライン
は『3σ(シグマ)』です。

これらをどう使うかと言いますと、
ローソク足の実体(四角い)部分が3σを超えたタイミングで逆張りエントリーをします。

逆張りとは価格が向かっている方向とは逆向きにエントリーするやり方です。

 つまりローソク足の実体部分が
ボリンジャーバンドにおける上の3σのラインを超えたらLOW(下方向)へエントリーし、
下の3σラインを超えたらHIGH(上方向)へエントリーするということです。

具体的にチャートで見てみましょう。

下図は私がエントリーした瞬間のチャートをスクショしたものです。

バイナリーオプションテクニカル攻略手法の復習

赤や青の四角いボックスが『ローソク足』、
真ん中の黄色いラインと上下に3本ずつ流れているラインが『ボリンジャーバンド』です。

そしてボリンジャーバンドのうち、

 外側から2本目のラインが『3σ』のラインです。 

上図を見ると下の3σラインを青いローソク足の実体部分が下方向へ突き抜けていることが分かると思います。

この瞬間が私のバイナリーオプション攻略手法でのエントリーポイントです。

そしてローソク足は下方向へ超えているので、
エントリーはHIGHです。

そもそもボリンジャーバンドは、
それぞれのσのラインの内側に価格が収まる確率を表したものです。

 例えば3σのラインであれば上下の3σラインの内側に価格が収まる確率は、計算上99.7%と言われています。 

つまり3σを抜けたローソク足は、
約99.7%の確率で戻るということです。

そうなると3σをローソク足が超えたときにエントリーする
私のバイナリーオプション攻略手法の勝率は計算上約99.7%になるということです。

もちろんチャートは絶対ではありませんし
価格の動きには人間の心理も関わってくるため、
絶対にそうなるというわけではありません。

ただ計算上の話であったとしても、
それだけの確率が出ているので私のバイナリーオプション攻略手法ではこれを意識して取引しているというわけです。

取引結果はいかの通りです。

バイナリーオプションテクニカル攻略手法の復習

はい、勝つことができました。

価格もちゃんと戻っています。

具体的な手法の使い方について知ったところでもう一つ紹介します。

下図をご覧ください。

バイナリーオプションテクニカル攻略手法の復習

同じくボリンジャーバンドの3σラインを、
ローソク足の実体部分が超えています。

そして↑方向へ抜けているので、
エントリーは逆側にLOWです。

結果はこちらです。

バイナリーオプションテクニカル攻略手法の復習

2本入れているのは、
基本通りの手法に加えて条件がさらに良かったためです。

説明はここでは長くなってしまうのでまたの機会にしましょう。

いかがでしょうか?

いつどういう状況でエントリーすればいいかは理解して頂けましたか?

この他にも見るポイントはあるのですが、
あくまで3σを超えていることが前提です。

3σを超えていなければ、
取引を検討する対象にすらなりません。

練習する場合は、
まずはローソク足の実体部部がボリンジャーバンドの3σラインを超えてからエントリーすることに慣れましょう。

コツはとにかく待つことです。

獲物が罠にかかるのをジッと待つように、
ローソク足が3σを超えるまでじっと待ちます。

うっかり3σを超える前にエントリーしないように意識してやってみてください。

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩