ボリンジャーバンドとローソク足を使いエントリーするポイント

ボリンジャーバンドとローソク足を使った手法について、
エントリーした瞬間のチャートのスクショも交えながら改めて解説したいと思います。

私の取引で用いるものはボリンジャーバンドとローソク足です。
それぞれポイントがありますので、
これからバイナリーオプション取引を始めようと考えている方は参考にしてみてください。
(ちなみに私はハイローオーストラリアという会社を利用して取引しています。)

まずボリンジャーバンドについてですが、
いくつかあるラインの中で取引の参考にするのは「3σ(シグマ)」のラインです。

3σのラインはその2本線の内側に価格が収まる確率が約99.7%であることを教えてくれるものです。

これは逆に言えば
3σラインの外側に価格が飛び出る確率が0.3%程度しかないことを意味しています。

そこで私はこれを利用して
ローソク足がボリンジャーバンドの外側に出たタイミングで逆張りエントリーをします。

下図をご覧ください。

ボリンジャーバンドとローソク足を使いエントリーするポイント

外側から2本目の紫色のラインが3σのラインです。
この3σを赤いローソク足が突き抜けている、黄色い丸印で示したポイントに注目してください。

ボリンジャーバンドの計算上では
3σの内側に約99.7%の確率で収まるはずの価格が飛び抜けています。

この瞬間が私のエントリーポイントです。
ここで上に抜けているので逆張り、
つまり「LOW」にかけます。

するとその後価格は下がっていき、
バイナリーオプションの締め切り時点では下図のようにヒゲだけを残します。

ボリンジャーバンドとローソク足を使いエントリーするポイント

ざっと説明すると私が取引している時に見ているポイントは基本的に上記の2点のみです。

コツはローソク足のヒゲになりそうなところでエントリーすることなので、
ローソク足の実体部分がボリンジャーバンドの3σを超えたところを狙えるようになりましょう。

理想はローソク足が最終的に形成された時点でヒゲだけが3σを超えている状態です。

ボリンジャーバンドとローソク足を使いエントリーするポイント
ボリンジャーバンドとローソク足を使いエントリーするポイント
ボリンジャーバンドとローソク足を使いエントリーするポイント

もちろんローソク足の実体部分が3σを抜けた状態で終わることもあるので、
この手法を過信して自分の所持金の大半を掛けるようなことはしないでください

いくらエントリーすればいいかについては過去の記事でもお伝えしていますが、
次回以降にも改めて紹介するつもりですので興味がある方はご覧ください。

少し話は変わりますが、
たまに複数の手法やシグナルツールを組み合わせてバイナリーオプションの取引をしている方がいますが正直オススメはしません。

というのも、
いくつ手法やツールを組み合わせたところで勝率が劇的に変わることはありませんし、
むしろルールが複雑になってエントリーがブレてしまう可能性すらあります。

バイナリーオプションに限った話ではありませんが、
取引において取引ルールがブレることが一番のリスクですので、
もしこの記事を読む前に自分で勉強した取引ルールやツールがある方は一度忘れて頂いて、
ここで学んだ手法は別物であることを念頭に置いておいてください。

最後にまとめますと基本的な取引ルールは、

  1. ボリンジャーバンドの3σをローソク足が超えるまで待つこと
  2. ローソク足が3σを超えたら逆張りエントリー(上の3σを超えたらLOW、下の3σを超えたらHIGH)

の2つです。

このほかにも見ているポイントはいくつかありますが、
基礎となるのはこの2点でここはどの取引でも変わらないので、
私の手法を使って取引をしていくのであればしっかり定着させておきましょう。

次回以降は見るローソク足についても解説していきます。

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩