バイナリーオプションで利益を出す投資方法

バイナリーオプションで利益を出す投資方法

バイナリーオプション取引で利益を計上出来ているトレーダーは、全体の3割という統計データ(データ集計元 金融先物取引行協会 個人向け店頭バイナリーオプション取引月次速報より)が発表されています。

またバイナリーオプション取引に新規参入する人の内訳は、

  • 投資初心者 8割
  • FX経験者 2割

バイナリーオプションで利益を出しているほとんどの人は、FXでテクニカル分析を学んでいます。

まとめると、

  • バイナリーオプション取引では勝ち組30%、負け組70%
  • 勝ち組30%の内、FX経験者が多数を占める
バイナリーオプションで利益を出す投資方法

なぜFX経験者は利益を出せて、初心者は利益を出せないのか?

その理由は投資方法の違いでしょう。

利益を出すために必要なテクニカル分析手法を理解しているか?

この部分が重要になります

年間を通して利益を出し続けている人は、それを理解しています。

きちんとトレードの基礎勉強をしてきた人なのです。

逆にそれを理解していないと、利益を継続的に出すことは不可能だと言えるでしょう。

バイナリーオプション取引の仕組み

バイナリーオプション取引の仕組み

バイナリーオプションはギャンブルと異なり、

  • テクニカル分析
  • ファンダメンタル分析

を身につけることで期待値を高めることができます。

バイナリーオプションなら、正しい知識で資産運用が可能になるのです。

バイナリーオプション業者の違いを知る

バイナリーオプション業者によって、取扱銘柄や、決済方式、ペイアウト率、ペイアウト額などに違いがあります。

ですから、業者選びはとても大切です。

ただ、 バイナリーオプション取引はFXより安全な面もあります。

FXでは一瞬で手持ち資金以上の損失が発生する事がありますが、バイナリーオプション取引では初めから損失額が確定しているからです。

バイナリーオプション業者の違いを知る

実際のところ、バイナリーオプションはコツコツ少額トレードで利益を出していくことも、1日で数百万円利益を出すことも可能です。

しかも、取引の時間の長さが決まっています。


早ければ30秒で勝負がつきます。

要するに、バイナリーオプションならFXや株式投資のようにどんどん増えるかもしれない損失を抱える事がありません。

バイナリーオプションは、FXと比べるといきなり破綻する確率は低いのです。

バイナリーオプション業者の「ペイアウト率」を把握する

バイナリーオプションで利益を出していくために忘れてはならないものが、「ペイアウト率」です。

わずかなペイアウト率の違いであっても、取引の金額や回数によっては利益に大きな差が生じます。

ここで大切なポイントは次の二点です。

  • ペイアウトは常に変化する
  • 業者によってペイアウト率は違う

では、ひとつずつ説明します。

ペイアウト率は常に変化する

有利なトレードをするために最もペイアウト率が高い業者を選んでも、トレード前にペイアウト率をチェックしなければ、損をしてしまうかもしれません。

ペイアウト率は常に変化するものだからです。

業者のページに掲載しているのは「最大ペイアウト率」であり、実際にトレードをする時のペイアウト率と同じではありません。

この点に注意が必要です。トレード前にペイアウト率を確認しましょう。

業者によってペイアウト率は違う

ひとつの業者でもペイアウト率は常に変化しますが、業者によってもペイアウト率は違います。

ですから、自分にとって最も有利な業者も、常時変化している可能性があると思っておきましょう。

そのように考えますと、バイナリ―オプションをする業者はひとつに縛らずに、
複数の業者に口座を作っておくべきです。

また、取引前にはペイアウト率をチェックすることを忘れないようにして、有利なトレードをしていきましょう。

バイナリーオプションで損失を出すのはどんな人?

二者択一というシンプルなルールのバイナリーオプション。

全くの初心者がゲーム感覚で何回か取引してみても、勝率は5割前後に収束するでしょう。

小学生が5割くらい勝てても不思議ではありません。

一方で、勝率5割では損失が発生します。

投資として成功させるには、勝率は6割以上が必要です。

ただゲームのように、あるいは強運を信じて取引を続けていくと、増えていたのは損失だけという結果が待っています。

業者によってペイアウト率は違う

要するに、勝率を6割以上に上げなければならないということです。

そのためにしなければいけないこととは?

  • 「テクニカル分析」を覚え、必ず実行する
  • 取引時間による特徴を理解する
  • よいタイミングを待つ

以上3点、とても大切なので、詳しく説明します。

「テクニカル分析」を覚え、実行する

「テクニカル分析」を覚え、実行する

テクニカル分析は、はじめのうちは難しく感じるかもしれません。

確かに、1日くらいでは覚えられるものでもないでしょう。

ただ、テクニカル分析を全くしない人は、バイナリーオプションで利益を出し続けていくことは不可能です。

最初のうちこそ「ビギナーズラック」で勝てていたとしても、そのうち負ける確率が増えていきます。

待ち構える結果は破綻です。

その理由としてよく語られる「バルサラの破綻確率」について考えてみましょう。

ここでは具体的に例を2つピックアップします。

なお計算はこちらのソフトを利用させていただきました。

⇒「破産の確率」計算機

◇例1.資金10万円、1回の損失許容範囲1万円、ペイアウト率80%

例1.資金10万円、1回の損失許容範囲1万円、ペイアウト率80%

これを見ていただくとおわかりでしょうが、勝率50%での破綻確率は100%です。

50%ではありません。

必ず破綻という結果が待っています。

勝率56%以上で、やっと破綻しない確率が出てくるというわけです。

◇例2. 資金50万円、1回の損失許容範囲2万円、ペイアウト率70%

◇例2. 資金50万円、1回の損失許容範囲2万円、ペイアウト率70%

資金50万、1回の損失許容範囲2万円。

ペイアウト率70%だとすると、勝率58%までは100%破綻するという結果になります。

しかし、

勝率が69%を超えると破綻確率は0になります。

もちろん、これはあくまでも確率の問題であって、非現実的な面もあるでしょう。

ペイアウト率などは目まぐるしく変化しているわけですし、1回の保有枚数を変えることもできます。

時々は勝てる自信があるパターンに出くわすこともあるでしょう。

ただし、やはり勝率は60%前後をキープしなければ投資というよりはギャンブルに近い取引になってしまうということは否定できません。

では勝率を60%以上に上げるためには?

テクニカル分析」をしっかりと行ってから取引をするということが、とても大切です。

考えてみてください。

為替相場で取引をして利益を出している人は皆、チャートを見てトレードをしています。


必死に勉強をしてテクニカル分析を覚え、チャートを見て線を引いたりして分析し、相場の動きを見ながら取引をしているのです。

チャートはトレーダーが売買をした結果、できあがるものです。

バイナリーオプション用に特別なゲーム用チャートが存在しているわけではありません。

この状況でテクニカル分析もしないで取引するという行為は、ギャンブルと同等の行為でしょう。

楽しくバイナリーオプションで稼いていくためには、すぐにテクニカル分析を覚えましょう!

少し頑張ってテクニカル分析を勉強するだけで、どんどん自信と根拠を持ったトレードができるようになります。

テクニカル分析の勉強は最初のうち難しく感じても、即実践で役立つので、トレードの楽しさが倍増します。

テクニカル分析手法の解説はこちらのページを参照

取引時間による特徴を理解する

為替取引は全世界でたくさんの人が行っています。

日本人だけではありません。

時差のある国の方々が為替取引に参入する時間帯などがあります。

それにより、為替レートは大きく動くことが多いです。

  1. 日本時間の午前9時から午後3時くらいまでは、株式市場でも取引がされているので、その影響を為替も受けることもある。だが、比較的静かな動きが多い

  2. 日本時間午後4時くらいから、急に値動きが激しくなることが多い。
    欧州勢が為替取引に参戦してくるから。
    日本人の専業トレーダーで、この午後4時からの時間を自分の取引時間にしている人も少なくない

  3. 日本時間午後9時くらいからは欧米人が為替に参戦してくる。
    特に、午後10時から11時くらいまでは経済指標とてもが多く、値動きがかなり激しい。
    この時間だけトレードをする人も多い

  4. 夏は日本時間午前0時、冬は日本時間午前1時、「ロンドンフィックス」がある。
    これは日本で言う「中値」の時間で、大きくレートが動く。
    日本人の場合、この時間をその日のトレードの最後にする人も多い

  5. 日本時間午前3時くらいから4時30分くらいまでの間も、とてもよく動く。
    多くの日本人は眠っている時間だが、この時間はシカゴ先物市場の取引に関連した値動きがある。
    朝、寝ていた間のチャートを見てみると、
    びっくりするくらいの値動きがあったということも珍しくない

このような時間的な動きを知っておかないと、思わぬ失敗をしてしまうこともあるでしょう。

急にレートが変化した時は、何かイベントがなかったか、チェックしてください。

税金も考えて取引する必要がある

税金も考えて取引する必要がある

バイナリーオプションでたくさん利益を得たので、その利益も全部使って、さらに大きな金額でトレードをしようとウキウキしてる人がいたら、ちょっと待ってください!

それはとても危険です。

その後、恐ろしい結末が待っているかもしれません。

その恐ろしい結末とは?

「破産」するかもしれないというのが答えです。

なんで利益を出したのに破産なの?と不思議に思うあなたは、「税金」について理解しなくてはいけません。

年間で20万円以上利益を出した人は、20.315%(海外バイナリーオプションは税率が違うので注意)の税金を払う義務があります。

*破産しても納税義務は免責されません

まずはこの税金に関しての注意事項があります。

  • 最大3年損失を繰り越すことが可能
  • 海外の業者を利用していても申告する義務がある

最大3年損失を繰り越すことが可能

去年の1年間で30万円利益を出したら、確定申告はしなくてはいけません。

しかし、その前の年、つまりおととし1年で損失を出しているというパターンもあるでしょう。

たとえば、おととし100万円くらい損失を出していたとしたら、その分を繰り越せます。

つまり、去年30万利益を出しているので納税対象ですが、おととし100万円損失を出しているので、結局、70万円損失があるということになります。

納税しなくてよいということです。

これを覚えておきましょう!

必要のない税金を払わなくてもよくなります。

海外の業者を利用していても申告する義務がある

結論からいいますが、海外の業者でバイナリーオプション取引をして利益を出した場合でも「雑所得(総合課税)」として、納税義務があります。

20万円以上利益を出しているのに納税しないということは、立派な脱税行為になりますので注意してください。

ちなみに、海外の業者を利用しての取引の利益は、そのまま出金でもしなければ、日本の税務署には見えにくいものではあります。

しかし、税務署に見つかった時には脱税行為になります。

毎年確定申告をしている人は、収入に見合わないような不自然な支出があるような場合、税務署の人が不振に思うことがないとも限りません。

利益を出した分は、義務としてきちんと納税しなくてはいけません。

納税分のお金は用意できていますか?

この納税義務があるので、全ての資金をバイナリーオプションの取引につぎ込んでしまってはいけないのです。

他に貯金がたくさんある人ならば、バイナリーオプションの取引用資金を全部使っても問題ないでしょう。

しかし、貯金が他にない人は要注意です。

去年たっぷりと利益を出した場合、税金もその利益の20.315%(海外バイナリーオプションは別)払わないといけません。

所得税は3月15日、消費税は3月31日に支払わないといけません。

ところが、不運にも、3月の時点で今度は損失が続いているという場合もあるでしょう。

特に、納税するまでの間は、納税分のお金の調達が厳しくならないかを考えながら、取引をしなければなりません。

まとめ

ルールがシンプルで、少額取引も可能なので、はじめやすいバイナリーオプション取引ですが、何も知らないで取引を続けていくと、利益を出し続けるのは難しいでしょう。

ペイアウト率などを含む業者についてのこと、税金についてのことなどをしっかりと知ったうえでトレードしなければいけません。

そうしなければ、気がついたら損失ばかりが膨らんでいたという事態になりかねません。

テクニカル分析の仕方をしっかりと身に付け、自分に最適のオプション取引で、楽しく利益を出していきましょう!

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩