バイナリーオプションのポジションとは

移動平均乖離率

移動平均乖離率とは、

移動平均線から実際の相場価格がどの程度離れているのかを表しているテクニカルチャートのことです。

移動平均乖離率は、
移動平均線から相場価格が離れている場合、再び移動平均線に相場価格が近づこうとする性質を利用しています。

つまり、移動平均戦から実際の価格が離れていれば離れているほど、
相場が買われすぎ、もしくは売られすぎの状態にあるといえるでしょう。

移動平均乖離率を用いてエントリーポイントを見つける場合は、移動平均線からの乖離率が何%なのかを見なければなりません。

一般的には、過去の剥離率をまずは分析し、過去の乖離率が何%のときに相場が反転したかを見極めます。

そして、その乖離率を相場の転換点として参考にするのです。

ちなみに、
移動平均線乖離率がプラスの領域で反転した場合は売りポジションを持つサイン、マイナスの領域で反転した場合は買いポジションを持つサインとなります。

移動平均乖離率の注意点

移動平均乖離率を相場の分析に用いる際は、注意しなければならないことがあります。

それは、

相場の価格に大きな変動がなく、横ばいの状態が続いているときには使用しないということです。

相場の価格変動が大きければ大きいほど、
移動平均乖離率は効果を発揮しますので、相場に目立った動きがないときには他のテクニカルチャートで分析するよう心がけてください。

また、移動平均乖離率だけでエントリーポイントを決めることも危険です。

移動平均線からの乖離が大きいときは、確かに相場価格は移動平均線付近に戻ろうとしますが、場合によっては乖離した状態が長く続くこともあるのです。

したがって、エントリーポイントを決める際は移動平均乖離率だけでなく、他のテクニカルチャートも利用したほうが良いでしょう。

バイナリーオプションをする場合には、移動平均乖離率は利用出来る余裕があればチェックしておいて欲しいテクニカルチャートです

上昇トレンド、下降トレンドが発生している時も、常に逆向きにチャートは移動します

移動平均乖離率を見ながらトレンドの紛れを見極める事で、確実なトレードが実現します。

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩