一目均衡表

一目均衡表

一目均衡表

一目均衡表とは、

波動と時間、水準といった3つの概念を総合的に組み込んだ、トレンド追従型テクニカルチャートのことです。

テクニカルチャートのほとんどは外国で考案・開発されていますが、

一目均衡表を開発したのは日本人の一目山人(細田吾一)氏となっています。

一目均衡表は、

ローソク足を基準に基準線・転換線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパンといった5本のラインによって構成されています。

一目均衡表の特徴といえば、やはり先行スパン1と先行スパン2で囲まれている「雲」呼ばれる存在でしょう。

雲は相場価格の抵抗域として考えられており、雲を相場価格が抜けるかが大きなポイントとなります。

もし相場の価格が雲を下から上に抜けた場合、相場価格は上昇モードとなり、逆に雲を上から下に抜けた場合の相場価格は下落モードとなりやすいといえるでしょう。

また、一目均衡表を眺めていると、先行スパン1と先行スパン2のラインが交差する瞬間があります。

この瞬間は「先行スパンの変化日」と呼ばれており、

相場が転換する目安になるといわれていますので、先行スパンの変化日には十分注意しておいたほうが良いでしょう。

一目均衡表のエントリータイミング

一目均衡表では、三役好転と呼ばれる現象が発生します。

三役好転が発生した場合には大きなエントリーチャンスと考えられており、多くの利益を獲得できる大チャンスといえるでしょう。

ただし、100%相場の流れが確定するというわけではありません。

場合によっては三役好転が発生したとしても、相場がネガティブに動いてしまうこともあるのです。

これらのリスクを軽減するためにも、一目均衡表と他のテクニカルチャートを同時に利用・分析することが非常に重要だといえるでしょう。

バイナリーオプションにおいても、
一目均衡表は、トレンドの変換に役立つテクニカル指標になりますが、

ダイレクトにシグナルを教えてくれると言う形ではありません

短期間でもトレンドの変換をチェックすると言う考えで良いと思います。

バイナリーオプションにおける一目均衡表の使い方

一目均衡表とは文字通りひと目でチャートの様々な情報を読み解くことができる分析方法の1つです。
主に一目均衡表からは
「トレンドの方向性」と「価格の転換点」
を知ることができます。

バイナリーオプションの分析に限らず、
FXや株式など様々なチャート分析に用いられる一目均衡表ですが、
ここではバイナリーオプション取引において、
どのように一目均衡表を使えば勝てるようになるか?について初心者にもわかりやすくお伝えしようと思います。

一目均衡表の見方や使い方が分からない人は是非学んでください。

一目均衡表をもっと詳しく

冒頭でお伝えしたとおり、
一目均衡表とはひと目で「トレンドの方向性」や「価格の転換点」を知ることができる分析方法です。
ただ一見するとローソク足以外に複数のラインが入り混じっているため、
初めて一目均衡表を見た人はその複雑さに挫折してしまうことがあるかもしれません。(下図参照)

一目均衡表

そこでまずは一目均衡表を構成している4つのポイントについて解説します。

基準線

過去26日間のうちで最も高かった価格と最も安かった価格の中心を結んだ線で、
比較的長期的なチャートの方向性を読み取ることができます。(下図青ライン参照)

<計算式>
(過去26日間における最高値+過去26日間における最安値)÷2

一目均衡表

転換線

過去9日間のうちで最も高かった価格と最も安かった価格の中心を結んだ線で、
比較的短期的なチャートの方向性を読み取ることができます。(上図赤ライン参照)

<計算式>
(過去9日間における最高値+過去9日間における最安値)÷2

遅行線(遅行スパン)

その日のローソク足の終値を26日前に表示させたものです。
そのためチャート上で遅行スパンを見ると、
ローソク足に比べて遅れてラインが形成されています。(下図緑ライン参照)

一目均衡表

雲(先行スパン1&2)

基準線と転換線の中心を26日分の未来に表示させてある先行スパン1と、
過去52日間の最高値と最安値の中心を26日分の未来に表示させてある先行スパン2に囲まれた部分が雲です。

過去に表示されていた遅行線とは対象に、
現在のローソク足より未来まで表示されているのが特徴です。(上図紫斜線部参照)

<計算式>
先行スパン1
{(転換線+基準線)÷2}の値を26日分未来に表示

先行スパン2
{(過去52日間における最高値+過去52日間における最安値)÷2}を26日分未来に表示

一目均衡表で覚えておくべきこと

さて一目均衡表について説明したわけですが、
上記では特徴の解説にフォーカスしたため計算式まで紹介しましたが、
トレードで一目均衡表を用いる分には計算式まで覚えておく必要はありません。

今回の記事で覚えておいて欲しいことは3つです。
1つは転換線と基準線が短期間での価格の動きと長期間での価格の動きを教えてくれるということ、
2つ目は遅行線が現在の価格よりやや遅れてやってくる特徴があるということ、
3つ目は雲が現在の価格より若干未来まで表示されているということです。

これら3つを組み合わせてチャートの方向性やトレンドの転換ポイントを読み解き、
エントリーポイントを探ることができるわけです。

一目均衡表(雲)の特徴

一目均衡表とは、
「相場は買い方と売り方の均衡が崩れた時に大きく動くことにより、どちらが優勢かが分かればよく、
それを一目で知ることができる」という由来による相場分析手法です。

一目山人(細田吾一)氏が開発し、
海外でも「ichimoku」と呼ばれ親しまれている、日本生まれのテクニカル分析です。

特徴としては、
視覚的なので現在の相場の状況は上向きなのか、
はたまた下向きなのかの方向感とその強弱を判断し易いところにあります。

一目均衡表

赤と青の斜線で表示された部分を雲といいます。

一目均衡表の特徴としては、
「雲が抵抗帯の役割をしている」ことが上げられます。

具体的には、
①雲にぶつかると値動きが反発する
②雲を上(下)に抜けるとそのまま値動きが上昇する(下降する)といった様子です。

直線で表示される、サポートラインやレジスタンスラインとは違って、
一目均衡表の雲は2次元の図形となっています。

また、雲が厚い時は強い抵抗帯、
雲が薄い時は弱い抵抗帯となっています。

そのため、雲が厚ければ厚いほど、

①ぶつかると反発も起きやすく
②上(下)に抜けるとそのまま値動きが大幅に上昇(下降)しやすくなっています。

また、現行レートが雲よりも上にある場合は上昇トレンド、現行レートが雲よりも下にある場合は下降トレンドとなります。

バイナリーオプションでの一目均衡表の使い方

現行レートが、雲の外側から雲にぶつかるところでの逆張りエントリー

一目均衡表

上図を見ると、価格帯が雲の下から上昇してきて、
雲にはじかれ反発している様子がわかると思います。

その他の移動平均線などでもそうですが、
ファーストタッチの時、最も強い抵抗が発生すると言われています。

現行レートが、雲の内側から出ようとするところでの逆張りエントリー

一目均衡表

こちらも同様に上図を見ると、価格帯が雲の内側から外側に出ようとして、
一度内側に押し戻されてることがわかります。

①に同じく、
ファーストタッチの時、最も強い抵抗が発生すると言われています。

現行レートが、雲の内側から外側に出たときの順張り

一目均衡表

この図を見ると、
価格帯が雲の下から雲を突き抜け、そのまま上に上昇していく様子が見れると思います。

ここで雲の厚みを見ると、
反発されているときよりも薄いことから、
より価格帯が突き抜けやすかったという考察も考えられます。

一目均衡表の短所と、それをカバーする方法

一目均衡表の短所として、
相場の大まかな流れを判断するのに適していますが、
それ単体での売買のシグナルとしては頼りきれない部分があります

トレンドが転換したと思っても、
上げ切らなかったり、
下げ切らなかったりすると判断に迷ってしまうことが多々あります。

インディケーターにはそれぞれに長所と短所があり、
短所を補うために、そのインディケーターに様々な条件を加える方法もありますが、
短所を補ってくれる他のインディケーター、オシレーターと併用するといった考え方もあります。

一目均衡表と組み合わせるインディケーター、
オシレーターに関しては様々なものが考えられますが、
その中の1つとして相性がいいのが、RCIです。

RCIはオシレーター系のテクニカルであり、
RCIを中心としたオシレーターの主な役割は、
「買われすぎ、売られすぎを判断すること」です。

また、
RCI以外にもRSIと呼ばれるオシレーターも存在します。

このように他のインディケーター、オシレーターを組み合わせることによって、
各々の短所をカバーしあって取引を行おうといった発想は、トレードにおいてとても大切なものです。

一目均衡表でトレンドの方向性や転換点を予測する方法

一目均衡表からトレンドの方向性を知る方法をお伝えします。

バイナリーオプションでトレンドフォロー型の手法を考えている人は、
ここで説明する手法を覚えておくと取引に役立つと思いますので参考にしてみてください。

ポイントは大きく分けて3つあります。

転換線と基準線のクロス

1つ目は転換線と基準線のクロスの仕方からトレンドを見極める方法です。

転換線は過去9日間のうちで最も高かった価格と最も安かった価格の中心を結んだ線なので、
比較的短期的なチャートの方向性を読み取ることができます。

一方基準線は過去26日間のうちで最も高かった価格と最も安かった価格の中心を結んだ線なので、
比較的長期的なチャートの方向性を読み取ることができます。

このことからそれぞれを説明すると
転換線は短期線
基準線は長期線と言えます。

そして短期線と長期線にはゴールデンクロスするとチャートが上昇しやすくなる特徴と、
デッドクロスするとチャートが下落しやすくなる特徴があり、
転換線と基準線にも同じ特徴があります。

つまり転換線が基準線をゴールデンクロスするとチャートは上昇しやすく、
デッドクロスすると下落しやすくなるのです。

転換線(赤)が基準線(青)をゴールデンクロス
転換線(赤)が基準線(青)をゴールデンクロス
転換線が基準線をデッドクロス
転換線が基準線をデッドクロス

このように転換線と基準線がどのようにクロスしているかでトレンドの方向性が分かるため、
例えばバイナリーオプションでHIGHにかけるとき、
転換線が基準線をゴールデンクロスしてるところを狙えば勝率は高まる可能性は高くなります。

遅行線と過去のローソク足

2つ目は遅行線と過去のローソク足の位置関係です。
ここでいう過去のローソク足とは遅行線が表示されている真上または真下のローソク足なので、
26日前のものということになります。

文章では分かりづらいと思いますので下図をご覧ください。

遅行線(緑)が過去のローソク足より下に位置している
遅行線(緑)が過去のローソク足より下に位置している

図のように
遅行線が過去のローソク足より下に位置しているときはその後のローソク足が下がりやすくなる特徴があります。

対照的に遅行線が過去のローソク足より上にある場合はその後のローソク足が上がりやすくなる特徴があります。

遅行線が過去のローソク足より上に位置している
遅行線が過去のローソク足より上に位置している

つまりバイナリーオプションでHIGHに予測するときは遅行線が過去のローソク足より上にあるとき、
LOWに予測するときは遅行線が過去のローソク足より下にあるときを選べば勝率は高くなりやすいということです。

雲とローソク足

3つ目は雲とローソク足の位置関係です。
ローソク足は雲より下にあるとき、
その後のローソク足も下落を続ける傾向にあります。

雲とローソク足

一方ローソク足が雲より上にある場合は、その後のローソク足も上昇傾向の確率が高くなります。

雲とローソク足

LOWにポジションを持つときはローソク足が雲より下にいるときを選ぶと勝率が高くなる可能性が高まります。

トレンドに乗る手法とは異なりますが、
ローソク足は雲の中に入ることを嫌う習性も持っているため、
ローソク足が雲に触れた瞬間を狙って逆張りをしてもいいでしょう。

以上が一目均衡表を解析してトレンドの方向性を知るための手法です。
バイナリーオプションでトレンドフォロー型の取引をしようと考えている人は参考にしてみてください。

一目均衡表を利用したバイナリーオプションのエントリータイミング

実際に一目均衡表を使った取引方法をハイローオーストラリアの取引画面を使い
エントリーの瞬間のスクショを用いて解説しようと思います。

今回の取引でメインに使ったシグナルは雲(遅行スパン)です。

雲とは下図における紫の斜線部分のことで、
基本的にローソク足は雲の中に入ることを嫌う傾向があります。
またローソク足が雲より上にいるとその後は上昇、ローソク足が雲より下にいるとその後は下降相場になりやすい特徴も持っています。

下図ではローソク足が雲の下に抜けて、
相場が下降になり始めた瞬間を捉えたものです。

一目均衡表

この雲の分析方法は価格の方向性を知るのに優れていますが、
今回の取り引きではもう1つの価格がピンポイントで跳ね返る瞬間を見極める方法を使いました。

例を挙げて説明すると、
下図における星マークを見てほしいのですが、
先ほども説明した通りローソク足は雲の中に入ることを嫌うため、
画像のように避けるような動きをします。

一目均衡表

ご覧のとおり最新(画面の一番右端)のローソク足が雲に入りそうな形になっているのが分かるかと思います。

ここで
ローソク足は雲に入るのを嫌うから、この後の価格は下がってくるだろう」と予測して、
バイナリーオプションで『LOW』で入りました。

すると一時的に雲に入りかけていたローソク足が、
その後は予測通り雲を避けるように下がっていきました。

一目均衡表

そしてこのポイントで『LOW』で入っていた私の取引は成功し、きっちり利益を得ることができたのです。

バイナリーオプション

一目均衡表はトレンドの方向性を知り順張りで取引する方法が比較的有名かと思いますが、
雲での反発を狙った逆張り手法を使うと、
ピンポイントでエントリーすべき価格を狙えるので、こちらもオススメだと思います。

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩