バイナリーオプション入門

ネックラインでチャートパターン分析

ネックラインとは

 

ダブルトップやヘッドアンドショルダー(三尊)などの
相場の転換を示すチャートフォーメーションにおいて引けるラインのことです。
レジスタンス・ライン、サポート・ラインと、混同しますが
ネックラインはローソク足の形から作られる
相場が反転する可能性が高まるポイントに、なります。

 

 

具体的にどのように引くかは次の写真をご覧ください。

 

 

ダブルトップにおけるネックライン

ネックライン1

 

 

逆ヘッドアンドショルダーにおけるネックライン
(逆ヘッドアンドショルダーとはヘッドアンドショルダーを逆さまにした形)

ネックライン2

つまり
ネックラインとはダブルトップの場合は2つの山の間にある谷から引くラインであり
逆ヘッドアンドショルダーの場合は3つの谷の間にある2つの山から引くラインのことを示します。

 

 

ここで皆さん
画像の中に書いてあるリトレースって何?
と疑問に思った方多いと思います。

 

そもそもヘッドアンドショルダー、ダブルトップというのは
上昇トレンドから下降トレンド
下降トレンドから上昇トレンドのように
相場の流れというものが変化(トレンド変換)するときの合図となります。

 

リトレースとは
ネックラインに対しての戻しであり、相場の転換というのをより明確に示してくれます。

 

例えば
ダブルトップにおいて上昇トレンドから下降トレンドに変化したあと
最後にネックラインに対して上昇して
もう上がれないとネックラインに対して反発して下降していくことで
相場が転換したと読み取れるのです。

 

そして
このネックラインはレジスタンス、サポートとして機能しているので
未来にここに当たる時に反発されるのではないか?
と市場に参加しているトレーダー達が予想するポイントになると言う事

 

 

 

 

ネックラインを実際のトレードでどう使うか?

このネックラインは逆張りに使います。

 

方法は2種類あって
1つは先程説明したリトレースで逆張りする方法
もう1つはリトレースした後の未来においてラインに対する反発を狙います。

 

つまり
ラインの扱い方においては上記で説明したライン取り引きと同じです。

 

またこのネックラインは普通のラインと異なり
ヘッドアンドショルダーやダブルトップの形を確認してから引くので
レジスタンスラインやサポートラインと比べて引きやすいと思います。

 

実際に過去検証してみた画像

ネックライン3

このように実際に取引する時は
ネックラインにおいて逆張り反発を狙います。

 

理由は2つあります。

 

1つはリトレースによってサポートだけでなくレジスタンスとしても働くので
レジサポラインとして機能します。

 

したがって
より大勢のトレーダーに意識されやすいラインとなります。

 

もう1つはヘッドアンドショルダー(三尊)またはダブルトップは多くの投資家に意識されます。
したがって
ネックラインを引く際投資家全員が同じ箇所にラインを引く確率が高くなるので
通常のラインと比べて反発しやすいと考えられます。

 

ライン取り引きにおけるレジスタンスライン
サポートラインに加えてネックラインを用いることで
エントリーに対する根拠をより強くしましょう。

 

また
ラインだけで取り引きするのではなくRSIやロウソク足など他の分析と合わせて
根拠を強めてからエントリーすることを強くオススメします

バイナリーオプション攻略の第一歩

自分に合うバイナリーオプション口座の作り方

ボタンをタップで詳細ページ





バイナリーオプション無料LINEセミナー
記事一覧

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

FXbinary情報

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金