テクニカルチャートとは

テクニカルチャートとは

テクニカルチャートとは

テクニカルチャートとは、過去の株価や為替レートなどの価格をグラフ化したもののことをいいます。

テクニカルチャートは相場の将来的な動きを予測するために大変効果的だといわれており、
ほとんどのプロトレーダーもテクニカルチャートを用いて相場を分析しているのです

なかにはテクニカルチャートを用いることなく相場を分析するトレーダーもいらっしゃるようですが、
これからバイナリーオプションなどの投資にチャレンジするという方は、テクニカルチャートの分析手法を身につけておいたほうが良いでしょう。

テクニカルチャートを投資に用いる大きなメリットとして挙げられるのが、リスクヘッジになるということです。

相場は常に変動しているうえに、規則的な動きをすることがありません。

しかしながら、大きな流れで見るとある条件が揃ったときには相場がどう動くのは予測できるのです。

株価や為替レートなどの価格が暴落する前には、テクニカルチャートで何らかの兆候を読み取れることがありますので、テクニカルチャートを上手に活用すれば大きな損失発生を未然に防ぐことができるでしょう

また、逆に大きな利益を獲得するチャンスも発見できるというわけです。

テクニカルチャートの種類を知ろう

テクニカルチャートには、数多くの種類があります。

大きく分けるとトレンド追従型テクニカルチャートとオシレーター系テクニカルチャートとに分けることができますが、

トレンド追従型テクニカルチャートとオシレーター系テクニカルチャートは、併用したほうが良いでしょう。

トレンド追従型テクニカルチャートとは、相場の全体的な流れを表しているグラフになる一方で、

オシレーター系テクニカルチャートは相場が買われ過ぎの状態にあるのか、それとも売られすぎの状態にあるのかを表しているグラフです。

たとえば、トレンド追従型テクニカルチャートでは買いシグナルが出ている場合にオシレーター系テクニカルチャートでは売りシグナルが出ていることもあり、このようなケースでは相場がどちらに動くか予測しにくくなっています。

つまり、トレンド追従型テクニカルチャートとオシレーター系テクニカルチャートが双方とも買いシグナルを出している状態なら、相場価格が上昇する可能性が高くなるのです。