MACD

MACD

MACD

MACD(Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)とは、

移動平均線による分析精度をさらに高めるために開発されたテクニカルチャートです。

MACDはトレンド追従型テクニカルチャートに分類されることもあれば、オシレーター系テクニカルチャートに分類されることもあります。

MACDは期間の違う指数平滑移動平均(EMA)の剥離率によって算出され、

シグナルという線が補助線の役割を果たしていますので、覚えておきましょう。

では、MACDではどのタイミングがエントリーポイントとなるのでしょうか。

最も分かりやすいエントリーポイントとして考えられているのが、MACDがシグナルとクロスしたタイミングです。

移動平均線におけるエントリーポイントと同じように、

MACDがシグナルを下から上に突き抜けた場合は買いポジションを持つタイミング、MACDがシグナルを上から下に突き抜けた場合は売りポジションを持つタイミングとされています。

また、MACDが0ラインを上に抜けたときは買いポジション、下抜けたときは売りポジションを持つチャンスとなりますので、頭に入れておいてください。

MACDの注意点

MACDを相場分析に用いる際は、注意しなければならないことがあります。

それは、MACDにはダマシが多いということです。

たとえば、MACDがシグナルを下から上に突き抜けたとしても、次の瞬間には突き抜けていないこともあります。

したがって、リスクを軽減するためにも他のテクニカルチャートと併せて相場の分析をしなければなりません。

ただし、うまく使えるようになれば、MACDは大きな武器に成り得るでしょう。

バイナリーオプションに利用するオシレーターとしては、MACDはシグナルの部分を意識する事で

バイナリーオプションにおいては、使いやすいオシレーター系の指標とも言えます。

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩