ストキャスティクス

ストキャスティクス

ストキャスティクスとは、

相場が売られ過ぎにあるのか、それとも買われ過ぎにあるのかを分かりやすく表しているオシレーター系テクニカルチャートです。

逆張りをトレードスタイルにしているトレーダーの多くが愛用しているテクニカルチャートとなっています。

ストキャスティクスはファスト・ストキャスティクスとスロー・ストキャスティクスの2種類に分けられますが、
多くのトレーダーが使用しているのはスロー・ストキャスティクスです。

ファスト・ストキャスティクスには%Kと呼ばれるラインが用いられます。

ファスト・ストキャスティクスは市場の値動きに敏感に反応するという特徴があるため、ラインがジグザグに表示されてしまうでしょう。

エントリー・ポイントを見極めるためには、少々使いにくいかもしれません。

一方のスロー・ストキャスティクスでは、%Dと呼ばれるラインが用いられています。

スロー・ストキャスティクスの場合はファスト・ストキャスティクスと比較してラインの動きがなめらかなため、エントリーポイントを容易に見つけることができるでしょう。

スロー・ストキャスティクスにおけるエントリーポイントは、%Dのラインが80%を超えたとき、もしくは20%を下回ったときとされています。

80%を超えたときの相場は買われ過ぎの状態にあるため、売りポジションを持つチャンス、

20%を下回ったときの相場は売られ過ぎの状態にあるため、買いポジションを持つチャンスと考えると良いでしょう。

特に日本国内バイナリーオプションを利用する方で、数時間のポジションを持つ人は、

トレンドが騙しなのか?を見破る指標の一つとして考えてください。

海外バイナリーオプションで短時間のポジションを取る場合は、
逆に、見る必要もないと言えるテクニカルと言えます。

ストキャスティクスの注意点

ストキャスティクスは、

逆張りのトレードに強いという特徴がある一方で、トレンドには弱いというデメリットもあります。

つまり、強いトレンドが発生した際には%Dのラインが80%以上、

もしくは20%以下にベタ付きの状態になってしまうこともあるため、十分注意しなければなりません。

ストキャスティクスは、有効なテクニカルとして利用する人も多いのですが、

バイナリーオプションでは、上級者向けのテクニカルと言えます

初心者の人が参考にすると、悪影響があるかも知れません

元々、FXなどで、ストキャスティクスを使っていたと言う人であれば、

バイナリーオプションでも、強力な武器の一つになると言えます。

バイナリーオプション攻略の第一歩

バイナリーオプション攻略の第一歩