バイナリーオプション入門

2018年度年度国内バイナリーオプションおすすめ業者

2017年度分の国内バイナリーオプション各業者の
数字がまとまりましたので、集計しました

国内バイナリーオプション業者2018年集計

今回の集計元データは、
一般社団法人 金融先物取引業協会のデータを参考に
バイナリーオプション入門独自に集計をした結果になります。

 

*金融先物取引業協会とは
金融庁長官が監督する金融先物取引業を行う金融商品取引業者及び登録金融機関の唯一の自主規制団体となります。
http://www.ffaj.or.jp/

 

 

2016年度と2017年度の違いは、国内バイナリーオプション業者が8業者から9業者に増えました。

 

・GMOクリック証券(株)
・トレイダーズ証券(株)
・IG証券(株)
・(株)FXプライムbyGMO
・ワイジェイFX(株)
・ヒロセ通商(株)
・株)FXトレード・フィナンシャル
・FOREX EXCHANGE(株)
2016年度の国内バイナリーオプション8業者

2017年度から
・Binary(株)

が、追加されて、今回の2018年度国内バイナリーオプション業者の集計は、9業者で行いました。

 

一番目立つのは、FOREX EXCHANGE(株)|俺のBOです
ペイアウト率121.74%は驚異的な数字です

 

この数字をわかりやすく例えで説明すると、
顧客が1億円のバイナリーオプション取引をし、FOREX EXCHANGE社が、1億2千174万円を顧客に払い出した
と、言う事を証明しています。

 

FOREX EXCHANGE(株)は、2017年度は10ヶ月間、バイナリーオプションを運営していましたが、
大赤字でバイナリーオプション事業撤退したと言うデータになります。
ある程度集めたバイナリーオプショントレーダーに対して、資金回収作業をしないで、
潔くバイナリーオプションから撤退したと言う事実は、FOREX EXCHANGE(株)の信頼性を高める結果になったと思います。

 

 

次の注目は、Binary(株)|Binary.comですが、
国際的なバイナリーオプション業者が2017年に新たに日本金融庁の許認可を得て、
営業を開始した形になっております

 

営業開始が、2017/6月なので、営業開始から半年経過したところです(2018年2月現在)
現状は、新規の顧客集めの為、オープニングセール開催中と言ったところですが、
現状のまま、営業を続けると、
FOREX EXCHANGE(株)|俺のBOと同じように、赤字撤退になってしまうのは免れません

 

注意して観察をしなければ行けない部分として

 

・いつ通常のペイアウト率にするのか?
・控除率をどの位の設定にしてくるか?

この部分を見極める必要があり、それ以降でないと、
Binary(株)|Binary.comの評価は出来ない状態になります。

 

この部分は、
来年の2019年度国内バイナリーオプション業者集計で明らかになります。

 

現状の数字だけで判断すると、
Binary(株)|Binary.comは、最強におすすめと言えますw

 

 

 

その他の国内バイナリーオプション業者については例年通りと言ったところでしょうか

 

・IG証券(株)|バイナリー
・GMOクリック証券(株)|外為オプション

 

この2社は安定した良い経営をしているとデータが示しています

 

次点のおすすめは、
・ワイジェイFX(株)|オプトレ!
・(株)FXプライムbyGMO|選べる外為オプション

 

この2社までは、国内バイナリーオプション業者としておすすめ出来ると言えます

 

まとめますと、
2018年度の国内バイナリーオプション業者のおすすめは、
・IG証券(株)|バイナリー
・GMOクリック証券(株)|外為オプション
・ワイジェイFX(株)|オプトレ!
・(株)FXプライムbyGMO|選べる外為オプション

 

この4社と、注意しながら、
・Binary(株)|Binary.com
合計5社がおすすめになります。

 

今回は、あくまで、数字での判断となりますが、
これ以外のバイナリーオプション業者をおすすめしているサイトや
数字上、優良バイナリーオプション業者と示している業者を
詐欺業者呼ばわりしている無責任なまとめサイトなどもありますので
無責任な情報に惑わされないように注意してください。

バイナリーオプションブランド 2017のペイアウト率集計
俺のBO 121.74%(2017/11まで営業
Binary.com 113.542%(6月間集計
バイナリー 96.833%
外為オプション 96.341%
オプトレ! 95.425%
選べる外為オプション 95.183%
バイトレ® 92.716%
LION BO 91.3%
みんなのオプション 90.95%

海外バイナリーオプション業者との違い

国内バイナリーオプション業者と海外バイナリーオプション業者は、トレードルールが
大きく違います

 

海外バイナリー業者に慣れている人ほど、国内バイナリー業者での初取引時には混乱してしまうことも多いようです。

 

海外バイナリーオプション業者の場合

HiGH&LOWの二者択一をするだけで取引完了と直感的に理解出来る単純さがあります。
海外バイナリーオプション業者おすすめランキング

 

国内バイナリーオプション業者での取引

チケットを購入する方式でチケット価格が常に変動する

 

オプションの購入方法から大きな違いがある
国内バイナリーオプション業者と海外バイナリー業者では、オプションの購入方法から違っています。

  オプションの購入方法
国内バイナリーオプション チケット制
海外バイナリーオプション 任意の金額のオプション購入

 

国内バイナリーオプション業者「GMOクリック証券」のデモでお試し

画像:GMOクリック証券

 

左のグラフでは現在のUSD/JPY(米ドル/円)の値動きが表示されています。この時点でチケットを購入する場合は?ペイアウトは1枚につき1,000円(固定)。

 

この1,000円のチケットを購入する場合は……
●円高だと予測するならば、474円でチケット1枚購入可能。
ペイアウト倍率2.10倍

 

●円安だと予測するならば、576円でチケット1枚購入可能。
ペイアウト倍率1.73倍

 

 

円高のほうが同じ1,000円のチケットを購入するのですから、金額としてはお得ですね!100円ほど安く購入できます。

 

しかし、円高にはならないと予測する場合、要するに、円安になるであろうと予測する場合はお高めのチケットを購入することになります。

 

この時、ひとつポイントがあるのですが、オプションが高いほうが、トレンドに乗っていて、
予測的中の可能性が高いということです。
良い物は高いという世の中の摂理とも言えます

 

円安になるという予測をして取引

画像GMOクリック証券

 

既に残り時間30分くらいになっている時に、
USD/JPYで、目標金額の108.950よりも円安になると予測し、円安のチケットを2枚購入しました。
この結果、
満期では予測通り円安になり、残高が増えていました!

 

この仕組みわかりましたか?
おさらいしてみましょう。

 

 

1,000円のチケット2枚を1枚平均538円で購入

満期になった!

予測的中!

924円を30分で稼げた!
(この時、予測不的中としたら、買値538円のチケット2枚分つまり1,076円損した、ということになります)

このようになります。
もちろん、もっとたくさんチケットを購入したら、もっと儲かったということになります。

 

わかりにくい部分といえば、
チケットを売買できる金額がその瞬間瞬間で違うということです。

 

ちなみに、購入したチケットを満期まで待たないで、途中で売ってしまうこともできます。
たとえば、このまま持っていたら負けそうだと予測してしまった場合などは、売ってしまいたくなる時もあるでしょう。
そのような場合、売却が可能です。

 

上のGMOクリック証券の画像を見ても、購入の横に売却というボタンもあります。それをクリックしたら売却できます。

 

 

海外バイナリーオプションの仕組みについては、デモトレードで一瞬で理解出来ます

 

バイナリーオプションデモトレード解説

 

海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションの違いについては、
特集ページを組んでいますのでこちらのページを参照してください
国内海外バイナリーオプションの違い

2017年度国内バイナリーオプションおすすめ業者ランキング

2017年国内バイナリーオプション業者比較表

参照元 金融先物取引業協会

 

国内バイナリーオプション業者7社(別途俺のBOは下部で説明)
2016年4月から2017年3月までの集計分析から導き出した
1年間のペイアウト率を上位からランキング形式で集計結果

 

国内バイナリーオプション業者は毎月経営状態を公表する決まりがあります
そのような事情から、公表された数字を集計する事により、
国内のバイナリーオプション取引の実態と、どの業者がどのような運営をしているのか?
こちらがガラス張りになっています。

 

よくわかっていない人が、ツイッターやら2ちゃんねるやら、ヤフー知恵袋などで
調べもせずに、バイナリーオプションは詐欺だくらいの事を書き込んでいる人などを
見かけますが、はっきり言ってFXより全然健全なのではないか!
そのような集計結果になっています。

 

集計数字は各国内バイナリーオプション業者のホームページなどで確認をする事も出来ますが
一般社団法人 金融先物取引業協会にも、
定期的に集計されたバイナリーオプション取引の公表データがUPされますので
ご自身でも確認が出来るようになっております。

 

今回、ここで表にした元データも、
一般社団法人 金融先物取引業協会こちらのデータを元にしました

 

国内バイナリーオプション業者の選定基準にして頂ければと思います。

 

バイナリーオプション業者名 ペイアウト率
IG証券 96.63%
GMOクリック証券 95.80%
FXプライムbyGMO 95.74%
FXトレード・フィナンシャル 93.86%
ワイジェイFX 93.83%
ヒロセ通商 92.19%
トレイダーズ証券 90.98%

出典元 一般社団法人 金融先物取引業協会 www.ffaj.or.jp

 

番外編

FOREX EXCHANGE(株)
バイナリーオプション商品名俺のBO
2017年2月 113.09%
2017年3月 107.83%

FOREX EXCHANGE(株)は、バイナリーオプションに参入したのが2017年2月からとなります
その為、新規参入顧客獲得の為に、赤字で運用している状態です
単純に2月と3月を比較すると、5.26%ペイアウト率が下がっています
予測としては、2017年5月くらいからが通常営業に落ち着くのでは?と考えました
FOREX EXCHANGEが、バイナリーオプションをどのように取り扱うかは、
今後に注目です

 

バイナリーオプション業者のおすすめは当サイト以外では殆ど主観でランキングされている事が殆どだと思います
これは、優良業者かそうでないかの判別が一般の人ではとても難しい形になっている為です

 

バイナリーオプション入門では、定期的に各業者の分析を発表していますので
是非、参考にしてみてください

 

 

 

海外バイナリーオプション業者に関してもシビアな選定を行っております
トレード初心者は、国内業者より海外業者の方がスムーズに入門出来ます

 

海外バイナリーオプション業者に関しては資金別で業者選定をおすすめしています
資金別バイナリーオプション業者選びはこちらの特集ページを参照してください

 

資金別バイナリーオプション業者選択方法


2017年度国内バイナリーオプション業者比較

各バイナリーオプション業者が開示している「顧客損益」には、

 

全取引額から顧客に払い出した金額の割合や、実際に損失を出した口座の割合が掲載されています。
これを参考にしてください

 

こちらでは2016年4月から2017年3月までの平均を掲載します
なおここで算出したデータは全て通貨ペアのラダーオプションに統一しました。

2016年4月から2017年3月BO業者別実績 全取引額から顧客に払い出した割合 損失を出した口座の割合
GMOクリック証券(株) 95.80% 78.54%
トレイダーズ証券(株) 90.98% 78.19%
IG証券(株) 96.63% 70.63%
(株)FXプライムbyGMO 95.74% 73.86%
FOREX EXCHANGE(株) 2017年2月にスタートしたのでデータなし 2017年2月にスタートしたのでデータなし
ワイジェイFX(株) 93.83% 80.21%
ヒロセ通称(株) 92.19% 75.83%
(株)FXトレード・フィナンシャル 93.86% 76.88%

出典元 一般社団法人 金融先物取引業協会 www.ffaj.or.jp

バイナリーオプション攻略の第一歩

自分に合うバイナリーオプション口座の作り方

ボタンをタップで詳細ページ





バイナリーオプション無料LINEセミナー
記事一覧

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金