RSI

RSI

RSI

RSI(The Relative Strength Index)とは、

相場が買われすぎの状態にあるのか、それとも売られ過ぎの状態にあるのかを表しているオシレーター系テクニカルチャートです。

オシレーター系テクニカルチャートのなかでも、ストキャスティクスと並んで特に使用頻度が高いテクニカルチャートといって良いでしょう。

トレンドには弱いという特徴があるため、

主に逆張りのトレードスタイルに用いられています。

RSIでエントリーポイントを見つけることは、非常に簡単です。

ストキャスティクスの使用方法とほとんど変わりませんので、あわせて覚えてみてください。

RSIの数値が70を超えると買われ過ぎの状態にあると判断できるため、買いポジションを保有するチャンスとなります。

一方、数値が30を下回ると売られ過ぎの状態にあると判断できるため、売りポジションを保有するチャンスになるのです。

ちなみに、トレーダーのなかには80を超えた状態で買いポジションを、20を下回った状態で売りポジションを購入する方もいらっしゃいます。

RSIの注意点

RSIは、ストキャスティクスと同じように逆張りに用いられているオシレーター系テクニカルチャートとなっているため、

強いトレンドが発生した場合は効果を発揮しません。

相場に強いトレンドが発生した場合はRSIの値が70を上回る、
もしくは30を下回る状態が継続することもありますので、十分注意しなければならないといえるでしょう。

投資で利益を安定してあげるためには、

RSIだけでなく他のテクニカルチャート、特に移動平均線やボリンジャーバンド、

一目均衡表などのトレンド追従型テクニカルチャートとの併用をおすすめします。

バイナリーオプションは常にトレンドを追いかける順張り型の方が成功確率は高くなります

特に、初心者の人は、そこを頭に入れておいて欲しい部分になります

なので、

バイナリーオプションでは、RSIは、順張り逆張りを意識せずに買われすぎ売られすぎを抽象度を高く把握する為のインジケーターと思ってください!

逆に、

株式トレードやFXでポジションを長期で持つ時とかには、RSIの読み方を変える必要があるとも言えます

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩