水平線

バイナリーオプション取引|水平線

水平線はFXではチャート分析の基礎です

FXトレードを教えるスクールなどでも
テクニカル分析の入門は水平線から教わる事が多いです

バイナリーオプション取引の場合は
FXと比較した場合、時間軸の短いチャートパターン分析でも可能な為
水平線からでなく、ボリンジャーバンド分析から覚える事をおすすめしています

ボリンジャーバンド分析が理解出来たら
次に水平線で

  • サポートライン
  • レジスタンスライン

これらをボリンジャーバンド分析と合わせるようにしてみましょう

バイナリーオプション取引のテクニカル分析手法は沢山ありますので
まずは一つずつ攻略して行ってください

水平ラインとは

水平ラインには2種類あり
上昇に対して流れを止めるラインをレジスタンスラインといい
下落に対して流れを止めるラインをサポートラインといいます。

言葉で説明してもわかりにくいと思うので
画像を見ながら解説します

水平線
レジスタンスライン
サポートライン
サポートライン

水平ラインとは
何回か反発されているのでまた反発される可能性が高い価格を示すラインのことです。

つまり
一度反発されているということはもう一度その価格にたどり着いたときに
多くのトレーダーによって同様に売り買いがなされるのではないか?
と考えられるので
同じように反発する可能性が高いのです。

ここまで読んでいくと
「なんだ反発してるとこで線引くだけなら簡単すぎるし、テクニカル分析として役に立つの?」
と思った方が多いと思うので、水平ラインにおけるメリット、デメリットを紹介させてもらいます。

水平ラインのメリット・デメリット

メリット

  • 多くのトレーダーが水平ラインを使っているので
    正確に引くことが出来れば非常に効果のある分析となる。
  • 移動平均線、RSIなどと異なり一度ラインを引いてしまえば変動しない分析として使える。
  • 非常にシンプルで分かりやすい分析である。

デメリット

  • 間違った場所にひいてしまうと
    サポートおよびレジスタンスラインとして機能せず負ける可能性が高くなってしまう。
  • 一つのチャートに水平ラインを何本も引いてしまうと
    ラインが多すぎてわかりにくくなってしまう。

なので
デメリットを読んでいただくとわかるように
ただ単に反発しているというだけでラインを引いてしまうと
かえってわかりにくくなってしまいます。

水平線の引き方

では
実際にどのようにしてラインを引いていくと
しっかりと機能するラインを引けるのか紹介していきたいと思います。

一つ目は、何回も反発されているラインです。

次の画像をご覧ください。

水平線

なんで何度も反発してるラインがいいのか?

何度も反発されているということは
その価格に達するも投資家たちが売りおよび買いの注文を行う傾向があるということです。

なので
バイナリーオプションはFX投資家たちの行動に乗っかることが重要なので
ラインを引くことでFX投資家たちが意識してる価格帯を知ることができます。

2つ目は大きな時間足(日足など)から引いてみることです。

なぜかというと
大きな時間足になればなるほど“ダマシ"というのが少なくなるからです。

実際のバイナリーオプション取引で説明します

水平線
水平線

このように何度も反発されているラインに対してエントリーします。(赤丸でエントリー)

これって
「サポートラインじゃないの?レジスタンスとして機能するの?」
と思った方多いかもしれませんが
青丸の一番左を見てもらうとわかるように一度レジスタンスとして機能してから
レンジの下限となっています。

つまり
このラインはレジサポラインとして機能していることがわかります。

なのでこのラインに対してエントリーしました。

なぜなら
意識されているのであれば売りの注文が入るなと考えたからです。

水平線

この結果は予測的中しています

このように水平線を利用するだけで
バイナリーオプション取引の勝率が高くなるのは必然なのです。