投資の基礎知識

投資の基礎知識

投資の基礎知識

投資用語は日常生活では、あまり使うことの無い用語が普通に出てきてしまいます

わかっている人からすると、普通にみんなが知っていると思い込んでしまう程、当たり前の言葉と認識しています

ここでは、いまさら聞けない投資用語の基礎辞典を作りました

ファンダメンタル分析でとても重要な基礎用語なので、必ず理解把握するようにしてください!

消費者物価指数

消費者物価指数(CPI)とは、

消費者が物品やサービスなどを購入する際に小売段階で測定される統計指数のことです。

毎月1回、総務省が発表しています。

日銀が金融政策を行う際の判断材料ともされていますので、市場に与える影響は大きいといえるでしょう。

ちなみに、総務省の定義によると消費者物価指数とは、

「全国の世帯が購入する家計に係る財及びサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定するもの。すなわち家計の消費構造を一定のものに固定し、
これに要する費用が物価の変動によって、どう変化するかを指数値で示したもの。」

とされています。

消費者物価指数は、総合指数の他に以下の3種類に分けて発表されます。

生鮮食品を除いたコアCPI

持ち家の帰属家賃を除いたコアCPI

酒類以外の食料とエネルギーを除いたコアコアCPI

以上の3種類のなかでも特に注目していただきたいのが、

生鮮食品を除いた消費者物価指数(コアCPI)と呼ばれるものです。

生鮮食品の価格は天候などによって大きく左右されるため、CPIの数値がバラついてしまうことがあります。

つまり、コアCPIではより正確な指数を把握しやすいと言えるでしょう。

消費者物価指数を投資ではどう活用する?

消費者物価指数は毎月発表されていますが、

一般的には前年の同月に発表された数値と比較されています。

つまり、2012年の6月に発表された消費者物価指数は、2011年の6月に発表された消費者物価指数と比較されるのです。

また、前年同月比とそれ以降の流れから消費者物価指数の予測値も発表されており、予測値よりも高い数値となれば強気の相場、低い数値となれば弱気の相場に動くでしょう。

また、予測値とほぼ変わらない数値が発表された場合は、相場が大きく動くことはほとんどありません。

バイナリーオプションは通貨為替取引を選択する事が多いと思いますので、
日本国内よりも、アメリカの指数がトレードする際に大きく影響があります

しかし、消費者物価指数が全く影響が無いとも言い切れませんので
バイナリーオプションでも注意は必要です

完全失業率

完全失業率とは、

調査期間中に仕事を探しながらも新しい就職先を見つけられないでいる人数が、労働力人口に占める割合のことです。

労働力人口は、実際に就業している人口と、仕事を探しながらも就業できていない人口数を足して算出されます。

ちなみに、仕事ができる状態にあるにも関わらず、就業先を探していない人口は労働力人口としてカウントされません。

完全失業率は、景気の動向を知るうえで重要な指標とされています。

完全失業率が低ければ低いほど、その分個人の収入が増えるということになりますので、

景気が上向き、もしくは上向きになりつつあるという景気判断に、完全失業率が高ければ高いほど、

その分個人の収入が減少するということになりますので、景気が下向き、もしくは下向きになりつつあるという景気判断になるでしょう。

しかしながら、ひと昔前と比較して、近年では働き方が変わっています。

ご存じの通り、近年では派遣社員として働きたい、もしくは派遣社員でなければ仕事がないという方が増えてきているため、完全失業率が低かったとしても収入がそれほど増加していないというケースも見られるようです。

完全失業率を投資ではどう活用する?

完全失業率は、

無作為に抽出された全国約4万世帯を対象に行われ、毎月1回総務省が発表しています。

完全失業率が高いということは、収入を得ている人口が少ないということを意味するため、個人消費も落ちてしまうでしょう。

つまり、相場にとってはネガティブな要素となります。

逆に、完全失業率が低いということは、収入を得ている人口が多いということを意味しますので、相場にとってはポジティブな要因と言えるでしょう。

ちなみに、完全失業率については事前に予測値が算出されることがあり、その予測値と実測値の差によって相場が変動することが多いようです。

バイナリーオプションとの関連ですが、為替オプションでポジションを取る場合は、日本の失業率よりも、
アメリカの失業率に注意しなくてはいけません

アメリカの失業率が皆の予想に反する時は、大きなトレンドが発生する事が多々あります

トレンドの波に乗る事がバイナリーオプションでもとても重要になりますので
必ず、チェックが必要な部分になります。

ミシガン大学消費者信頼感指数とは

ミシガン大学消費者信頼感指数とは、

消費者マインドを指数化した指標のことであり、アメリカのミシガン大学が実施・発表しています。

消費者マインドを指数化した指標として、

アメリカでは民間調査期間のコンファレンス・ボードが実施している消費者信頼感指数もありますが、

ミシガン大学消費者信頼感指数とコンファレンス・ボードの消費者信頼感指数は

どちらも景気動向を知るうえで非常に重要な指標として考えられているようです。

ちなみに、

ミシガン大学消費者信頼感指数は、毎月第2もしくは第3金曜日に発表されています。

では、ミシガン大学消費者信頼感指数とは、具体的にどのようなことを表しているのでしょうか。

ミシガン大学消費者信頼感指数では、無作為に抽出した500人を対象に、各家庭の雇用状況や家計の状況の電話アンケートを行います。

つまり、アンケートを行った期間において、消費者が感じている景況感などを知ることができるのです。

ミシガン大学消費者信頼感指数の投資への活かし方

ミシガン大学消費者信頼感指数では、無作為に抽出した500人を対象に電話アンケートを実施しています。

一方、コンファレンス・ボードの消費者信頼感指数では約5000人を対象にアンケートを取っているため、

ミシガン大学消費者信頼感指数はコンファレンス・ボードの消費者信頼感指数と比較して数値の不利幅が大きいといえるでしょう。

そのため、ミシガン大学消費者信頼感指数が発表された直後は、相場が大きく動くこともあります。

発表された数値が高いということは、多くの消費者が景気に対して明るく感じているということを意味し、相場はポジティブに動くことが多いようです。

逆に、発表された数値が低い場合は相場がネガティブに動きやすいとされていますので、注意しなければなりません。

特に既にポジションを保有しており、含み損を抱えている場合、ミシガン大学消費者信頼感指数が発表される前にポジションをクローズしておいたほうが安全でしょう。

バイナリーオプションでの注意点は、ミシガン大学消費者信頼感指数が発表されるまでは、
様子を見て、トレンドがどちらに動くのか?

ここを見極めてから、ポジションを取るようにしてください。

バイナリーオプションは、負ける確率を如何におさえる事が出来るか?が、とても重要になります。

規制緩和

規制緩和とは、

政府が設けている公的規制を廃止したり、緩和したりすることを言います。

では、なぜわざわざ規制緩和を行うケースがあるのでしょうか。

その目的として挙げられるのが、

市場競争の自由化です。
(グローバル化などとも言われます)

市場に公的規制を設けた場合、企業が規制に縛られてさまざまな施策を実施できなくなってしまうことがあります。

これは、企業の成長だけでなく、市場の成長をも抑制してしまうものであるため、好ましいものではありません。

ひと昔前では企業の利益などを守るために必要なことだと考えられていたようですが、

現在ではその考えは古いものとして捉えられており、公的規制を利用して既得権益を守ろうとする企業があるということも事実です。

規制緩和を行うことで市場が活性化され、

国際的な競争力を持つ企業の誕生にもつながることがあるため、国にとってはメリットが大きいことだ言われています

規制緩和は良いことばかりではない?

前述したとおり、規制緩和をすることでさまざまなメリットが生じます。

一般消費者にとっても、良い製品やサービスを手頃な価格で購入できるチャンスが増えるということにもつながりますので、消費者の購買意欲が高まり、ひいては景気動向にも大きな影響を与えることになるでしょう。

しかしながら、規制緩和にはデメリットがあるということも忘れてはなりません。

規制緩和が行われるということは、さまざまな企業が市場に参入し、サービスなどの種類も多岐にわたるようになります。

つまり、消費者には選択する自由が増えるということになるのです。

これは一見良いことのようにも思えますが、選択肢が増えるということは、その分誤った選択を消費者がしてしまうことが増えることにもつながるでしょう。

したがって、消費者には自己責任が求められるようになります。

そして、一番の問題は、二極化の進行が進むと言う事です

資本力の大きい国際的な企業は、業績を伸ばして、その他の中小企業は太刀打ち出来ない状態になる事が多いので、
必然的に、二極化が進みます

実は、規制暖和こそが、

投資をしないと負け組になる理由であったりします

大企業で働いていても、ワーキングプアなんて事もある時代なので
勝ち組になる為には、個人では投資をしなければいけない時代とも言えます。

ISM指数

ISM指数は、アメリカの供給管理協会が算出・発表している指標です。

毎月、さまざまな企業を対象にアンケート調査を実施しており、

企業の「新規受注・生産・雇用・入荷遅延・在庫」が前月と比較してどのように変化したかを示しています。

ISM指数には、製造業指数と非製造業指数とがありますが、

バイナリーオプションなどの投資にチャレンジしている方は製造業指数に注目したほうが良いでしょう。

ISM製造業指数は、景気を推し量るうえでも非常に重要とされている指数です。

そのため、

ISM製造業指数が発表されてた直後には相場が大きく動くこともありますので、すでにポジションを保有している方は十分注意しなければなりません。

含み損を抱えている場合はもちろん、含み益が出ている場合でも、リスクヘッジのためにISM製造業指数が発表される前にポジションを精算しておいたほうが良いでしょう。

ISM指数を投資に活かすには?

ISM指数は、アメリカ供給管理協会が毎月第一営業日に発表しています。

300社以上を対象にアンケート調査を実施し、その結果により数値を算出しているのですが、

算出された数値が50%より上にあるか、それとも下にあるかということに注目してください。

ISM指数が50%の場合、景気は停滞していると判断されます。

ISM指数が50%以上の場合は景気に好感が持たれ、相場はポジティブな動きになるでしょう。

逆にISM指数が50%以下の場合は景気の先行きに不安感がもたれるため、相場はネガティブな方向へと動いてしまいます。

ちなみに、アメリカではさまざまな経済指標が発表されていますが、毎月最初に発表される経済指標はISM指数です。

そのため、相場に与える影響も大きくなっていますので、ISM指数が発表される時間帯には十分注意したほうが良いでしょう。

ISM指数は、経済指標になりますので、

バイナリーオプションでも特に為替でポジションを取る場合は注意注目が必要です

指数が予想と離れていた場合は、アップダウンのトレンドが発生します

ISM指数が発表される前後は、様子を見るようにして、ポジションを取らないようにしてください。

株価

株価とは、企業が発行している株式の時価のことを指します。

ご存じのとおり、株価は常に一定の価格をつけているというわけではありません。

企業の経営状況が優れていたり、将来性が期待できるなどの場合は、その企業の株価は上昇する傾向にあります。

逆に企業の経営状態が芳しくなく、将来的にも見込みが薄いと判断された場合は、その企業の株価は下落してしまうでしょう。

言い換えれば、その企業の株価を買いたいと思っている投資家の人数が多ければ多いほど株価は上昇し、すでに株価を保有しており、株式を売却したいと考えている投資家の人数が多ければ多いほど株価は下落してしまうのです。

企業側からすれば、

株価の人気が高くなればなるほどたくさんの投資家から資金を集めることができますので、より積極的な事業展開にチャレンジできると言う事になります。

株式売買のタイミング

株式を売買するタイミングは、投資家によって非常に重要なことです。

タイミングを間違ってしまえば得られるはずの利益が得られなくなるばかりか、最悪の場合は巨額の損失を抱えてしまうことにもなるでしょう。

では、株式はどのタイミングで売買すれば良いのでしょうか。

結論から申し上げると、売買するタイミングをタイムリーに見極めることは難しいといえます。

なぜなら、株式は常に流動しており、まったく同じタイミングはほとんど訪れないためです。

より可能性の高い売買を行うためには、

企業の動向をはじめ株式のニュースやテクニカルチャートなどにも注意を払っておかなければなりません。

株式のニュースによっては株価が一気に上昇したり下落したりする場合もありますので、すでに株式を購入している場合は特に注意しておいたほうが良いと言う事です。

バイナリーオプションでも、株価でポジションが出来るようになっていますので、
株式でトレードをする場合は、株価の推移のチェックがとても重要になります。

バイナリーオプションでの株価の攻略法としては、
特定の会社の株価を追いかけると言う事が大事になります。

株価でのバイナリーオプションも面白い部分が多くありますので是非チャレンジしてみてください!

景気動向指数

景気を推し量るための指数には、たくさんの種類があります。

指数によってそれぞれ特徴も異なっているため、景気全体の動きを把握するためにはすべての指標を知っておかなければなりません。

いくら優れた投資家でも、すべての指数を頭にインプットするということは至難の業だと言えるでしょう。

そのような時に役立つのが、景気動向指数です。

景気動向指数とは、

景気の動向を表している指数をまとめ、ひとつの指標にした指数のことを指します。

景気全体の動向を知るためには、非常に便利な指数と言えるでしょう。

景気動向指数は、あらゆるジャンルの産業から29項目の景気指標を基にして算出されています。

また、景気動向指数には先行指数・一致指数・遅行指数の3種類があるということも覚えておきましょう。

先行指数は将来的な景気の動向を予測する指数、一致指数は現在の景気動向をそのまま表している指数、遅行指数は現在の景気動向より遅れて表される指数のことです。

特定の企業の株式を購入している場合には役立たないこともありますが、投資家であれば景気の動向には常にアンテナを張っておくことをおすすめします。

景気動向指数を投資に活かすには?

景気動向指数は、景気全体の動きを表している指数のことです。

日本では内閣府が発表しています。

特にバイナリーオプションやFXにチャレンジしている投資家は、景気動向指数に注目したほうが良いでしょう。

景気動向指数がネガティブな数値であれば相場も同じようにネガティブな方向に、景気動向指数がポジティブな数値であれば相場もポジティブに動くことが多くなっていますので、景気動向指数の発表時にはご注意ください。

ちなみに、景気動向指数は毎月発表されています。

FXで長期保有を狙っている投資家は前年同月比を、バイナリーオプションなど短期の投資スタイルを取っている方は前月比を参考にすると良いでしょう。

景気動向指数によって、株価の変動や、為替のトレンドが連動して発生しますので注意が必要と言う形になります。

経済成長率

経済成長率とは、

その名称とおり景気の成長具合、もしくは低迷具合を数値化している指標のことです。

経済成長率が高ければ高いほど景気が好感されていることを示し、逆に経済成長率が低ければ低いほど景気の先行きに不安があるということを示しています。

経済成長率は、景気の動向を推し量るうえで最も基本的な経済指標だと言って良いでしょう。

ちなみに、経済成長率は複数の経済予測機関が算出し、発表しています。

その算出の際に用いられているのが、実質GDPです。

また、

経済成長率は金利の動向を探るうえでも重要な指標だと考えられています。

経済成長率が高い数値を示している場合、投資をすることでリターンも大きくなりますので、多くの投資家が市場に資金を投入します。

つまり、経済成長率が高ければ金利の上昇が期待できるのです。

一方、経済成長率が低い数値を示している場合、投資をすることでリターンも少なくなりますので、市場から資金が逃げていってしまい、金利が下落する可能性が高いといえるでしょう。

経済成長率を投資に活かすには?

前述したとおり、経済成長率は金利の動向を予測するためにも用いられている指標です。

金利の増減は、市場に大きな影響を与えます。

経済成長率が高くなればその分金利の上昇が期待できるため、投資する絶好のタイミングだといえるでしょう。

しかしながら、経済成長率が低ければ金利がダウンしてしまうリスクがありますので、投資は見合わせたほうが良いかもしれません。

また、経済成長率は国によって異なっています。

ひとつの国の経済成長率が低くても、他の国の経済成長率は高い場合もあるため、ひとつの国だけでなくいろんな国の経済指標にアンテナを張っておいたほうが良いでしょう。

バイナリーオプションでトレードをする場合は、特にアメリカの経済成長率に注意しなければいけません

大方の予想に反する指標が発表された場合、大きなトレンドが発生するようになっています

これは、
取り扱いを間違うと、大損害の元になりますし、

逆に、波を読めば、大きなチャンスとなりますので

バイナリーオプションでもしっかりとした、確認が重要になります。

鉱工業生産指数

ご存じのとおり、産業にはさまざまな種類があり、農林水産業をはじめ、鉱業、建設業、製造業、卸売業、小売業、金融業、サービス業などに分かれています。

鉱工業生産指数とは、

これらの産業のうち鉱業と一部の製造業が生産している量を指数化した経済指標のことです。

鉱工業生産指数は、企業の生産動向を把握するうえで最も重要な指標とされています。

鉱工業に属している企業の生産量が増えれば、その分商品が売れているということにつながりますので、企業の景気は上向きにあると言えるでしょう。

逆に、企業の生産量が減少すれば、その分商品が売れずに在庫を抱えている状態だと判断されるため、企業の景気が低迷していると考えることができます。

ちなみに、鉱工業生産指数を発表しているには、経済産業省です。

鉱工業生産指数を投資に役立てるには?

鉱工業生産指数は、景気動向を知るうえでも非常に重要な指数だと考えられています。

鉱工業生産指数が発表されるのは、翌月末です。

例えば、5月に行われた鉱工業生産指数の調査は、翌月6月末に発表されることとなっています。

ただし、翌月末に発表される鉱工業生産指数は速報値であり、正確な数値ではありません。

正確な数値が発表されるのは、翌々月の中旬となります。

速報値と確報とで大きな剥離があった場合は、相場が大きく動くことが多くなっていますので、十分注意したほうが良いでしょう。

また、速報値と確報で大きな差がなかった場合、確報が発表された後でも相場が大きく動くことはほとんどないようです。

ちなみに、

鉱工業生産指数の速報値が発表されるのは午前8時50分、確報値が発表されるのは午後1時30分となっています。

この時間には、相場に大きな動きがないか目を離さずにチェックすることをおすすめします。

鉱工業生産指数で相場が動く時は、
株価につられて、為替相場も変動がありますので、

バイナリーオプションを行う際にもチェックが必要となります。

トレンドの流れが変わりますのでバイナリーオプションでも要チェックと言う事になります。

国民総生産

国民総生産(GNP)とは、

国の経済規模を測るための指標のことです。

国民に力により生産された生産額のことと考えれば分かりやすいのではないでしょうか。

「国民」という表現が用いられていますが、

当該国の国籍を所有していれば、海外で生産した生産額も国民総生産に含まれます。

ただ、最近では国民総生産はあまり重要視されなくなってきました。

なぜなら、国民総生産では海外で生産された生産額も含まれているため、純粋に国内の利益を推し量ることができないためです。

そこで、

近年では国内総生産(GDP)が主に用いられるようになっています。

国内総生産では、純粋に国内で生産された金額を元に算出されていますので、どれだけ国の利益に寄与したかが分かるでしょう。

ちなみに、最近では国内総生産に代わって国民総所得 (GNI) が用いられることも多いようです。

国民総生産(GNP)のランキング

世界銀行によって、国民総生産(GNP)の国別ランキングが発表されています。

毎年ダントツの一位を記録しているのは、アメリカ合衆国です。

アメリカ合衆国の国民総生産は、(単位は十億USドル)2008年が14,506.142、2009年が14,223.686、2010年が14,600.828となっています。

我が日本というと、

2008年には4,853.005でアメリカ合衆国に次いで2位にランキングされていましたが、

2009年は4,785.450で第3位、2010年も5,369.116で第3位となっており、成長著しい中国に追い抜かれてしまいました。

ちなみに、中国の国民総生産は2008年が4,042.883、2009年が4,857.623、2010年が5,700.018となっており、日本との差を広げつつあります。

バイナリーオプションでトレードする場合も、GNP、GDPの指標発表時は注意をしてください

発表によって、トレンドが発生する場合も多いに考えられるのです。

インフレーション

インフレーションとは、

物価が上昇し続ける現象のことを言います。

略してインフレと呼ぶことが多く、誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

モノやサービスの価格は、需要と供給のバランスから成り立っています。

インフレーションでは、供給量が需要より少なくなることでモノやサービスの価格が上がってしまうため、消費者の購買意欲が減退する原因になると言えるでしょう。

消費者の購買意欲が減退すれば、その分モノやサービスは売れなくなってしまいますので、製造側はさらに供給量を減らすことにより経営のバランスをとっていきます。

しかしながら、さらに供給量が減ると逆に価格は上がってしまうため、インフレーションはますます加速してしまうのです。

ちなみに、供給が需要を超えると、モノやサービスを価格を下げなければ企業は在庫を抱えてしまうことになります。

このことをインフレーションとは逆にデフレーションと言いますので、覚えておきましょう。

インフレーションを解消するには

インフレーションを解消するためには、供給が需要を上回るようにしなければなりません。

つまり、企業がモノやサービスの生産量を増やすことがインフレーション解消には重要なのです。

しかしながら、企業側からしてみれば、生産量を増やしたところで売れなければ意味がありません。

逆に赤字を抱える事態になってしまうこともあるでしょう。

そこで、インフレーションを解消するために金融・財政の引き締め政策がとられます。

政策金利や公定歩合の引き上げ、財政支出の削減や増税などを行うことは、インフレーションの解消に大きな効果があると言われていますので、覚えておきましょう。

ただ、過剰にやりすぎると逆にデフレーションへと陥ってしまうリスクも考えられます。

近年の日本は慢性的なデフレーションなのですが、そこで増税などをするので、
当面はデフレーションから抜け出す事は難しいと言うのが、現状です。

デフレーションの場合、物価は下がる可能性はありますが、

それ以上に所得が下がる可能性の方が高いのです

そのまま流れに身を任せるだけなら、ワーキングプアになってしまう確率が高いので

是非、バイナリーオプションを勉強して、投資で生活出来るスキルを身につけましょう。

スタグフレーション

スタグフレーションとは、

景気が停滞してるのインフレーションの状態が続く現象のことを言います。

インフレーションになるとモノやサービスの価格が上昇し続けるため、
消費者の購買意欲が減退し、結果的には企業の利益も減ってしまうでしょう。

そのため、
インフレーションを改善するためにさまざまな施策が取られるのですが、

施策がうまくいくと景気が停滞状態になり、モノやサービスの価格も落ち着きを見せ始めます。

しかしながら、

スタグフレーションになると景気が停滞した状態でもモノやサービスの価格が上昇し続けてしまうのです。

スタグフレーションでは、
物価は上昇するのに給料は減少してしまうという悪循環となってしまいます。

この事は、

ハイパーインフレなどの一部の特殊な状態を除いて、

最悪に近い状況と言えます

そして、2015年の日本も増税などの悪政により、
デフレーションを経過して、スタグフレーションに突入する様子を呈している状態です

対策としては、

各個人が、しっかりと、投資などのスキルを身につけて、自分を守る必要が有ると言う事になります。

バイナリーオプションは投資初心者で資金があまり無い人でも出来る投資なので
しっかりと勉強するつもりで挑んでください。

まずは、ここが重要です。

スタグフレーション・インフレ・デフレの違い

スタグフレーションとインフレーション、デフレーションにはそれぞれ特徴があります。

以下でそれぞれの特徴を説明していますので、参考にしていただければ幸いです。

スタグフレーション

スタグフレーションでは、物価は上昇し続ける一方で賃金は下落するという悪循環になります。

賃金が下落すると消費者の購買意欲が減退するため、企業の収入は落ち込み、ひいては国の税収まで減ってしまうでしょう。

インフレーション

インフレーションは、需要が供給を上回ることにより、モノやサービスの価格が上昇し続ける状態のことを言います。

インフレーションになると消費者の購買意欲が落ちてしまいますので、結果的には景気が減退していくことになるでしょう。

デフレーション

デフレーションは、供給が需要を上回ることにより、モノやサービスの価格が下落し続ける状態のことを言います。

デフレーションになると消費者の購買意欲は高まりますが、モノやサービスの価格が落ちることにより企業の利益が落ち込んでしまうでしょう。

すると企業で働く社員の給与も削減されてしまいますので、結果的には景気の減退へとつながります。

其々、特徴があるのですが、

現代資本主義世界で一番理想とされるのは、

緩やかなインフレーションと言われています

GDP成長率

GDP成長率とは、

簡単にいえば経済の成長率のことです。

経済の成長率を示す指標はその他にもたくさんありますが、最も多く用いられているのがGDP成長率といえるでしょう。

GDPは生産面、分配面、支出面のいずれからも測定することができますが、なかでも特に速報性が高いと言われているのが支出面からのアプローチです。

支出の項目を個人消費・住宅投資・民間設備投資・在庫投資・政府消費・政府投資・純輸出に分け、それぞれの伸び率を予測することでGDP成長率の予測値が計測されます。

GDP成長率は、四半期ごとに発表されていますが、

大切なのは前年の同月に発表されたGDP成長率と比較することです。

GDP成長率を投資に活かす!

前述したとおり、GDP成長率は四半期ごとに発表されています。

長期にわたってポジションを保有する投資にチャレンジしているトレーダーの場合、年に一度だけGDP成長率に注目すれば良いかもしれません。

しかしながら、

バイナリーオプションなどの短期トレードにチャレンジしているトレーダーの場合、

四半期すべてのGDP成長率に注目したほうが良いでしょう。

なぜなら、GDP成長率が発表された直後には、市場が大きく動く可能性があるためです。

市場が一時的に動くだけではなく、その後の流れまで変えてしまう場合もありますので、もし自分の予想に反した動きとなった場合には、早めにポジションをクローズしたほうが良いかもしれません。

また、日本やアメリカのGDP成長率だけでなく、

最低でも主要国のGDP成長率にも注目することをおすすめします。

ご存じの通り、それぞれの国は輸入や輸出などにより密接に関係しており、輸出・輸入先のGDP成長率によっては自国にも大きな影響がもたらされることもあるのです。

特にヨーロッパ諸国やオーストラリア、成長著しい中国などのGDP成長率はチェックしておきましょう。

バイナリーオプション投資の際も、GDPが発表されるとタイミングでトレンドが変わる確率が高いので、
GDP発表のタイミングは様子を見る必要があります

バイナリーオプションはFXと違い、早くにポジションをおさえる必要はありませんので、
指標が発表されるタイミングで勝負を賭ける必要はありません

ファンダメンタルの影響があると考えられるタイミングではすべて様子見で問題ありません。

ナスダック総合指数

ナスダック総合指数とは、

簡単にいえば全米証券業協会(ナスダック)で取引きされている銘柄の時価を平均した数値のことです。

ナスダックで取引されている上位銘柄のほとんどはIT関連企業やハイテク企業の株が多いため、特にその業界の動向を知るうえで重要な指数として考えられています。

ナスダックで取引されている上位銘柄(2010年7月現在)は、1位がIPhoneやiPadなどの開発・販売で世界的に知られているアップル、2位がマイクロソフト、3位がシスコシステムズ、4位がオラクル、5位がインテル、6位がグーグル、7位がクアルコム、8位がアマゾンドットコム、9位がアムジェン、10位がテバ・ファーマシューティカルです。

ちなみに、2004年の1月1日より前に他のアメリカ市場に上場している企業は、ナスダックに上場することができません。

また、

日経平均においてもナスダックは重要な要素となります。

日経平均の上位銘柄の多くはハイテク関連株が多いため、ナスダックの動向に左右されることが多々見られるようです。

したがって、株式投資やバイナリーオプションにチャレンジしているトレーダーは、ナスダックの動向にも目を向けておいたほうが良いでしょう。

ナスダック総合指数を投資に活かすには?

ナスダック総合指数は、特にハイテク関連株やIT関連株の動向を知るうえで大きな要素となります。

日経平均に与える影響も多いため、
特にハイテク関連株やIT関連株を保有している方は、ナスダック総合指数にも注目しておいてください。

また、
バイナリーオプションのチャレンジしている方も、ナスダック総合指数には要注目です。

ナスダック総合指数の数値によっては大きな利益を獲得できる場合もあるますので、テクニカルチャートを活用するなど常に動向を把握しておきましょう。

ナスダック銘柄はバイナリーオプションでもオプションの指定となる事が多いです。

為替と違いトレンドが発生すると大きく動く事がありますので
チェックしておくのも無駄にはならない筈です。

日経平均株価

日経平均株価とは、

東京証券取引所一部に上場している銘柄のうち、225銘柄を対象にしたダウ式平均株価のことです。

株式市場の動向を表す代表的な指標としても知られています。

ちなみに、

日経平均株価は日経平均、日経225と呼ばれることもありますので、覚えておきましょう。

日経平均株価の対象となる225銘柄は、日本経済新聞社の基準で選定されています。

もちろん、常に同じ銘柄が対象となっているわけではありません。

同じ銘柄ばかりが対象となっていると日経平均株価の数値が一定の業種に偏ってしまうというリスクがありますので、日本経済新聞社では業種のバランスも考えながら定期的に銘柄を選定・入れ替えしています。

したがって、銘柄の入れ替えが実施された際は、日経平均株価の数値が連続しない場合もあるため、過去の数値とは単純比較できないとされているようです。

日経平均株価を投資に活かすには?

日経平均株価は、株式投資やバイナリーオプションにチャレンジしているトレーダーは特に注目したほうが良いでしょう。

日経平均株価は日本の景気動向を表しているため、市場の流れを読み取るための大きな要素となります。

日経平均株価が高くなれば景気動向も上昇へ、逆に日経平均株価が低くなれば景気動向も下降へ向かうと考えられていますので、投資の際の参考にしてください。

また、

景気の動向を把握するためには、日経平均株価だけでなく東証株価指数(TOPIX)にも注目することが大切です。

ちなみに、
日経平均株価は東京証券取引所一部に上場している銘柄のなかから、

日本経済新聞社が225銘柄を選定して算出していますが、東証株価指数は東京証券取引所一部に上場している全銘柄が対象となって算出されています。

バイナリーオプションでも日経平均でポジションが取れるようになっています

為替とはまた違った動きをしますが、
日経平均を追い続ける事で、テクニカルチャートを使い安定した結果を出すことがバイナリーオプションでも可能になります。

BRICs

BRICsとは、

経済発展が著しい新興国のブラジル、ロシア、インド、中国の4ヵ国のことです。

それぞれの国の頭文字(Brazil、Russia、India、China)を取って名付けられており、今最も注目を集めている国といっても良いでしょう。

BRICsの特徴は、
国土が広く、天然資源を豊富に有しているということです。

また、BRICsの人口は全世界の人口の半分近くを占めているといるにも関わらず、名目GDPは世界の約8%程度にとどまっています。

これは、今後成長するポテンシャルを秘めているといえるでしょう。

実際に、大手企業のなかにはこれらの新興国に積極的に投資などをしているようですので、以下に今後の発展が期待されているということがおわかりいただけるのではないでしょうか。

ちなみに、BRICsという単語は、世界的に有名な投資銀行「ゴールドマン・サックス」でエコノミストとして活躍しているジム・オニール氏が命名したとされています。

ただ、

現在では上記の4ヵ国に南アフリカ共和国(South Africa)も加わっています。

そのため、BRICsはBRICSと表記されるようになったようです。

ブローカー

ブローカーとは、

株式や債券の取引を仲介するために存在している機関のことです。

買い手と売り手の間に入り、両者の売買を成立させるためのサポートをする機関といえば分かりやすでしょう。

基本的に、ブローカーは仲介業務です。

したがって、企業などからの委託がなければブローカー自ら行動することはほとんどありません。

逆をいえば、企業などから依頼があったときに動きますので、ブローカーにとってのリスクは少ないということが言えるでしょう。

ちなみに、ブローカーは売り手と買い手の取引が成立した場合に、手数料(ブローカレッジ)を受取ります。

日本では、上田ハーローがブローカーとして有名です。

個人投資家にブローカーは関係ある?

ブローカーは、基本的に売り手と買い手を結びつけ、取引を成立させるためにさまざまサポートを行っています。

ブローカーが相手にしている売り手と買い手のほとんどは、銀行です。

つまり、ブローカーの得意先は銀行であるということが言えるでしょう。

一般的に、

この市場のことをインターバンク市場と呼んでいます。

しかしながら、個人投資家の場合は、あまりブローカーのことを知らなくても良いかもしれません。

個人投資家がブローカーと直接接触することはほとんどないため、ブローカーとはどのような業務をしているところなのかということを抑えておくだけで良いでしょう。

個人投資家の場合、証券会社選びにまずは注力すべきです。

証券会社によってサービス内容が大きく異なっており、自分のトレードスタイルに合った証券会社を選ぶことで、より効率的に利益を挙げられる場合もあるかもしれません。

ほとんどの証券会社ではキャンペーンを実施しており、新規で口座を開設するとさまざまな特典を受けられるようになっていますので、特典も合わせて考えても良いでしょう。

バイナリーオプションの場合は、海外バイナリーブローカーを選ぶ場合は、どの国の金融庁の許認可を得ているか?
この部分がとても重要になります。

ヘッジファンド

バイナリーオプションやFXなどの投資にチャレンジしていれば、必ず一度はヘッジファンドという言葉を耳にすることになるでしょう。

では、ヘッジファンドとはいったいどのようなものなのでしょうか。

ヘッジファンドとは、

簡単にいえば機関投資家や富裕層など資金を潤沢に保有しているとされるところから多額の資金を集め、金融派生商品などを運用するファンドのことです。

ヘッジファンドの目的は、資金をどれだけ増やせたかということに限ります。

つまり、大きなリターンを手に入れやすいといえるでしょう。

ちなみに、ヘッジファンドには誰でも参加できるというわけではなく、最低投資単価が定められている場合がほとんどです。

その額も一般的な投資額と比較すると巨額になっていますので、富裕層などがメインとなっているのでしょう。

また、ヘッジファンドの多くは税金のかからない、もしくは優遇されているオフショア地域にファンドの籍をおき、活動自体はそれぞれの国の金融拠点となっているケースが多いようです。

ヘッジファンドの参入に要注意!

バイナリーオプションやFXなどをやっていると、急激に価格が大変動することがあります。

特に大きな経済ニュースや経済指標などが発表されていないにも関わらず相場が大きく動いたときには、ヘッジファンドが売買を行ったが考えたほうが良いでしょう。

前述したとおり、ヘッジファンドは巨額の資金を市場に投入します。

そのため、ヘッジファンドが売買を行うと、相場が大きく荒れてしまうケースが多いのです。

ヘッジファンドがいつ取引を成立させるのかは、うかがい知ることができません。

そのため、急激な変動が見られ、保有しているポジションの含み損が増えてしまった場合は、なるべく早めにポジションをクローズしたほうが良いでしょう。

バイナリーオプションでももちろんヘッジファンドの動きは影響はありますが、
ヘッジファンドの動きをファンダメンタル分析で把握するのは難しいと思います

テクニカルチャートでおかしな動きをしている時などは超注意です。

マクロ経済

マクロ経済とは、

一国の経済全体を見る経済学のことです。

経済の三態と言われている政府・企業・家計の経済状況を総合的に捉えることで、経済を活発化するための方法を模索するためにも用いられています。

マクロ経済を代表する経済指標として挙げられるのが、GDP成長率や消費者物価指数などです。

簡単にいえば、国全体の経済がどのような状況にあるのか、国の経済を良くするためにはどのようなことをしなければならないのか、ということです。

逆に、細かい経済状況などはミクロ経済とされています。

投資でマクロ経済は有効?

マクロ経済は、一国の経済状況を知るためには非常に効果的だといえるでしょう。

しかしながら、国全体の経済の流れを分析するために用いられることが多くなっていますので、バイナリーオプションなどの短期の投資スタイルにはあまり向かないと言えるのかもしれません。

ただ、経済の流れを探るためには有効な手段なため、市場の大きな流れを元にしてトレードするためには欠かせないといえます。

ちなみに、株式投資や長期保有のFXにチャレンジしている投資家は、マクロ経済については知っておいたほうが良いでしょう。

ただ、マクロ経済を詳しく知らなかったとしても、テクニカルチャートの分析手法を確立していれば、それほど困りません。

逆に、マクロ経済で分析できる市場の動きは、テクニカルチャートに凝縮されているとも言えます。

したがって、投資にチャレンジする方は、マクロ経済よりも先にまずはテクニカルチャートの分析手法を身に付けることが重要です。

テクニカルチャートの分析が正しくできるようになれば、リスクを軽減しながらさまざまな投資で継続して利益を出せる可能性も高くなるでしょう。

しかし、

バイナリーオプションでは、マクロ経済はあまり必要としないかも知れないですが、
マクロ経済を勉強すると面白い事もわかってきます

それは・・・現在の資本主義経済が如何に懐疑的で詐欺的とも言える作りをしていて、
各国政府の政策も、国民の為の政策よりも、大企業や大資本家の為の政策を行っていると言う事実がわかるようになります

ミクロ経済

ミクロ経済とは、

国単位の経済をみるためではなく、企業や家計など個別の主体を対象としてみる経済学のことです。

逆に一国の経済をみるためにはマクロ経済が用いられています。

ミクロ経済学では、個人や企業の具体的な活動に着眼し、

物価変動のメカニズムを分析していきます。

つまり、生産者・企業・消費者・個人の経済状況を把握するための用いられているのです。

ミクロ経済を活用すれば、企業がどのように価格設定していけば消費者に受け入れらるかということが判断できるようになります。

したがって、ミクロ経済を取り入れることで企業の経済活動がスムーズになるといえるでしょう。

ミクロ経済は投資に役立つ?

ミクロ経済は、投資に活かすことができるのでしょうか。

結論から申し上げると、ミクロ経済学を学んでおけば、株式投資に役立てられるといえます。

前述したとおり、ミクロ経済は企業の経済活動をスムーズにするためにも用いられています。

つまり、企業が定められたマーケットで最大の利益をあげるためには、ミクロ経済が欠かせないのです。

ミクロ経済を知っておけば、企業がどのようなマーケット活動を行うのかを予測できるようになるでしょう。

ただし、ミクロ経済を学んだからといって、必ず投資で利益を獲得できるというわけではありません。

ミクロ経済を学んで利益を必ず獲得できるなら、誰しもがミクロ経済を積極的に学んでいるはずです。

したがって、あくまで参考のためとして学んでおくことが大切だといえるでしょう。

ちなみに、FXで長期にわたってポジションを保有する場合は、ミクロ経済を知っていてもあまり意味がないかもしれません。

長期にわたってポジションを保有する場合は経済全体の流れを把握することが大切ですので、ミクロ経済よりもマクロ経済を学んでおいたほうが良いでしょう。

バイナリーオプションにおいてもミクロ経済はあまり必要としない学問と言えます

バイナリーオプション投資から株式投資などに移行した時は長期ポジションを取る投資などで有効な知識になるでしょう。

有事のドル買いとは

有事のドル買いとは、戦争などが起こった際にドルを購入することを言います。

では、なぜ戦争などが起こればドルが買われるのでしょうか。

その理由として挙げられるのが、

ドルは世界の基軸通貨であるということです。

そのため、安全性が非常に高いと言われているため、万が一の時に備えてドルが買われる現象が発生します。

ちなみに、有事のドル買いが発生した際には、為替市場は円安方向に傾きやすいといえるでしょう。

ただし、

アメリカ合衆国が他国から攻撃を仕掛けられたり、アメリカ国内で大規模な自然災害が発生した場合などは、有事のドル売りが起こりがちです。

これは、アメリカが復興するため多額の費用が必要だと考えられるため、破綻する恐れのあるアメリカドルを手元に置いておくと大きな損失を被ってしまう恐れがあるからだといえるでしょう。

有事のドル売りが発生した場合は、為替市場は円高方向に傾きやすくなります。

有事の際には円高に注意?

有事とは、戦争や自然災害などのことを指します。

有事が起こった際には円高に傾きやすいと言われていますが、これはアメリカドルが売られる、もしくは日本円が買われるためです。

特にアメリカ国内で大規模な自然災害などが発生した場合には、アメリカドルが大量に売られることがありますので、投資をしている方は十分注意したほうが良いでしょう。

また、

近年では有事の際に円が買われることも多くなっています。

これは、他の通過と比較して円の安全性が高いと言われているためです。

実際に、有事が起こった際には円を購入するという投資かも多いため、有事の際には大きく円高に傾いてしまうでしょう。

しかしながら、日本円は安全性が高いとは言われていますが、今後はどうなるか分かりません。

日本は多額の国債を抱えている現状となっており、学者のなかにはギリシャのように将来的に経済破綻の恐れがあると考えている方もいらっしゃるようです。

と、言っても、日本の国債は日本国内で売られている事が殆どなので、実際に日本が経済破綻する確率はとても少ないのですが、
各省庁の予算を増やすための手段で、増税などを行う時に、負債問題がアナウンスされる仕組みになっています。

どちらかと言うと、日銀がどれだけ円を発行するか?

こちらの方が円安理由になる仕組みになっています。

バイナリーオプションでもドルの行方は常に追いかけなくてはいけません

世界の通貨の値段は、常にドルに対して行われているのでドルの動きが全通貨の動きと連動しているからです。

流動性リスク

流動性リスクとは、

保有している株式などが希望の価格で売れないリスクのことを言います。

たとえば、A社の株式が100株あるとしましょう。

その100株を10人がそれぞれ10株ずつ保有している場合と、2人がそれぞれ50株ずつ保有している場合とでは、株を売却した際の値動きが大きく異なります。

2人がそれぞれ50株ずつ保有している場合のほうが、株価の変動幅は大きいといえるでしょう。

もし、自分が株を売却する直前に他の投資家が売却していたとします。

そのようなケースでは、売却直前で株価が異なってしまう恐れがありますので、自分が思っている価格で売れないこともあるのです。

流動性リスクがゼロになるということは、まず有り得ません。

同じ株式などを購入している投資家が他にいれば、必ず流動性リスクは発生しているのです。

年末の投資は要注意?

FXにチャレンジしている方の場合、

年末の投資には注意したほうが良いと言われています。

実際に年末にFXをやったことがあるという方なら経験があるかもしれませんが、

通常は1pipsずつ変動するところが、年末になると一気に2pips以上変動するケースがあるでしょう。

これは、為替市場に投入されている資金が少なく、流動性リスクが高くなっているためです。

したがって、通常日の取引と比較して年末の取引では希望する価格で売買できないケースが多々発生します。

場合によっては損失を被ってしまう恐れもありますので、年末に取引される際は特に注意したほうが良いでしょう。

また、ここでは年末に限定して説明していますが、基本的に取引の絶対量が少ない時には流動性リスクは非常に高くなっています。

もちろんバイナリーオプションや株式投資でも同じことがいえますので、十分ご注意が必要になりますが、

バイナリーオプションの場合は、短時間のトレンドの波をおさえる事で
High、Low取引などでは、予想が簡単になる場合もありますので、

指標発表時のように様子見でなく、トレンド分析を行った上でポジションを取る事をお勧めします。

量的緩和

量的緩和とは、

簡単にいえば日銀が世間に出回るお金の量を増やし、その分のお金で企業などに設備投資などを促す金融政策のことです。

2001年3月以前には、日銀が金利を上げたり下げたりすることにより、景気のバランスをとっていました。

しかしながら、不景気のなかで低金利政策を長期に渡って実施しても、効果が表れなくなってしまったのです。

そこで、2001年3月からお金の量を調整することで景気のバランス調整を狙う量的緩和が実施されるようになりました。

もともとは量的緩和をのちのちに解除し、低金利政策にもどすことを目的として実施されていますが、現在でも量的緩和は継続して行われています。

では、なぜ量的緩和を今やめたら、本当に景気が悪化してしまうでしょうか。

それは、誰にもわかりません。

しかしながら、ゼロ金利政策を実施していた過去では、ゼロ金利政策を解除するタイミングを誤ってしまい、多くの企業が倒産してしまうという事態を日本は経験しています。

そのため、日銀では景気を慎重に見つめながら、量的緩和を継続しているのです。

量的緩和はいつまで続く?

量的緩和がいつまで続くかということは、誰にもわかりません。

前述したとおり、量的緩和を今やめてしまえば景気の後退を招く恐れもあると言われています。

日銀では、お金の流通量をどの程度まで引き下げるか、いつ頃に量的緩和を解除するかという点について議論されていますが、その結論はまだ出ていないと言ってよいでしょう。

リーマンショックにはじまり、ギリシャ問題などさまざまな懸念も継続しています。

量的緩和が解除されるのは、それらの金融不安がすべてクリアになってからなのかもしれません。

ひとまずは、日銀が量的緩和をどのくらいまで引き下げるのか、もしくは引き上げるのかという点に注目すると良いでしょう。

アベノミクスなどと呼ばれた政策も、内容は量的暖和を増やした形になりましたが

日銀が市中銀行にお金を発行する事で、紙幣の全体量を増やすことで、

円の価値が下がり、円安状態になります

円安になると、海外投資家から見た、日本の株価が割安になりますので、
日本の株価が上昇したと言うのが、アベノミクスのカラクリです

デフレ状態が解消されない限り、国民の購買意欲は強くなりませんので

増やしたお金は、すべて投資世界で吸収してしまうと言う結果が続きます

要するに、投資をしない限り量的暖和の恩恵に携わる事は難しいと言うのが現状なのです

今まで投資をして来なかった人は、

バイナリーオプションを通して投資世界に参入する事をお勧めします。

REIT

REITとは、

不動産を運用対象とした投資信託のことです。

これまでの投資信託といえば、主に有価証券のみが対象となっていました。

つまり、不動産は投資信託の対象になっていなかったのです。

平成12年11月に投資信託法が改正されたことにより、不動産を対象とした投資信託も可能になりました。

REIT(Real Estate Investment Trust)については、すでにアメリカで行われていた投資信託でもあるため、

日本国内のREITはJ-REITと呼ばれることが多いようです。

REITは、投資家から集めた資金で賃貸物件を購入し、購入した賃貸物件で得られる家賃収入などを投資家に分配する仕組みとなっています。

賃貸物件を運営するのは不動産投資法人となっていますので、投資家は不動産投資についての知識を有している必要はありません。

また、不動産投資法人は配当可能利益の90%以上を投資家に分配すれば、

その分配金にかかる税金は免除してもらえますので、より多くの分配金を配布することが可能になっています。

REITと株式投資、どっちがお得?

REITと株式投資のどちらにチャレンジしようか迷っている方もいらっしゃるかもしれませんが、それぞれで特色が異なります。

まず株式投資についてですが、株式投資では大きな損失が発生するリスクがある一方で、大きなリターンを得られるというメリットもあります。

一方のREITでは、損失のリスクが非常に少ないうえに安定的な利益が期待できるでしょう。

しかしながら、REITでは株式投資のように大きな配当金は期待できないかもしれません。

REITと株式投資に関わるリスクとリターン、どちらを重要視するかによって選ぶと良いでしょう。

また、リスクヘッジのために両方ともチャレンジすることもひとつの手です。

バイナリーオプションでは、REITは取引できませんので、バイナリーオプションにおいてREITは気にする必要はありません。

レバレッジ効果

レバレッジ効果とは、

少ない資金で大きなリターンが期待できる仕組みのことをいいます。

たとえば、1株が100万円で販売されていたとしましょう。

当然のことながら、1株を購入するためには100万円を用意しなければなりません。

しかしながら、多くの個人投資家にとって、100万円という金額は非常に高額です。

そのため、株の購入を見合わせるというケースも出てくるでしょう。

このような場合に役立つのがレバレッジです。

レバレッジが100倍に設定されていたとすると、

1円で100円分の株を購入できるという計算になります。

つまり、100万円の株を1株購入するには、1万円だけ用意すれば良いのです。

これなら個人投資家でも気軽に投資にチャレンジすることができるでしょう。

また、少ない資金で高額の利益を獲得できるというメリットもあります。

レバレッジは使わないほうが良い?

前述したとおり、レバレッジを利用すると少ない資金で大きなリターンが期待できます。

しかしながら、投資に失敗してしまうと、

その分高額の損失を被ってしまう恐れがありますので、十分注意しなければなりません。

レバレッジは時として有効ですが、同時に刃にもなってしまうのです。

実際に、高いレバレッジをかけて投資に失敗してしまい、自己破産にまで陥ってしまった個人投資もいらっしゃいます。

ちなみに、以前では200倍までレバレッジを使うことができましたが、

破産する個人投資家が増えてきたということで2011年にはレバレッジの上限が25倍まで引き下げられました。

その為、FXで高いレバレッジを使いたい場合は、海外FX会社を利用するか、投資法人を作る必要があります。

レバレッジを活用すれば、確かに効率的な投資も実現するかもしれません。

ただし、リスクが大きいということを常に頭においておき、リスクヘッジのための対策をとっておくことが大切だといえるでしょう。

バイナリーオプションについては、レバレッジは全くありません

その為、バイナリーオプションは初めから投資に失敗した金額が確定しています

なので、投資初心者にも安心安全な投資と言われています。

ただし、バイナリーオプションはFX以上に、資金の分散がとても重要となります。

IMF

IMF(International Monetary Fund)とは、

1945年に設立された国際通貨基金のことです。

為替相場の安定を目的として活動しており、アメリカの首都であるワシントンに本部を置いています。

ちなみに、2011年9月現在では世界187ヵ国がIMFに加盟しています。

IMFでは、経常収支が著しい加盟国に対して融資も行なっていますが、実はこれまでにさまざまな問題が発生していたようです。

その問題とは、IMFが融資したにも関わらず、経常収支が一向に回復しないばかりか資金を踏み倒す国も現れたのです。

このような問題を受けて、IMFではさまざまな条件を満たしていなければ融資は行わないという方針に切り替えています。

アフリカや南米などの国では、IMFから融資を受けるために国内の調整を実施しましたが、そのことが原因で失業率の悪化などさまざまな経済問題が引き起こされたそうです。

IMFと日本の関係

IMFには、もちろん日本も加盟しています。

日本がIMFに加盟したのは、1952年のことです。

それ以降、日本はIMFに多額の出資をしており、IMFからすれば大口の出資国だといえるでしょう。

そのため、IMFには財務官僚が数多く出向しています。

ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、「日本は消費税を上げるべきだ」との見解をIMFが示したという報道がありました。

これは、IMF自体の見解ではなく、財務官僚が操作してマスコミに働きかけたとも言われています。

また、日本は2012年にIMFに対して600億ドルもの出資を約束しました。

IMFではヨーロッパの財政危機を回避するために4300億ドル以上が必要だとしていますが、日本がそのうちの14%を出資したのです。

このことは日本国内で大きな問題ともなっています。

バイナリーオプション投資においてIMFはマクロ経済レベルの話になりますので
長期的な投資に関連するレベルなので、バイナリーオプション投資をする場合IMFの動向は然程気にする必要はありません。

JASDAQ

JASDAQとは、

株式会社大阪証券取引所が運営している市場のことです。

JASDAQの特徴といえば、

成長著しい企業やベンチャー企業向けの株式市場であるということでしょう。

成長著しい企業やベンチャー企業向けの株式市場には、その他にもヘラクラスやNEOがありましたが、現在ではJASDAQに一本化されています。

また、
JASDAQには通信カラオケ業やライフケア業、環境衛生管理業、学習塾など東京証券取引所ではあまり見られないようなユニークな企業が上場していることも特徴のひとつです。

ちなみに、

JASDAQに上場している企業の株式を保有しているのは、ほとんどが個人投資家となっています。

個人投資家の数はおよそ半数にものぼっていることからも、個人投資家が特に注目している市場といえるでしょう。

JASDAQの売買方式

JASDAQでは、

リクイディティプロバイダー制度という売買方式を導入しています。

リクイディティプロバイダー制度とは、オークション方式により売買方式のことです。

他の売買方式と比較して、市場に流動性をもたらすという点が異なっています。

市場に流動性をもたせる売買方式としてマーケットメイク方式も挙げられますが、

マーケットメイク方式では値幅制限がないため、成り行き注文が成り立たない場合もあるでしょう。

リクイディティプロバイダー制度では、値幅制限が設けられていますので、成行注文も十分可能です。

ちなみに、JASDAQではマーケットメイク方式が以前は用いられていましたが、2008年からリクイディティプロバイダー制度を導入したことにより、マーケットメイク方式は廃止となっています。

投資にチャレンジするうえでJASDAQの売買方式は知らなくても問題ありませんが、どのような売買方式がとられているのか知っておくと良いでしょう。

バイナリーオプションの取引では、株式銘柄もポジションの対象となっていますが、

JASDAQの銘柄が指定される事はあまりありませんので、
JASDAQ市場については、バイナリーオプションではあまり関連がありません。

株式投資

株式投資とは、

簡単にいえば企業が発行している株式を売買する投資のことです。

ご存じの通り、企業は会社を設立するなどに十分な資金が必要となります。

しかしながら、

会社を設立するためには設備投資など多額の資金が必要となる場合が多いため、簡単に資金を集めることができないでしょう。

そこで、企業は投資家から資金を集めるために株式を発行するのです。

投資家は、企業に将来性があるのかを見定め、大きなリターンが期待できると判断した場合は企業が発行した株式を購入します。

株式を購入した投資家はその企業の株主となり、配当金などを獲得できるようになるのです。

また、企業が大きな成長を遂げた場合、株式の価格が高くなります。

購入したときより株価が高くなっていれば、その株式を売却することで大きな利益を獲得することができるでしょう。

キャピタルゲイン?インカムゲイン?

株式投資で得られる利益には、キャピタルゲインとインカムゲインの2種類があります。

以下でキャピタルゲインとインカムゲインについて分かりやすく解説していますので、ご参考ください。

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、株式を購入し、その株価が高くなった際に売却することで得られる利益のことです。

購入した時の株価と売却する時の株価の差が大きいほど、獲得できる利益も大きくなります。

インカムゲイン

インカムゲインとは、株主に対して企業が配布している配当のことです。

配当は現金で支払われることもあれば、

商品券やサービスの提供など株主優待という形で配布されることもあります。

インカムゲインの形は企業によって異なっていますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

また、インカムゲインの内容によって株式を購入する企業を決めるのもひとつの手です。

バイナリーオプション市場における株式銘柄は、インカムゲインもキャピタルゲインも関係ありません

指定の時間にHighか?Lowか?

これを予想するだけなので、トレンドを認識して、テクニカルチャートの状態をチェックするだけなので、

通貨であるか?株価であるか?の違いだけです。

要するに、予想の簡単な市場にポジションを置けば良いだけです。

FX

FXとは、

簡単にいえば外国の通貨を売買することによって利益獲得を狙う投資のことです。

外国為替証拠金取引と呼ばれることもあります。

では、なぜ外国通貨を売買すると利益を得られるのでしょうか。

その理由として、通貨の価値は常に流動しているということが挙げられます。

そのため、ある時は1ドル100円だったとしても、次の瞬間には100円01銭になっていることもあるでしょう。

1ドル100円の時に購入し、1ドル100円01銭の時に売却すれば、01銭分の利益を獲得できる計算になります。

もちろん、上記で挙げたのはあくまで例であり、購入する枚数などを増やすことにより、さらに大きな利益を獲得できることもあるでしょう。

また、

FXにはスワップポイントというものもあります。

スワップポイントとは金利の差のことであり、ポジションを保有しているだけで毎日利益を獲得することができます。

ただし、スワップポイントは通貨によって異なるうえに、
売りポジションを保有している場合は逆に毎日損失が発生する場合もありますので、十分注意しましょう。

FXで勝利するには

FXは大きな利益獲得のチャンスがある投資とされていますが、失敗すると大きな損失を抱えてしまうことにもなりかねません。

場合によっては、投入した資金をすべて失ってしまうこともあるでしょう。

したがって、大きな損失を抱えないためにも、

FXでは損小利大が良いとされています。

つまり、含み損はなるべく早めに生産し、含み益は伸ばせるところまで伸ばすということです。

多くのプロトレーダーも損小利大の理念でトレードに挑んでいると言われていますので、FX初心者の方は特に損小利大のトレードを心がけたほうが良いでしょう。

投資初心者の人は、FXとバイナリーオプションが同じようなものに見えるかも知れませんが、

バイナリーオプションとFXでは、全く違った投資になります

バイナリーオプションでは損小利大の概念はありません

資金計画と勝率を高める手法だけになります