資源国通貨の特徴と取引量は?

オシレーター系テクニカルチャートとは

オシレーター系テクニカルチャートとは、

相場が買われすぎの状態にあるのか、それとも売られすぎの状態にあるのかを表しているテクニカルチャートです。

代表的なオシレーター系テクニカルチャートとして、MACDやストキャスティクス、RSIが挙げられます。

ちなみに、MACDはトレンド追従型テクニカルチャートに分類されることもあるようです。

オシレーター系テクニカルチャートは、数値が一定の範囲内を行き来することが特徴となっています。

一般的には0~100、もしくは-100~+100の範囲内を行き来することになりますが、
基本的に数値が高ければ高いほど買われすぎの状態にあり、数値が低ければ低いほど売られすぎの状態のあるといえるのです。

したがって、数値が高いほど相場が反転して下落する可能性が高いため、売りポジションを持つ大きなチャンス、

数値が低いほど相場が反転して上昇する可能性が高いため、買いポジションを持つ大きなチャンスといえるでしょう。

オシレーター系テクニカルチャートの注意点

他のテクニカルチャートと同様に、

オシレーター系テクニカルチャートも万能ではないということを知っておかなければなりません。

オシレーター系テクニカルチャートは、基本的に逆張りのトレードに多く用いられています。

しかしながら、相場が買われすぎや売られすぎの状態にあったとしても、相場が反転しない可能性もあるため、

できればトレンド追従型テクニカルチャートと併用して分析したほうが良いでしょう。

また、急激な相場変動においては、オシレーター系テクニカルチャートはほとんど役に立たなくなってしまいます。

したがって、相場が予想と反した動きを見せた場合は、できるだけ早めにポジションを精算し、リスク回避をすべきでしょう。

FXや株式トレード、商品先物トレードをする場合は、オシレーターを利用して、
騙しを見抜く必要がありますが、

バイナリーオプションでは、超短期時間のトレンドを見抜く事が重要になりますので

あくまでも、オシレーターは補助として、俯瞰した市場動向を判断するようにしてください。