ユーロの特徴と取引量は?

エンベロープ

エンベロープとは

移動平均線の上と下に一定の幅をもったラインが引かれているテクニカルチャートのことです。

一般的には、移動平均線を含めて5本のラインで表すことが多くなっています。

5本のラインといえばボリンジャーバンドを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、

エンベロープとボリンジャーバンドには明確な違いがあるということを知っておかなければなりません。

その違いとは、ボリンジャーバンドは相場が動き始めたときにはバンドが大きく膨らむのに対し、

エンベロープはボリンジャーバンドのようにラインが膨らむことはなく、常に移動平均線と同じ距離を保っているということです。

ただし、ボリンジャーバントと同じように、相場価格が外側のラインに触れた際には移動平均線まで相場価格が戻ると考えられています。

では、エンベロープがどのような表示になればエントリーポイントとなるのでしょうか。

エンベロープでエントリーポイントを見極める方法は、ごく簡単です。

相場の価格が最上部のラインに触れたときが売りのエントリーポイント、逆に最下部のラインに触れたときが買いのエントリーポイントとなります。

エンベロープの注意点

エンベロープのエントリーポイントは上記で説明したとおりですが、

相場の価格が最上部のラインもしくは最下部のラインに張り付くことがあるため、十分注意しなければなりません。

たとえば、最下部のラインに相場価格が到達したとしても、そのまま下降を続けてしまうこともあるのです。

したがって、エンベロープ単独で相場の分析をするのではなく、

他のトレンド追従型テクニカルチャートやオシレーター系テクニカルチャートと併用することが非常に大切だといえるでしょう。

バイナリーオプションでは、エンベローブはあくまでも大きな市場の流れを読む、補助程度と思って利用をするようにしてください。

モニターを一つでバイナリーオプション投資をする場合は、エンベローブは特に必要としなくても支障はないと思います。

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩