酒田五法ローソク足分析方法

ローソク足の意味を知ろう

ローソク足とは

ローソク足とは、

一定期間における価格の変動を一本のローソクのような形で表している手法のことです。

一本のローソク足で一定期間内における始値、終値、高値、安値を表しており、
相場を分析するうえでは絶対に知っておかなければなりません。

ローソク足には本体と、その上下にヒゲのようなものがついていますが、
本体の上部が始値もしくは終値、本体の下部が終値もしくは始値、本体の上部にあるヒゲの最先端が高値、本体の下部にあるヒゲの最先端が安値を表しています。

本体上部の始値もしくは終値、本体下部の終値もしくは始値については、ローソク足本体の色によって変わります。

一般的には本体上部が終値を表している場合は青色、本体上部が始値を表している場合は赤色で表示されていますので、覚えておきましょう。

また、ローソク足にはさまざまな種類があります。

以下で簡単に紹介しますので、ご参考ください。

上昇継続

本体が青色で、本体上部にヒゲが付いていないローソク足

小休止

本体の上下に同程度のヒゲが付いているローソク足

上昇継続または反転示唆

本体が青色で、本体上部のみに長いヒゲが付いているローソク足

下降継続

本体が赤色で、本体下部にヒゲが付いていないローソク足

下降継続または反転示唆

本体が赤色で、本体下部のみに長いヒゲが付いているローソク足

転換示唆

始値と終値が同じ価格だったために本体が横棒のみ、さらに上下に本体横線と同程度の長さがあるローソク足

強弱攻防

始値と終値が同じ価格だったために本体が横棒のみ、さらにヒゲが上下に長く伸びているローソク足


これらのローソク足は、基本的な形となっています。

ローソク足の形から相場を分析することは、すべての投資家にとって不可欠なことですので、必ずマスターしておきましょう。

バイナリーオプションをする際に、初心者の人はローソク足は逆に見づらいと言う事もあるかもしれません

特に、超短時間型のバイナリーオプションをする場合は、ローソクの中で決着がついてしまいますので
十分な注意が必要です

しかし、ローソク足を監視する事で相場の流れを直感的に見る事が出来るのも事実なので
出来れば、モニターを2つ用意して、ローソク足も映し出すようにするとベターな状態になります。

不連続線(窓)とは

通常、連続するローソク足においては価格が重なる部分があります。

しかしながら、
まれに連続するローソク足において価格がまったく重ならないことがあるのです。

この現象のことを不連続線(窓)と呼びますので、覚えておきましょう。

不連続線が現れたということは、

取引がまったく行われなかった時間帯があるということを示しています。

不連続線(窓)は、一般的には日足に発生する現象です。

前日の終値とは違う価格で取引がスタートするため、市場は前日の終値まで一度価格を戻そうとします。

この現象は「窓を埋める」と呼ばれていますので、頭に入れておいてください。

ちなみに、前日の終値より高い価格でスタートした場合をギャップアップ

前日の終値より安い価格でスタートした場合をギャップダウンと言います。

ギャップアップが発生した場合は前日の終値まで価格を戻そうとする作用が働くため、売りから入る絶好のチャンスといえるでしょう。

一方、ギャップダウンでスタートした場合は前日の始値まで価格を戻そうとする作用が働くため、買いポジションを持つ大きなチャンスとなります。

不連続線の注意点

不連続線で利益獲得を狙う場合、

早めにポジションを手仕舞いしてしまわなけなるべくればなりません。

不連続線がギャップを埋めるまでの時間は非常に短く、エントリーが遅れてしまった場合はすでに窓が埋められている恐れがあります。

窓が一旦埋まった場合は通常の相場となりますので、もし窓狙いを逃してしまったら、エントリーは避けたほうが良いでしょう。

ちなみに、不連続線が発生しやすいのは、土日の休場を挟んだ月曜日が多いと言われています。

不連続線は投資初心者の方でも比較的簡単に利益をあげやすくなっていますので、ぜひチャレンジしてみてください。

不連続線はどちらかと言うと、株式投資に有効な判断材料と言えますので、
バイナリーオプションにおいては、あまり気にする必要はありません

ただし、今後、バイナリーオプションだけでなく、株式投資にも参入しようと考えているようであれば、
観察をしておくのも良いと思います

バイナリーオプションではあまり使えない指標かもしれませんが、
新たな発見が出来る可能性もある指標と言えます。

はらみ線とは

はらみ線とは、

ひとつ前のローソク足が陰線もしくは陽線のときに、次のローソク足がその範囲内で陽線もしくは陰線となって表れる現象のことです。

ひとつ前のローソク足が陽線であった場合、次のローソク足は陰線、

ひとつ前のローソク足が陽線であった場合、次のローソク足は陽線であることがはらみ線の条件であり、

ローソク足の色が異なる場合ははらみ線とは呼びませんので覚えておきましょう。

では、はらみ線が出現するということはどのようなことを意味しているのでしょうか。

基本的にはらみ線が出現するということは、相場が停滞、もしくは反転に進む可能性が高くなるとされています。

特に注目しておかなければならないのが、

二つ目のローソク足が寄引同事線(十字線)が出現したときです。

たとえば、陰線が連続して発生していた後に寄引同事線が出現した場合、次のローソク足から陽線に変わって相場が上昇を始める可能性が高いと予想されます。

また、陽線が連続して発生していた後に寄引同事線が出現した場合、次のローソク足から陰線に変わって相場が下落を始める可能性が高いと予想できるでしょう。

ちなみに、寄引同事線がチャートの上部に表示されたときを「天井」、チャートの下部に表示されたときを「底」と呼ぶこともあります。

はらみ線の注意点

はらみ線が出現すると、相場は停滞もしくは反転へと流れると言われています。

ただし、
はらみ線が出現したからといって、必ずしも相場が停滞もしくは反転するというわけではありません。

陽線が継続しているときにはらみ線が出現する、
もしくは陰線が継続しているときにはらみ線が出現したときでも、引き続き相場が上昇もしくは下落することもありますので、十分注意しましょう。

はらみ線が相場の反転を示唆するテクニカルチャートであれば、

バイナリーオプション投資でも、多いに活用の期待が持てるテクニカルチャートと言えます

バイナリーオプションをする際に、はらみ線が出現したら、
様子を見る、上昇下降のトレンドが発生したら、トレンドに乗る形はとても理想的な状態です

バイナリーオプションでもはらみ線には注意が必要と言えます。

つつみ線とは

つつみ線とは、

ローソク足がひとつ前のローソク足の範囲内にとどまる現象のことをいいます。

ちなみに、ローソク足が双方とも陽線もしくは陰線であったとしても、それはつつみ線となります。

はらみ線の逆パターンとして考えると良いでしょう。

つつみ線のことを「抱き線」と呼ぶこともありますので、覚えておきましょう。

では、つつみ線が表れると、相場はどのように動いていくと予想できるのでしょうか。

基本的にはつつみ線が出現すると、相場は反転すると言われています。

つつみ線が出現したときにひとつ前のローソク足が陽線、次のローソク足が陰線であった場合、
相場は下落する可能性が高いとされ、逆にひとつ前のローソク足が陰線、次のローソク足が陽線であった場合、相場は上昇する可能性が高いと考えられるのです。

つまり、陽線から陰線へと変化したつつみ線が現れたときは買いポジションを持つチャンス
陰線から陽線へと変化したつつみ線がが現れたときは売りポジションを持つチャンスと考えると良いでしょう。

また、安値圏でつつみ線が現れた場合は底値を、
高値圏でつつみ線が現れた場合は天井を示すとも言われており、ひとつ前のローソク足が寄引同事線(十字線)であった場合は、相場が反転する可能性がかなり高いと考えられています。

つつみ線の注意点

つつみ線が出現すると相場が反転する可能性が高いと考えられていますが、必ずしも相場が反転するというわけではありません。

場合によっては、そのまま反転しないこともあるのです。

したがって、投資にチャレンジするうえではローソク足だけを使って分析するのではなく、

トレンド追従型テクニカルチャートやオシレーター系テクニカルチャートと併せて分析したほうが、勝率アップの可能性が高くなるといえますので、ぜひお試しください。

はらみ線と同じように、つつみ線も、相場の反転を示唆しているため、バイナリーオプションでも使えるローソク足チャートと言えます

ただし、上で説明したように、
他のテクニカルチャートの補助として使うのがベターな為、別モニターなどで監視出来る条件が必要と言えます

と、言っても、バイナリーオプションで利用出来る可能性は高いので、是非試すようにしてください。

毛抜き天井とは

毛抜き天井とは、

連続する二つの陽線ローソク足の高値が同じ価格になっている現象のことをいいます。

ただし、高値圏で上記のような現象が発生した場合は毛抜き天井とは呼びませんので、ご注意ください。

毛抜き天井が出現した場合、相場は下落する可能性が高いと言われています。

また、ローソク足本体が大きければ大きい、つまり値幅があればあるほど下落する可能性が高いと考えられていますので、ダマシに引っかからないためにも覚えておきましょう。

毛抜き天井が出現するということは、相場に上昇するパワーがなくなっているということを意味しています。

そのため、相場が下落する可能性が高いと考えられるのです。

毛抜き底とは

毛抜き底とは、

連続する二つの陰線ローソク足の底値が同じ価格になっている現象のことです。

ただし、毛抜き天井と同じように安値圏で出現した場合は毛抜き天井とは呼びません。

毛抜き底が発生するということは、それだけ相場が下落するパワーが少なくなっているということが言えます。

株式投資を例にとって説明すると、
ひとつの株をたくさんの投資家が売却したため、その株を所有している投資家が少なくなっているということを意味しているのです。

つまり、相場が上昇に転じる可能性が高くなるということがいえます。

したがって、毛抜き底が出現した場合は買いポジションを持つチャンスと考えられるでしょう。

また、ひとつ前のローソク足の値幅が大きければ大きいほど、相場が上昇に転じる可能性が高いといわれています。

毛抜き天井・毛抜き底の注意点

毛抜き天井と毛抜き底は、それぞれ売買チャンスとして考えられていますが、注意しなければならないことがあります。

それは、ダマシがあるということです。

ダマシにあうリスクを低減するためにも、必ず他のテクニカルチャートと一緒に分析するよう心がけてください。

バイナリーオプションでの利用方法ですが、

為替を使ったバイナリーオプションでは組み込まなくても良いと思います

バイナリーオプションは株式相場でも、ポジションを持つ事が可能になりますので、
株式市場に対するバイナリーオプショントレードを行う場合は、ローソク足の毛抜き天井、毛抜き底は重要な情報になるはずです

バイナリーオプションは他の投資と違い、色々な市場取引が出来るので、
其々の市場にあったテクニカルチャートを作るように心がけてください。

天井・底の見極め方

バイナリーオプションなどの投資において、

天井と底を見極められるようになるということは、非常に大切です。

天井と底を見極められるようになれば、大きな利益を安定的に獲得できるようになることも夢ではありません。

では、どのようにして天井と底を見極めると良いのでしょうか。

以下で分かりやすく説明していきますので、ぜひご活用ください。

天井を見極めるためには、以下の現象が発生していることがポイントとなります。

天井の見極め

黒々下げの法則

黒々下げの法則とは、高値圏で陰線が出現したときに、その次のローソク足がさらに価格を下げた位置に陰線として出現する現象のことです。

陽線一発下抜き

陽線一発下抜きとは、高値圏においてひとつ前のローソク足が陽線で終わり、
次のローソク足の終値がひとつ前の始値より安い価格となる陰線のローソク足が出現する現象のことをいいます。

はらみ線

はらみ線が高値圏で出現した場合、その後の相場は下落する可能性が高いといわれています。
また、二つ目のローソク足が寄引同事線であった場合、相場が下落に向かう可能性がより高くなると判断できますので、覚えておきましょう。

底の見極め

底を見極めるためには、以下の現象が発生していることがポイントとなります。

赤々上げの法則

赤々上げの法則とは、底値圏で陽線が出現し、次のローソク足がひとつ前の終値より高い陽線となる現象のことをいいます。
買いシグナルのなかでも特に強いシグナルとされていますので、買いポジションを保有するチャンスといえるでしょう。

たすき

たすきとは、底値圏で陰線が出現し、次のローソク足がひとつ前の始値より低い価格でスタートする陽線のことです。
主に日足で用いられています。

つつみ線

つつみ線が底値圏で出現した場合、その後の相場は上昇する可能性が高いと言われています。


バイナリーオプションでローソク足を使う場合は、
これらのローソクの形をよく理解した上で、トレンドの変換点を見極めると言う事が大事になります

実際に、眺めていると自然にわかってくるものなので、
資金がなくて、市場に参加出来ない時、トレンドがレンジのままで、様子を見ている時などもローソク足の形を意識して見ると言う事が大事です。

ローソク足の買いシグナル

ローソク足にはさまざまな種類の買いシグナルが存在しています。

ここでは代表的なローソク足の買いシグナルについて説明していきますので、ぜひバイナリーオプションなどの投資にお役立てください。

なべ底

なべ底とは、底値圏でしばらくもみ合った後に相場が上昇する現象のことをいいます。

月足で見る際には、だいたい1ヵ月から3ヵ月程度は底値圏でももみ合いが続きますので、頭に入れておきましょう。

また、底値圏を行ったり来たりすることが多いため、底値圏を突破した時点でエントリーすることをおすすめします。

三川明けの明星

三川明けの明星とは、ローソク足が陰線で終わり、次のローソク足の始値はひとつ前の始値より低いものの、終値はひとつ前の始値より高い陽線でしける現象のことをいいます。

三河明けの明星は、相場が上昇に転じるかという迷いが払拭された表れとなりますので、買いポジションを保有する大きなチャンスとなるでしょう。

三川明けがらす

三川明けがらすとは、
黒三兵のあとに赤三兵が表れる現象のことをいいます。

エントリーのポイントがつかみにくいため、他のテクニカルチャートを併せて分析したほうがよいでしょう。

たくり底

たくり底とは、相場が下降トレンドにあるときに陰線のローソク足のヒゲが下に大きく伸びている現象のことをいいます。

基本的にローソク足本体はひとつ前のローソク足本体の半分より低い位置にあるのが条件となっていますので、覚えておきましょう。

三空叩き込み

三空叩き込みとは、連続して下方向に窓(不連続線)が開いた現象のことをいいます。

窓が開いた回数が多ければ多いほど、相場が上昇トレンドへと変換する可能性は高いと考えられるでしょう。

ローソク足の売りシグナルとは

ローソク足の形状によっては、売りシグナルとなるケースもあります。

ここでは代表的なローソク足の売りシグナルについて分かりやすく解説していきますので、参考にしていただければ幸いです。

三尊の別れ

三尊の別れとは、並んだローソク足が釈迦・文殊・普賢の三菩薩のように見えることから、そう呼ばれています。

三尊天井と呼ばれることもありますので、覚えておきましょう。

三尊の別れでは、最後の山のあとに陰線が現れたときが売りシグナルとなります。

相場が大きく動くきっかけとなることが多いため、積極的にチャレンジしたほうが良いでしょう。

三川宵の明星

三川宵の明星とは、上昇トレンドにある状態で上ヒゲの短い陰線もしくは陽線が発生する現象のことをいいます。

相場の転換を示していますので、売りから入る絶好のポイントとなるでしょう。

三兵三羽崩れ

三兵三羽崩れとは、3度以上陽線が続いている状態から陰線が3本続く状態になる現象のことです。

三兵三羽崩れでは、最初の陰線が最後の陽線をすっぽりおおっている点が特徴となっています。

はらみ線

はらみ線が上昇トレンドで出現した場合、その後は価格が下落する可能性が高いと考えられています。
特に二つ目のローソク足が寄引同事線の場合は、下落する可能性がさらに高いといえるでしょう。

首つり線

首つり線とは、高値圏で長い下ヒゲのついた陽線が現れる現象のことです。

ローソク足は陽線ですが、下に長いヒゲをつけることで相場が転換し、下落に向かう可能性が高くなると考えられています。

首吊り線が現れたあとに相場が下落すると、一気に下落する可能性があるため、素早くエントリーすることが大切です。


このように、ローソク足は、買いシグナル、売りシグナルを教えてくれると言う利点がありますので、

バイナリーオプショントレードの際に組み込めるようになると、より正確で勝率の高いバイナリーオプションが出来る可能性があります。

バイナリーオプションは超短期型トレードなので、ローソク足は慣れるまでは見づらいかも知れないのですが、
ローソク足を補助として使うテクニカルトレードの形を作るようにしましょう。

バイナリーオプション ローソク足分析法

ローソク足とは…

江戸時代に本間宗久により発案され、
現在では世界中の投資家に使われています。

ローソク足には主に二種類あり、
それぞれ陰線陽線と呼ばれていて、

陽線は始値より終値のほうが高く
陰線は始値のほうが低いローソク足のことを指します。

次の図をご覧ください。

ローソク足分析法

つまり、ローソク足とはある一定期間における値動きを表しています。

バイナリーオプションにおいては、
1分もしくは5分の期間が使われています。

そして、図に記載している高値、安値というのは、
ある一定期間の最高値、最低値を表しています。

ローソク足をしっかりと理解すれば、
ローソク足を分析することで相場の勢いや時間的推移を知ることができます。

例えば、皆さんはローソク足のヒゲが長いとき、
なぜヒゲが長いのかと考えたことはありますか?

ヒゲが長いというのは、
つまりある一定期間において高値もしくは安値に到達するも、
大衆に意識されていたがために売りもしくは買いが多く入り、反発したと考えられます。

具体的には、例として次のように挙げられます。

ローソク足分析法

したがって、ローソク足の形状によって判断してバイナリーオプションにエントリーすれば勝率が上がると思いませんか?

ローソク足  バイナリーオプションの過去検証

ローソク足  バイナリーオプションの過去検証

このように、上ヒゲの長い陽線の後、上昇傾向が終わっています。

上ヒゲが長いということは、一時的な買いが入って上がるが、
これ以上は上がらないと判断されて売りが入っていることがわかります。

したがって、
その売りの勢いによって、次も下がるのではないか?と予想されます。

また、
ここでは実際に下がっていて仮にLOWエントリーしたのであれば勝てているということがわかります。

次は実際に取引してみました

ローソク足  バイナリーオプションの過去検証

急激に下降したのち、次に下ヒゲの長い陽線が出て買いの勢力が強いと読み取れます。

ここで、ただローソク足の形状を見るだけでなく、
しっかり意識された価格帯近傍であることことが重要です。

矢印の場所でエントリーしてみました。

ローソク足  バイナリーオプションの過去検証
ここで、1000円のポジションを取ってみました
ローソク足  バイナリーオプションの過去検証
ここでの結果は予測的中でした。

このように様々なツールに頼るのでなく基本中の基本であるローソク足をしっかり分析することで、
上昇しやすいか下降しやすいかを確認することができます。

なぜローソク足分析が有用なのか?

RSIや移動平均線やボリンジャーバンドなどの分析が何から作られているかわかりますか?

それはローソク足から形成されています。

すべての分析はローソク足を基礎として作られています。

したがって、ローソク足から全ての分析が出来ています。

したがって、ローソク足分析がオススメなのです。

MT4にローソク足を表示する方法

はじめに、チャートの設定には3種類あり、以下のような特徴があります。

  • バーチャート・・・4本値(始値、終値、高値、安値)が分かる。
  • ラインチャート・・・終値だけ記録されるので、価格の変化が分かりやすい。
  • ローソク足・・・バーチャートの要素に加え、始値と終値が分かりやすい。

欧米では、「バーチャート」が多く使われますが、
日本では「ローソク足」が主流です。
ローソク足は視覚的に判断しやすいため人気があると言えます。

日本人トレーダーで成功している人もローソク足を使う事が多いので
投資トレード初心者の人も、
初めからローソク足でチャートを覚えておくことで、
手法を学ぶ時にスムーズに学習が出来るようになります。

当サイトバイナリーオプション入門でも、
攻略基礎知識を沢山教えていますが、
基本はローソク足で予測判断をしています。

以上から是非ローソク足でチャートを見る事をおすすめします!

ではさっそく設定をしていきましょう。

ローソク足設定方法 PC編

 ローソク足設定方法 PC編

バイナリーオプションは、上がるか下がるかを予測するので
「気配値表示」や「ワンクリックトレード」などの表示はいりませんので、必要最低限の情報だけを取り入れます。

一度すべて閉じて、最初から設定してみましょう。
まず、以下の赤丸で囲んだバツ印7ヶ所をクリックしてまっさらな状態にします。

ローソク足設定方法 PC編
「ファイル」→「新規チャート」をクリック
ローソク足設定方法 PC編
例として、通貨ペアはUSD/JPYを選択します
ローソク足設定方法 PC編

チャートが表示されました。
見づらいので拡大してみましょう。
下の赤丸クリックで画面を大きくし、青丸を3回クリックでチャートを大きくします。

ローソク足設定方法 PC編

今表示されているのが「バーチャート」です。

これを「ローソク足」に切り替えます。
下の赤丸をクリックしてください。

ローソク足設定方法 PC編

ローソク足に切り替わりました
時間足の変更は、オレンジ枠で囲んだところで変更できます。
「M1」は1分足、「H1」は1時間足、「D1」は日足、「W1」は週足、「MN」は月足です。
今度は少しチャートを左に動かしてみましょう。
赤丸をクリックしてください。

ローソク足設定方法 PC編

するとチャートが左に少しずれ、右上に逆三角形が表示されます。
ここをドラッグするとお好みの位置へ移動することができます。

ローソク足設定方法 PC編

続いて、チャートの色を変えて見やすくします。
ローソク足は視覚で判断しやすいのが特徴ですので最大限に活かします。
画面上で右クリックをしてメニューを開きます。
一番下の「プロパティ」をクリックしてください。

ローソク足設定方法 PC編

様々な配色パターンがありますが、ここではヒゲと実態の色を変えてみます。

ローソク足設定方法 PC編

例えば、以下のように上昇を水色、下降を赤にするとプレビューではこのようになります。

ローソク足設定方法 PC編

「OK」をクリックすると反映されます。

ローソク足設定方法 PC編

これで一通り設定は終わりです。
色の設定は人それぞれ感覚が違い、上昇が赤で下降が青という人も多くいます。
自分の好みの色にカスタマイズしてトレードしてみてください。

スマートフォンでのローソク足設定方法

今回は一番下のEURUSDのチャートを開いてみましょう。
赤で囲んだEURUSDをタップしてください。

スマートフォンでのローソク足設定方法
メニューから「チャートを開く」をタップ
スマートフォンでのローソク足設定方法

既にローソク足が表示されているかと思います。
もしチャートがローソク足になっていない場合、左上のメニューアイコンをタップして設定します。

スマートフォンでのローソク足設定方法
「設定」をタップ
スマートフォンでのローソク足設定方法
線種」をタップ
スマートフォンでのローソク足設定方法

この画面でチャートの変更をすることができます。

スマートフォンでのローソク足設定方法

続いて、ASKラインを消し、ローソク足の色を変更します。
バイナリーオプションではASK(買値)は必要ないので非表示にします。
先ほどと同じようにメニューアイコンから「設定」をタップし、下にスワイプすると以下の項目があります。
ASKラインのチェックをはずし、「カラー」をタップしてください。

スマートフォンでのローソク足設定方法

様々な配色が可能ですが、ここでは赤枠で囲んだ4項目の色を変更します。

スマートフォンでのローソク足設定方法

一例として、以下のように設定しました。
「完了」をタップすると反映されます。

スマートフォンでのローソク足設定方法

いかがでしょうか。
すっきりとしたチャートになり、最初と比べると見やすくなったのではないでしょうか。

スマートフォンでのローソク足設定方法

これで一通り設定は終わりです。
色の設定は人それぞれ感覚が違い、上昇が赤で下降が青という人も多くいます。
自分の好みの色にカスタマイズしてトレードしてみてください。

ここではスマホでローソク足を表示させる設定方法を解説いたしましたが、
実際のトレードでは、大画面のPC、タブレットでのチャート表示を推奨します!

大きい方が見やすいのでストレスがありません!

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩