平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

平均足と一目均衡表のバイナリーオプションを1ヶ月間かけて検証していきたいと思います。

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)はプロも使っているツールですが、
分析手法は多岐に渡り、
バイナリーオプション初心者には難しいと思われることから、
今回は一目均衡表の雲を活用していきます。

バイナリーオプション初心者向けとして、
平均足の実体半分が一目均衡表の雲の上に出たらハイで、
雲の下に出たらローでエントリーしていくことにしましょう。

一目均衡表の分析に自信があるのであれば、
基準線と転換線、
遅行線の位置も見たうえでエントリーのポイントを決めると良いと思います。

では、
さっそく平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証1週目の結果を見ていきましょう。

 ※時間足は1分足、エントリーする通貨ペアはドル円、時間帯は22時から0時です。
この時間帯はトレンドが発生しやすいため、平均足の実体半分が一目均衡表の雲の上に出たらハイで、雲の下に出たらローでエントリーします。

検証1週目

7月23日(月)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

負け:①

序盤からすでにトレンドが出ている状態であり、
先に決めた条件ではエントリーする機会が1度しかありませんでした。

残念ながら負けトレードとなり、
一目均衡表のバイナリーオプション検証は赤字スタートです。

7月24日(火)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

勝ち:①②③

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション初日は負けトレードとなってしまいましたが、2日目は絶好調でした。

この日はチャンスが3度あり、3度とも勝利。

これで通算3勝1敗です。

7月25日(水)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

勝ち:②③
負け:①

この日はチャンスが3度あり、うち2度勝利できました。

これで5勝2敗、勝率71.4%です。

バイナリーオプションでは勝率60%以上出さなければ
十分な利益をあげるのが難しくなるため、現時点では合格ラインと言えるでしょう。

7月26日(木)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

勝ち:②
負け:①

この日はチャンスが2度しかなく、結果も1勝1敗。

バイナリーオプションで勝率5割は赤字を意味しますので、残念な結果となってしまいました。

トータルの成績も6勝3敗、勝率66.7%となり、勝率を落としています。

7月27日(金)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

勝ち:①②

22時に入ってすぐにチャンスがあり、勝利すると、22時30分の経済指標でもチャンスが発生。

これも勝利となり、平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証1週目最終日は全勝で終えることができました。

バイナリーオプション検証1週目の成績は8勝3敗、勝率72.7%です。

移動平均線を用いたバイナリーオプションと比較するとエントリーのチャンスが少ないように感じますが、勝率としてはかなり良い数字となりました。

とはいえ、まだ検証1週目ですので、残り3週を通してどういう結果となるのか注目したいところです。

検証2週目

1週目は8勝3敗、勝率72.7%という結果でした。

バイナリーオプションでは最低でも60%以上の勝率が求められますので、
まずまずの出だしと言えそうですが、取引回数が少ない点が気になるところです。

7月30日からの週はFOMCや雇用統計などビッグイベントが目白押しでしたが、
平均足と一目均衡表を利用したバイナリーオプションは結果を出せたのでしょうか?

では、さっそく見ていきましょう。

7月30日(月)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

勝ち:①

先週と同じく、取引回数が少なかったです。

利益をあげることができた点は良かったものの、利益を積み重ねるという点においては不満が残ります。

7月31日(火)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

勝ち:①②③

この日はチャンスが3度あり、いずれも利益を出すことができました。

③の後に大きめのトレンドが発生しており、FXでは大きな利益を出すチャンスでしたが、
バイナリーオプションでは相場が下がるか上がるかを当てるだけですので、特に気にする必要はないでしょう。

自身で決めたルールに基づき、淡々と取引するのみです。

8月1日(水)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

勝ち:②
負け:①

今週に入り、初めての負け取引が発生しました。

その後勝利し、この日は1勝1敗、今週は3日間を終了した時点で5勝1敗、勝率83.3%です。

8月2日(木)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

勝ち:②③⑦⑧
負け:①④⑤⑥

取引回数こそ多かったものの、勝率は5割でした。
これで今週は9勝5敗、勝率64.3%です。

8月3日(金)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

勝ち:③
負け:①②

②に関しては微妙なところなのですが、
バイナリーオプション業者によっては負けになると思いますので、今回は負けでカウントします。

この日は1勝2敗と負け越してしまいました。

これで今週は10勝7敗、勝率58.8%です。

前述した通り、
バイナリーオプションで利益を出し続けるためには勝率60%を上回ることがポイントと言われています。

先週と合算すると18勝10敗、勝率64.3%となっていますので、条件は満たしていると言えるでしょう。

ただ、
第2週は勝率を落とす結果となってしまったため、
来週も気が抜けないトレードが続くことになりそうです。

検証3週目

2週目までの成績は18勝10敗、勝率64.3%。

バイナリーオプションでは勝率60%以上を続けることが生き残るためのボーダーラインと考えられていますので、その基準はクリアしていると言えるでしょう。

ただ、最近ではバイナリーオプションで「低倍戦略」を用い、億り人が誕生したということがニュースになっていましたが、平均足と一目均衡表のバイナリーオプションに低倍戦略を加えることにより、1回あたりの利益は目減りするものの、勝率をさらに高めることができるかもしれません。

低倍戦略を知らない方は、こちらを参考にしていただければと思います。

話が少しそれてしまいましたが、では平均足と一目均衡表を活用したバイナリーオプション検証4週目の結果を見ていきましょう。

8月6日(月)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

勝ち:①③④⑤
負け:②

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証3週目初日は、
4勝1敗となかなかの結果となりました。

0時以降もチャンスがあったようですが、
この検証では日本時間22時から24時までの2時間を対象としていますので、結果には含まれません。

8月7日(火)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

負け:①
この日はチャンスが1度しかなく、しかも負けてしまいました。

大きく下げて、大きくリバウンドしている感じですね。

8月8日(水)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

勝ち:①②③

前日とは一変し、この日は3戦全勝でした。

検証時間は1日あたり2時間ですが、
1分足でエントリーしていますので、長時間足と比較するとエントリーする機会は多いです。

そのため、
サラリーマンなどなかなかまとまった時間が取れない方に向いている手法と言えるかもしれません。

8月9日(木)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

勝ち:①③
負け:②

1分足では下落トレンドが発生しているように見えるため、
この状況でハイでエントリーするのは難しいのですが、
案の定ハイのエントリーでは負けてしまいました。

とはいえ
、この日のトータルは2勝1敗と勝ち越してますので、淡々とトレードするのみです。

ちなみに、
今週ここまでは9勝3敗、勝率75%とかなり良い結果となっています。

8月10日(金)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

勝ち:①②

検証3週目の最終日は2戦2勝でした。

トルコリラが暴落したことを受け、
FXトレーダーの中には大損失を被った方もいらっしゃるようですが、
バイナリーオプションでは損失が限定されますので、
今回のような暴落が発生したときでも想定以上の損失を出すことがありませんので安心です。

3週目はトータル11勝3敗、勝率78.6%とかなりの好成績でした。

2週目まではあまり納得できる成績ではなかったのですが、ここに来て調子を上げています。

4週目は本格的に夏枯れ相場に突入すると予想されますので、どういう結果になるのか楽しみです。

検証4週目

バイナリーオプション3週目までの成績は29勝13敗、勝率69%と、
バイナリーオプションにおいて損益分岐点となるであろう勝率60%を上回ることに成功しています。

最終週のドル円は上下激しく動く相場となりましたが、
果たしてこれまで同様結果を残すことができたのでしょうか?

それでは、
平均足と一目均衡表を活用したバイナリーオプション検証4週目の結果を見ていきましょう。

8月13日(月)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

勝ち:①

この日はチャンスが1度しかありませんでしたが、勝利で終えることができました。

22時前に大きく上げており、その押し目を拾ったような感じに見えます。

8月14日(火)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

勝ち:①②

この日もチャンスは少なかったものの、2戦2勝でした。

短時間で激しく上下に動いており、
トレンドフォローを得意とするFXトレーダーにとっては難しい相場と言えそうですが、
バイナリーオプションなら損失が限定されますので、
激しい上下動に揺さぶられることなく取引できるのではないでしょうか。

8月15日(水)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

勝ち:①②③

今週3日間を終了した時点で6戦全勝と絶好調です。

いずれもすでにトレンドが発生した後であり、
戻りや押し目をうまく拾えている感じに見えますが、
バイナリーオプションはレンジ相場で利益を上げやすいと言われていますので、
一目均衡表も活用することでリスクヘッジになるかもしれません。

8月16日(木)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

負け:①

この日も短時間で上下に動く相場でしたが、
平均足と一目均衡表は残念ながら機能しなかったようです。

今の相場はテクニカルだけじゃなく、
要人発言などファンダメンタルズにも大きな影響を受けていますので、
テクニカルトレーダーにとっては難しい相場と言えるかもしれません。

8月17日(金)

平均足と一目均衡表のバイナリーオプション検証

勝ち:①②③

検証最終日は3戦全勝でした。

夏枯れ相場も何のその、大きな変動が続いたことにより、
今回の検証のようにトレンドの発生時を狙う取引には有利に働いたと言えるかもしれません。

今週はトータル9勝1敗、
勝率90%とありえないくらいの好成績でした。

検証4週間のトータルは38勝14敗、勝率73%と、
期間中に浮き沈みはあったものの、かなり良い成績だったのではないでしょうか。

検証期間をもう少し長くすると勝率は落ちると思いますが、
安定して利益を残せる可能性は十分あるでしょう。

余剰資金がある方は、
平均足と一目均衡表のバイナリーオプションを試してみても良いかもしれません。

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩